« 「芸」という文字 | Main | シンガポールでのマリンサーベイ »

2018.07.06

初舞台

伊豆急線川奈駅から川奈港に降りて行く道の左側に「日下部窯」という窯元がある。
 
2年ほど前、ここで小さな花器を買った。ご主人のごつくて大きな焼き物ではなく、奥様の小さな優しい作品である。
奥様はご自分の作品が売れたと、とても喜んでおられた。
使い勝手が良くて愛用している。
 
180702hatsubutaiflocksjyuzusango4
 
180702hatsubutaiflocksjyuzusango1
花はフロックス(花魁草)の紅白とジュズサンゴ
 
実はこの花器はレプリカで、原型は「初舞台」と銘うたれた作品であった。
 
161103kusakabegama5
 
このままでは売り難いので小さめのレプリカを幾つか作って花器として売っていた。
原型はいかにも初々しい、いい作品だったが、レプリカの方を買ったのだった。
 
この奥様小笠原貞子さまがこのほど大きな賞を獲られた。
嬉しいことだ。
 
180623kusakabesadakovase
 

« 「芸」という文字 | Main | シンガポールでのマリンサーベイ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/66907165

Listed below are links to weblogs that reference 初舞台:

« 「芸」という文字 | Main | シンガポールでのマリンサーベイ »