2008.05.18

トピアリーとモザイカルチャー2

モザイカルチャーとは何ぞやと思っていたのだが、「浜松モザイカルチャー世界博・MIH」のホームページなど見るうちに何となく判ってきた。
要するに<草花を使う立体花壇>らしい。
もともとパルテールというフランスに発する花壇作りの伝統があった。刺繍花壇・毛氈花壇とも呼ばれ、あらかじめ決められたデザインに従って緻密に草花を植え込む技法である。平面幾何学的とも言われた。
ヨーロッパ中に広まったが、イギリスでは自然回帰の風潮の中で廃れたともいう。

そのパルテールが立体化するのなら、これは面白い。
そうか。ビルバオのパピーはその流れの中にあったのか。いや、流れに先駆けたのか。

ところでMIHは、ホームページの中で「モザイカルチャーは、樹木を刈込み誘引するトピアリーとは異なる。」と高らかに宣言している。
これはトピアリーへの決別宣言だ。

対するトピアリー側はどうか。
世界の情勢は知らないが、わが国ではトピアリーの用語は立体花壇の概念も含めて使われてきたようだ。
意味を知ってしまえば安城デンパークの花牛などまさにモザイカルチャーだが、デンパークでは花牛をトピアリーと称している。
日本トピアリー協会は、トピアリーを<植物を人工的に、そして立体的に形づくる造形物>として、立体花壇や日本の伝統である菊人形も自己の陣営の一員に数えている。
これからどうなる?

~~~~~~
「日本トピアリー協会」
なんとも頼りない協会だ。
ホームページだけで知るのだが、組織もはっきりしないし、ホームページもここ4年間更新されていない。
日本植木協会あたりがもっと肩入れしないと、多分MIHに蹴散らされるね。

