2018.10.11

豊洲市場

今日豊洲市場の開場だという。
まずは芽出度い。
 
9211kotooilterminaltoyosugastank_00
 
この写真は1992年11月の撮影である。
私が立っているのは出光江東油槽所の岸壁である。ヨットは我が愛艇「ウインデイ・ホリデイⅡ」号。
 
対岸は東京ガス豊洲工場、既に上物は撤去されている。
ここが汚染土を除染して?豊洲市場となった。
 
出光用地は有明の森につながっていく。
 
 
9211kotooilterminaltoyosugastank__2
黒潮丸、57才。

2018.10.09

「惜櫟荘だより」

作家佐伯泰英に随筆「惜櫟荘だより」がある。
 
佐伯泰英は「居眠り磐音江戸草紙」シリーズなどで知られる時代小説作家である。
出版不況の折から時代小説の出版もままならない中で、毎月<書下ろし時代小説>を文庫本で発行するジャンルを開発し、ベストセラーを連発している。
もともと文庫は単行本として世評が確立したものをアーカイブとして収めるものであった。書下ろし時代小説は文庫本に最もそぐわない。
だから佐伯は自らを卑下して月刊文庫家と自称する。
 
 
181008saekiyasuhide
~~~惜櫟荘の修復~~~~~~~~~
その佐伯が仕事場として2003年に熱海に別荘を購入した。1930年代に開発された伊豆山の別荘地である。
眼の前の相模灘の眺めや豊かな自然に充分満足していたが、ある時隣りの岩波家の別荘が売りに出されると聞いた。
初めて行ってみるとそれは素晴らしい建物であった。1941年岩波茂雄が吉田五十八と組んで建てた近代数寄屋の名建築「惜櫟荘」であった。
 
181007sekirekisou
 
これを壊してはならない、と佐伯は「惜櫟荘」を入手し完全修復を志す。
解体し、すべての部材を保存して復元する。東大寺ばりの修復工事であった。
その過程を毎月岩波の広報誌「図書」に連載したのが「惜礫荘だより」である。
2014年、日本建築学会文化賞を受賞した。
 
~~~中銀ライフケアマンション第三伊豆山~~~~~~~~~
熱海に老人ホームを探す中で、「中銀ライフケアマンション第三伊豆山」に行き当たった。
「中銀ライフケア マンション」は老人ホームではなく分譲マンションであるが介護機能を持っている。熱海に10ヵ所ほど展開している。
その中の「第三伊豆山」に着目して訪ねたのだが、これがまた最高の立地と施設であった。
眺望は真鶴半島から錦ヶ浦まで殆ど170度ひらけ、エントランスやロビー、食堂は一流ホテルの如くである。
そこの最高の1室はさすがに高い値段を付けていたが、「300万ほど下がらないか」と言ったら「検討する」との返事だった。
 
慌てましたね。
よくよく考えたらこれからの老残の姿をあのロビーや食堂に毎日運ぶのはどんなに気疲れすることだろう。
結局断った。
 
第三伊豆山と惜櫟荘は直近の場所であった。
 
~~~~~~~~~~~~
相模灘に黒潮は流れない  黒潮丸
 

2018.10.03

老々介護―クレカの暗証番号

~~~9月30日~~~~~~~~~
仔細あって小樽港から伊豆高原に帰ることになった。
千歳空港に着いたのが12時前、既に関空あたり向けは欠航になっている。鉄道も計画運休とやら。
 
ANAの自動発券機に並んで入力してみたら羽田行き13時30分に空席があった!
これはラッキーと入力を進めていったが最後にクレジットカードの暗証番号を聞かれた。
え?
クレジットカードに暗証番号があるとは知らなかった。それを入力しないと購入出来ない。その機械は現金では買えない。
そもそも暗証番号とは何ぞや?
 