~~~~~~
「MIH」
いきなり降って湧いたようなモザイカルチャー。一体誰が担いでいるのか?
たまたま「CIRニュースレター」というのを見付けて覗いてみたら、キャサリンという浜松市の職員が市長のお供で通訳について行った話が出ている。それには日本の関係団体の影はまったく感じられない。
殆ど市長の思い付きみたいだ。

~~~~~~
私の感想
樹木の造型(トピアリー)と、草花を使った立体花壇(モザイカルチャー)を分けるのは大賛成だ。
概念がすっきりして、それぞれの発展に有益だろう。
しかしモザイカルチャーの方が優勢だろうなあ。勝負する時間が短くてすむし、カラフルだし、形も大きさも自在だ。
トピアリーは制約が大きすぎる。それが良さでもあるが。

浜松市は面白いことを考え付いたものだ。

参照:黒潮丸の「トピアリー大研究」

2008.05.13

トピアリーと浜松フラワーパーク

浜松フラワーパークで「モザイカルチャー世界博」が開かれるというので、安城デンパークの帰途寄った。
浜松駅からバスで40分。よほど物好きでタフでないと伊豆から安城に行った後で寄らないだろう。ふむ。

モザイカルチャーのことは今日になって調べたから、フラワーパークに行った時点ではトピアリーとモザイカルチャーの区別はついていなかった。
だからフラワーパークの芝生庭に10体あまりのツゲの刈込みトピアリーが並んでいるのを見て、なるほどと思っていた。
しかし世界博のホームページに、「モザイカルチャーはトピアリーとは違う」とはっきり書いてある。
今頃浜松市役所の担当者は、これらのトピアリーを撤去すべきかどうか悩んでいるのではなかろうか。

私はいまだに浜松フラワーパークと浜松ガーデンパークの区別が判然としない。
今回もフラワーパークに入っているのに、さてどっちに居るのかと迷ってしまった。
展望塔がないので、ああ花博をやったところではないと判った。
どっちと言えばガーデンパークの方が楽しい。遠くから行くのだからガーデンパークの方が良い。
しかし今回はモザイカルチャーの会場を見に行ったのだから、フラワーパークで間違いではなかった。

私のトピアリー狂いは何だろう?
そのうちにきっと阿蘇のやまなみハイウエイに行くよ。イタリアのロミッテイ&ジェステイ農園に行くよ。

080511hamamatsuflowerpark004h

080511hamamatsuflowerpark006h

080511hamamatsuflowerpark007h


トピアリーとモザイカルチャー

080511tphamamatumozaiculture

来年の9月から11月にかけて浜松フラワーパークで「浜松モザイカルチャー世界博2009」(MIH2009)が開かれる。

モザイカルチャーとはなんぞや?
小岩金網でのメッシュトピアリーの講習会でその計画を聞き、なんぞや?と思っていたのだがMIH2009のホームページも出来て、だんだんその内容が判ってきた。http://mih2009.com/

どうやら花や草をデザインに従って立体的に植え込んで作るものをいうらしい。「緑花像景アート」と言っている。立体花壇とも言っている。
木本類を刈込んだり誘引したりして作るトピアリーとは違いますよ、と言っている。

MIHは2000年にモントリオールで第1回が開かれ、#2-モントリオール、#3-上海で浜松が4回目になる。
あれこれ見てるとモザイカルチャーの淵源をフランスの庭園文化(のパルテール=毛氈花壇=イギリスでは自然回帰の風潮の中で廃れた)に置いているらしく、だからカナダなのだろう。
トピアリーならイタリア、イギリス、アメリカだろうから、対抗意識も感じられる。

そこへ何故浜松が?の疑問がある。
わが国でこれまで「モザイカルチャー」より「トピアリー」の方がよほど馴染みがある。
安城デンパークの牛やハクチョウはまさにモザイカルチャーだから、近隣のよしみでモザイカルチャーに肩入れしたのだろうか?
それとも緑の関連の人集めなら何でも良かったのか?

それはそれとして平面幾何学的と言われたパルテールの立体化は、今後大いに受入れられていくだろう。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

モザイカルチャーの解説

浜松モザイカルチャー世界博2009総合プロデューサー
インターナショナルモザイカルチャーコミッティ
International Mosaiculture Committee常任理事
田代順孝(千葉大学大学院教授)

モザイカルチャーとは絵画や彫刻などの芸術と草本植物の葉や花の魅力を生かす造園や園芸の環境創造技術が融合した全く新しい文化創造のジャンルです。あらかじめ構築された金属フレームの像の表層部に多種、多彩、多様な生きた草本をデザイン通りに植え込んで作る人、動物、風景などの像及び群像と二次元の緑花床で景観を創造する「緑花像景アート」と定義します。

モザイカルチャーで作り出す像(作品)は様々で、現実の、あるいは想像上の人、鳥や哺乳類などの動物の単体または複合体、物語のシーンなどを表現します。作品は創造的モチーフによるデザインに従って金属フレームを用いで構築された像の原型の表層部分を植物が生育できるマットで覆い、あらかじめデザインされた色彩や模様に従って、慎重に選択された、多種、多彩、多様な花や葉の美しい草本を無数植え込んで作ります。この草本はプラグ苗で育て、根がついたまま植えむことによって生長します。生長に応じて美しさの表情を変えてゆきますから、適切な刈り込み技術を駆使しながらデザインされた美を持続させます。また二次元の絵画的表現も可能です。
ボックスウッドなどの木本を長期間にわたって刈り込んで仕立て上げるトピアリー、平面的な基盤に草花を挿入するだけのフラワーボード、立体的植木鉢設置装置などで作る立体装飾などはモザイカルチャーではありません。


 

2008.05.12

日本植木協会のトピアリー視察旅行

先に「真物のトピアリー」を書いた。1月の末頃だったか。

いきなり写真だけ送られてびっくりしたのだが、その後の調べで「日本植木協会」のサイトの写真と判った。
平成14年の秋に、日本植木協会からイタリアへトピアリー視察に行った報告の写真だった。
サイトでは何も判らないので「日本植木協会」に詳細を教えて欲しいと頼んだら、その時の研修報告書を送ってくれた。
有難かった。
熟読した。

日本でも名うての育樹家、造園家が参加したのだろうに、みな口を揃えて「驚いた」「初めて見た」「すごい」と言っている。
品物の大きさ、数量、技術レベル、アイデア、熱意、マーケッテイング、すべてにおいて日本より勝っているという。江戸以来の庭園樹管理技術は何処に?
「わび」「さび」を言っている間に置いていかれたようだ。

それから5年半、刺激を受けた育樹家、造園家の作品がそろそろ仕上がって世の中に出てくる頃だろう。

080511tpreportuekikyoukai

トピアリー-安城デンパーク

先に、こんなトピアリーがあると安城デンパークの牛のトピアリーの写真を載せたことがある。

現地を見に行ってきた。
「安城デンパーク」の「デン」は、<日本のデンマーク>と言われてきた「デン」、<田園>の「デン」、<伝統>の「デン」だそうだ。
~~~~~~
愛知県のほぼ中央にある安城市は、かつて「日本デンマーク」と呼ばれ、全国の農業経営のモデルとなってきました。稲作、畑作、果樹、畜産などの多角形農業をすすめた安城市は、世界の農業先進国であるデンマークにたとえられたのです。
デンパークはその歴史をもとに、自然と親しみ、花のある暮らしを提案していきます。

~~~~~~

実態は植物園、フラワーパークのようなところだった。遊園地のような施設ではない。
ゲートを入ってちょっとスペースがあり、それから1段下がった広場に牛たちはいた。
大きなウサギやニワトリやハクチョウがいて、それぞれ赤や白や緑のベゴニアを身にまとって色鮮やかだ。
見事と言える。
全国どこにもないようなこのてのトピアリーが、どうしてここに設置されるに至ったかの説明はなかった。

製作者はネットでの調べで安城市の「鉄の仕事屋=杉浦溶接所」の杉浦章介さんと判っているのだが、銘盤はなかった。
溶接だけではない合作部分が多くあるからかもしれない。
いまの私としては、これはビルバオの「パピー」にヒントを得たものかなと思うが、確証はない。
いずれにしても、見に行ってよかった。楽しかった。

080511tpanjoenpark_004
080511tpanjoenpark_007
080511tpanjoenpark_015
080511tpanjoenpark_020


園内のフローラルプレイスという温室で見事な「シザンサス」を見た。ここで10年交配を続けて作り上げた独自種だそうだ。
080511tpanjoenpark_028

<また「秘密の花園」があって色別のコーナーを作っていた。
080511tpanjoenpark_031

新幹線「三河安城」駅からタクシーで1960円。他に交通手段は無い。
JR「安城」からはバスがあるらしいが1時間に1本だという。
人口18万人の市にしてはサービスが悪い。
伊東市は7万5千人だが、市営でさくらの里あり、つばき園あり、小室山つつじ園があるよ。

2008.04.06

トピアリー講習会受講

昨日、メッシュトピアリー講習会に参加した。
主催は小岩金網㈱トピアリー部、場所は浅草。
国際通り「浅草ビューホテル」の裏側に隣接している。

小岩金網は全国に支店・工場を持ち、従業員は400名、金網でそれなりの事業を展開している会社のようだ。
何故「トピアリー」なのか、そこが判らない。
今回受講しても、トピアリーに対する会社の目的・コンセプトは判らなかった。
そういうことを明確に打ち出す会社ではないようだ。それもいい。

私が受講したのは、トピアリー講習会など他にないからである。(水苔を詰めてプミラを植えるだけのはあるようだが。)
何故トピアリーに関心を持つのか自分にも判らない。
これぞライフワークなんて思いはさらさら無いし、それほど奥深い魅力があることとも思えない。
いつもの、新しいことに首を突っ込みたくなる癖の発現なのだろう。

小岩金網の「メッシュトピアリー」とは、金網でフレームを作り、そこに植物を添わせるものである。
昨日の講習は金網から「子犬」と「スワン」のフレームを作り、鉢のキンメツゲにフレームをかぶせて誘引する内容だった。
金網は教材用に全部型通りに切断されていたが、それでも1体の制作に2・5時間くらいかかる。
結局9時から5時半までのハードな講習だった。

さて感想は。
私は金網のフレーム作りに趣味は無い。これからもあまりやる気はない。
もっと植物の部分、どんな植物をどう使うか、そこを聞きたかったのだがその話はほとんど無かった。
私はこの部分を私なりに研究していきたい。

会社としては講習会を通じてネットワークを拡げていきたいようだ。
もう1回受けると「トピアリー講師」に認定してくれるそうだ。
講師になって講習をする気はないが、情報源として繋がっておきたい気はする。
今回の講師の1人宮崎雅代さんが7月に「トピアリー」という本を出すそうだ。目次を見ると面白そうなので買うつもりだ。