仕方なく発券窓口に並んだが長蛇の列である。
1時間半立ちんぼで並んでやっと順番が来た時にはもう30日の切符は無く、翌1日の8時半の切符となった。
 
ホテルをとらねばならない。
千歳ステーションホテルというのに電話したら喫煙ルームならあるという。
難色を示したらシングルの最後の1部屋ですよというので仕方なくそれをとった。
悲惨であった。
 
~~~10月1日~~~~~~~~~
早起きして7時前に空港に着いた。
それで11時30分発を確保した。
 
 
千歳の空は晴れていた。羽田着13時半。
京急で品川に向かおうとしたら運休。 
結局蒲田まで戻って品川に行き、新幹線で熱海、伊豆急線で城ヶ崎海岸に着いたのが16時45分であった。
 
帰宅してすぐに我が「MY PWリスト」を見たら、ちゃんとクレジットカードの暗証番号が書いてあった。
私は暗証番号を忘れていたのではなく、クレカに暗証番号が存在すること自体を忘れていたのであった。
 
~~~総括~~~~~~~~~
ANAの自動発券機にちゃんと暗証番号を入れさえしたら30日の13時半に乗り、京急のストップも無く帰宅出来たのであろうか。
スマホで航空券を買えるようにしてあれば、1時間半も並ばずに切符を入手出来たのだろうか。
今回の私の災難は老人呆けが無ければ回避できたのだろうか。
 
私は必ずしもそうは考えていない。
並みの人の行動だったと思っている。
そして老人が人並みに動いて無事に帰宅出来たことを喜んでいる。
 
~~~~~~~~~~~~
 
老々介護シリーズは家人の意向により中断します。    黒潮丸

2018.09.24

旗日

9月は3連休が2回もある。
 
妻はカレンダーの旗日を見て不安だという。
お盆休みや旗日で対処が遅れ体調を崩してしまったことがよほどショックなのだろう。
 
時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王雨やめたまえ    源実朝
 
時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王旗下げたまえ    黒潮丸
 
151022payless4xf4655130280m
 

老々介護―助言2

ほかにもいろいろな助言がありました。
 
~~~入居後の費用~~~~~~~~~
・施設に払う以外にも必要ですよ。
・介護状態になれば別に費用が発生しますよ。
 
判っています。
「ゆうゆうの里」でも「ゆとりあの郷」でも月例は2人3食込みで25万円前後ですが他に15万円程度は見込んでいます。
2人で20年は大丈夫です。
それから先はトリカブトです。
 

~~~施設の選び方~~~~~~~~~
・施設では何といっても人間関係です。運営している人たちがどういう人なのか、会ってよく確かめておくべきです。
・料理が大事です。口に合うかどうか、確かめておきなさい。
・体験宿泊してみなさい。
 
長期間生活するのだから慎重に観察しろということでしょう。
幸いというかどうか、我々は現在老人施設ではない方向で検討を始めています。
 


~~~~~~~~~~~~

明日から10日ほど旅に出ます。「老々介護」はしばらくお休みです。
 



海に出る 黒潮丸
 

2018.09.23

老々介護―いろんな助言

老々介護一連のブログに対していろいろな助言を頂いている。
 
~~~訪問介護の活用~~~~~~~~~
・いまはいろんな介護サービスが受けられる。それを受ければそんなに草臥れることはない。
・なんと言っても自宅が一番。訪問介護を受けながら出来るだけ長く自宅生活を送るべき。
・公的サービスを受けなければ損。
 
・こう考える人は自宅がいつまでも続くと考えているのではないだろうか。私たちは何時の時点でか自宅は畳まねばならない。先に行ったらそれが体力的に出来なくなる。
・自宅に住むのに大きなファクターが庭の手入れである。今夏は手が付けられなかった。
・訪問介護に庭仕事は頼めない。
・家の価値は年々下がる。
 

~~~老人ホームの生活~~~~~~~~~
・今から老人ホームに入ったら呆けるだけだ。
・入ったら悔やむぞ。
 
・そうかもしれない。
 

~~~家の売却~~~~~~~~~
・そう簡単には進まないぞ。
・時間がかかると思っていた方がいい。
 
・心しよう。
 

~~~資金計画~~~~~~~~~
・家の売却金を当てにして支払いをしないこと。
・支払いは手持ち現金の半分以下に止めること。
 
・拳々服膺しよう。
 

~~~その他~~~~~~~~~
・我々が「なぜ今入居を検討するのか」について理解してくれる人は少なかった。
・「介護付き有料老人ホーム」が夫婦2人入居には双方自立状態を求めることについて、的確な説明をしてくれる人は無かった。
・我々に子供は娘1人だが、1人でもいてくれることがこんなにも心強いこととは知らなかった。
 

2018.09.22

老々介護―居宅の売却

~~~~転宅~~~~~~~~
初め「ゆうゆうの里・伊豆高原」に入ろうかと思った時には現居宅をそのまま維持するのが非常に快適に思われた。
好きな時に行ったり来たり出来るし、すぐに荷物を移動させる必要もない。
面倒なことは何も無い。
 
しかし千葉でのホーム探しを始めた途端にこのアイデアは消えた。
よその土地に移るのであれば居宅を残す意味は無い。
直ちに処分しなければならない。
 
そして熱海にターゲットを変えてもこのテーゼは厳然としている。
・よそに行ってから売るのは至難の業である。
・時を置けば置くほど価値は下がる。
 
かくして居宅の売却を考えることになった。
 
~~~~わが家~~~~~~~~
わが家は、
・土地490㎡  家屋145㎡  宅地  「城ヶ崎海岸駅」徒歩7分
・築昭和58年 鉄筋コンクリ 2階建て
・温泉付き 日照良し
 
利点
・なんと言っても「駅まで歩ける」ことである。
・鉄筋コンクリ造り 耐用年数長い
・温泉付き
・ガーデニング
 
不利点
・築年昭和58年を見ただけで検討対象から弾いてしまう人がいる
 
~~~~業者選び、価格設定~~~~~~~~
出光OBで一時期不動産業の手伝いをしていたT君に相談をかけた
すると地元のミモザ不動産がいいだろうと言う。
呼んで話し合った結果1800万円程度となった。
そこで売出価格1950万円、腹積もり1800万円とした。
 
他に伊豆急不動産とロイヤルリゾートに声をかけた。
どちらも好きでないが、ネットで探す時代だから網を広げる意味はあるだろう。
 
~~~~現状、見通し~~~~~~~~
まだ各社写真撮影も終わってないし、広告は始まっていない。10月に入ってからか。
 
いつ売れるかは判らない。すぐ売れるか、1年も2年も売れないか。
ただ立地条件から値段を下げれば必ず売れると言われている。
幸い売れなければ動けない状況ではない。
 
1983年に建て、1996年から住んでいる現居宅だが、去ることに悲壮感は無い。
行先も未定である。
最近の物の本では、人生設計は100才まで考えろとなっている。
庭に植えたトリカブトを持ってゆけるかどうか。
 

2018.09.20

老々介護-熱海のホーム

千葉での老人施設探しは嫌になった。
 
それで思い付いたのが熱海周辺である。
熱海なら伊豆高原より娘の負担は1時間軽減される。それに我ら夫婦にとっても馴染んだ伊豆暮らしを継続出来る。
 
~~~~~~~~~~~~
そもそも我々の望みは何か。
・これからの人生が15~20年として、そのうち半分は自立しての生活となるだろう。当然ながら2人で住める居室で60㎡以上は欲しい。
・2人入居で入居1時金は4000万以下。
・要介護になった場合の介護体制があり、看取りもしてもらいたい。
 
何故今なのか?
・2人入居が条件だと必ず入居時自立を求められる。妻が何時まで自立でいられるかの不安がある。
・現居宅を売却するのに、先に行けば行くほど不利になる。
 
こう考えると、私の理解では所謂「介護付き有料老人ホーム」に自立しているうちに入居するしかなくなるのである。
「そうでもないよ。他の対象もあるよ。方法もあるよ。」と言われる方は是非教えて頂きたい。
 
~~~~~~~~~~~~
かくして熱海周辺の「介護付き有料老人ホーム」として3件が浮かび上がった。
・ゆうゆうの里湯河原  61㎡ 5950万
・ネオサミット湯河原  52㎡ 3270万
・ゆとりあの郷  60㎡ 3800万
 
ネオサミットとゆとりあの両方を訪問した。環境、眺望、交通、全てでユトリアが勝った。
 