~~~~~~
昼食は会社のすぐ近くの「富士」の「ランチ・上天丼」が900円で旨かった。
昼休みは「かっぱ橋商店街」を散歩した。
夕食は「今半」の「すきやき御膳」。
妻への土産は「かみなりオコシ」。

080405tpkoiwanetframeseminar_003h

080405tpkoiwanetframeseminar_008h

080405tpkoiwanetframeseminar_011h


2008.03.17

トピアリー試作の第1歩

先に「トピアリーのフレームが到着した」と書いた。

フレームは立派なもので、これだけでオーナメントになりそうである。
しかしトピアリーに仕立てたい。

これまでネットで調べた限りでは、<水苔を詰めて、それに多肉植物、アイビーなどを植え込む>のが主流のようであるが、それでは私の意図に合わない。
私は地面から伸びる植物でフレームを満たしたい。
どんな植物がいいか。

私なりに考えて、今回購入した4体のフレームに写真のように植え込んでみた。
さてどうなるか。
取りあえずの結論が出るのは半年後である。

それにしても私は我流の男であるなあ。

080315tjtopiaryhorse
足元にご注目  と言っても見えないか

080315topiaryduckshund

080315topiaryhare

080315topiaryrabbit

2008.02.27

トピアリーのフレームが到着した

どういうわけかトピアリーに嵌まっている。
今日は遂にオランダからのトピアリー・フレームが到着した。
馬1頭とウサギ2羽と犬1匹である。

原産はポーランドだそうであるが、なかなかしっかり出来ている。
このままでも飾れるくらいだ。
多分同様なものを中国で作らせるよりしっかりしているのではなかろうか。

オランダで、あるいは一般には水苔を詰めてそれに多肉植物などを植え込むらしいのだが、私はどうしてもツゲ、コニファ、アイビーでやってみたい。
適当な樹種をこれから選定して注文して植え込んで、そして半年1年かかるのである。
気の永い仕事である。
しかしやってみよう。

トピアリーについて調査を始めている。まだ序の口だが、<ここ>をご覧頂きたい。

嵌まっていると言っても、何事に対してもそうなのだが、私は決して全身をそれに預けることはしない。
半分か3分の1の体重しかかけない。
船の上で常にそういう体勢をとってきたせいなのかどうか。
いまだにヨットとガーデンの2本立てを続けるのはそういう性向による。
何事にも全力を傾けない私は、だからナマクラである。

080227tpframeartopya

080227tpframeartopya_005

080227tpframeartopya_008

080227tpframeartopya_009

080227tpframeartopya_010horseboard

2008.01.27

大きなトピアリー

Tpcowflower

ある所に大きなトピアリーを提案しようと考えた。

トピアリーというとツゲやコニファーなどを強剪定して動物などの形に仕立てたものをイメージする。
非常に人為的で、イギリスで整形式庭園から自然回帰の運動が起こった時、真っ先に忌避されたものだ。
私も嫌いである。

しかし最近、金属のフレームに苔や蔦などを這わせるトピアリーが出てきているようだ。
冒頭の写真の牛は安城デンパークに設置されたもので、鉄筋を現場で溶接し、植栽はポット苗を取り付けるらしい。だから花など季節に応じて取り替えられる。
ただしコストは100万円以上かかる。

鉄筋ではなく金網で作る試みもある。浜松フラワーパークにあるらしい。
注目したのは熊本の業者がアメリカから輸入した金属フレームである。
この写真の馬は高さが2m、長さも2m以上あって10万円くらいという。ただし一度入れたが面倒でもうやめたそうだ。
そうこうしているうちに、オランダから輸入しましょうという業者が現れた。
同じような馬で20万円以下だ。

ところで提案先からまだOKが出ないので発注に至らない。

Tphorsekumamoto


2007.10.05

ジャパン・ガーデンショー

昨日、ビッグサイトで開かれたジャパン・ガーデンショー2007に行った。
なんだかあまり満足しなかった。

このショーはこれまでは横浜でやっていて、ビッグサイトで開かれたのは今年が初めてである。
4-5年前に行って、割りにこじんまりしているが楽しいショーだったと記憶している。
主催は「NPO法人ガーデンを考える会」という団体だ。主な後援は環境省とかジェトロ。そう、ちょっと変わっている。
普通ガーデンショーといえば農水省とか建設省だろう。ちょっと亜流というか、変わっているのである。

その変わっているところがショーとしていい味を出していたと思うのだが、今回からビッグサイトに移って、広いスペースを使いこなしていないようだった。
これからどういう方向を目指すのかも、見えなかった。
私としては大型の鉢、オーナメント、モデルガーデン、新製品、即売品を楽しみにしていたが、そのどれも充実していなかった。

ショーのテーマを「Myポタジェ」として、花壇や菜園を生活の中心に据えるライフスタイルを提案するのだが、それは本当に1区画だけで、会場全体にテーマは通用していなかった。主催者に参加社全部、会場全体をリードする力が無い。
大学とか専門学校がスモールガーデンを4つ出していたが、写真を撮ったのは1枚だけだった。日比谷公園のガーデニングショーのモデルガーデンの方がずっと楽しい。
E&Gアカデミーのキッチンガーデン
071004gardenshowbigsite_004

新製品もほとんど見なかった。中部電力が石炭の燃えカスから作った土壌再生剤を出していて安かったので注文した。今度のIGCのフリーマーケットで売ろう。
ラン展、バラ展のような即売はない。これが楽しみなのに主催者には判らないのだろうか。
ちょうと切らしたNZのハチミツを売っていたので買った。

ガーデンの図面や植栽図を描くCADソフトを2軒ほど宣伝していた。値段を聞いたら80万から100万以上だ。あまり安くなっていない。「リースなら月に1万5千円ですよ。」と売り込んでいる。
私は4年前に3800円のソフトで植栽図を描くネット講座を開いた。あまり成功せず、手間がかかるので今は閉鎖している。
反省点は値段の安さにあった。高額なソフトは機能が充実し、扱いが易しいのである。安いソフトは、手間をかければ高いソフトと同じような図面も描けるのだが覚えるまでが大変なのだ。
それと受講者は素人の趣味ではなく、仕事として使う目的の人が多かった。仕事に使うのに3800円のソフトでは金をとり難いのである。
せめてアドビ・イラストレーター(8万円)の方が良かったのかなと今にして思う。

馬の首のオーナメントと陶製のバードハウスの写真を載せる。
071004gardenshowbigsite_009

071004gardenshowbigsite_011

2時間で会場を出た。

より以前の記事一覧