~~~ゆとりあの郷訪問記~~~~~~~~~
概要
・来宮駅から山道を登ってタクシー950円。 帰途はシャトルバスで広い道を市街地を回って熱海駅まで22分だった。
・270戸 常時10戸程度は空いているようだ。
・築30年。 玄関、食堂などネオサミットよりずっときれいである。標高250m。
・殆ど全室から熱海港を見下ろす眺望が開けている。
空室
・L室60㎡ 2LK 1階で鳥の餌台が置ける部屋が1室あったが仮押さえがあり9/25日に結論が出るそうだ。流れたらすぐに連絡くれるよう頼んだ。
・A室43㎡ 2K 1階の角部屋で窓が2面に開いている部屋があり、これなら我慢できるかと半分思った。
一時金 83才と78才の2人入居として
・L室 3830万円
・A室 3470万円   その差360万円でしか無い
・毎月の費用は食費込2人で25万円程度。安い方だろう。
感想
・ここの設備グレード、環境、眺望ならなんとか暮らせそうだ。
 
~~~~~~~~~~~~

2018.09.19

老々介護-エスコート

朝9時に家を出て、帰着は16時だった。 7時間!
 
妻を病院に送った。
市民病院、高野医院(内科)、藤井クリニック(耳鼻科)
通院を今日1日に纏めたのではない。それぞれ関連して高野医院の指示による。
 
7時間の大半は待ち時間である。
勿論主役は妻であり、妻が一番大変だったのだが、エスコートの私も疲れ果てた。
帰宅してベッドに倒れ込み1時間半寝た。
夕飯の食欲が無い。
 
老々ではなく老老と書くべきか。
 

2018.09.18

老々介護

妻が熱中症をこじらせたことは先に書いた。
 
8月初めに体調不調になり数日ベッドに横になっていたが堪らず医者に行った。
すると熱中症の診断で、寝ていたのが悪かったという。
水を摂り、身体を動かさなければいけなかったのだ。
「そのままだと死んでいましたよ」と脅かされた。
 
水を摂り身体を動かすようにしたがそれからお盆の時期になり、病院はどこも休みになってしまった。
遂に8月20日に入院となり、何も口を通らず点滴だけの日が続いた。
28日退院。
 
9月に入りちょっと元気が出てきたと思ったが不調は続く。
とにかく胃が動かず、食欲不振が続く。体力は衰える一方である。
 
今日9月15日、この間の食事、家事、通院はすべて私が支えた。
そして私も疲れた。
破綻は一挙に起きた。
 
~~~~~~~~~~~~
 
老老介護とはこういうことかと思った。
そして知人の居る老人施設「ゆうゆうの里・伊豆高原」への入居を考えた。
 
伊豆で老人施設に入るのは我々夫婦には望ましい。
しかし娘は千葉の海浜幕張に住んでいる。千葉から伊豆に通う負担は大きい。
我々が千葉に行くべきなのか?
 
~~~~~~~~~~~~
 
実は私は老々介護になったことで商機を2つ失った。
 
1つは「[男飾り・ユニークネックレス]の販売である。ネックレスの制作に全く手が付かない。
せっかく2つ売れて勢い込んだ時だったのに作る時間と気持ちの余裕を失った。
手作り工房では作らなければ売る商品が無い。
Facebookは広告を出せ出せとやかましく言ってくるが、売る物が無ければ広告も出せない。
 
180815oun1003coralrw1
 
もう1件は本業のマリンサーベイである。
横浜でナウテイキャット33のサーベイを頼まれたが、体調不良を理由に断った。
下の写真は数年前に同型艇のサーベイを行った時のものである。
130127nc321yumenoshima01h
 
130127nc321yumenoshima07
 
こうして年寄りは次第に活動の場を狭めていく。
 
~~~~~~~~~~~~
 
先行きを考え、終の棲家は千葉にすべきかと思うに至った。
それで、千葉の施設を探した。
 
「ゆうゆうの里・伊豆高原」は40㎡2人入居で入居金は4000万であった。
「ゆうゆうの里・佐倉」があったが、52㎡2人入居で5000万であった。
我が夫婦に5000万は厳しい。
 
千葉の施設を探し始めて気付いたのだが、なんだかやたらと数が多い。
入居金は殆どゼロか数十万である。どうやらこれは「サービス付き高齢者住宅」というものらしい。
しめしめと思ったのだが、このサービスとは「見守り」サービス程度であり、要介護になったら退去させらると判った。
しかも居室面積は18㎡~20㎡と小さい。
 
我々の望みは、これから15年20年の居住を考えて60㎡以上は欲しい、そして要介護になっても介護してくれる施設である。
こういう施設を「介護付き有料老人ホーム」というらしい。
こんな初歩的な知識も無しに探していたのだった。
 
やっと探すべきターゲットが見えてきたが、困難はその先にもあった。
ネットで施設の概要は判るのだが、そこに空室があるかどうかは訊ねてみないと判らない。そして即答されることはまず無い。
大需要地とあって空室は希少である。待機者がいる。老いの辿る道は厳しい。
景色、環境、交通とチェックするたびに気は滅入るばかりである。
 
草臥れて千葉は嫌になった。
 
-続く-
 

より以前の記事一覧