« March 2018 | Main | May 2018 »

2018.04.29

書は人を現すか

私が須賀敦子フリークであることは何度も書いた。
彼女の文章を10行も読むともうめろめろになってしまって、先を読み続けられなくなる。
 
180429sugaatsuko1
我が書棚の須賀敦子である。
殆どを出版直後に買っている。唯一「ヴェネツィヤの宿」だけが文庫本なのが残念だ。
 
今年、彼女の没後20年とあって新たな出版が続いている。
中に詩集「主よ 一羽の鳩のために」があり、冒頭に彼女の手書き草稿の写影があった。
 
180429sugaatsuko3
 
彼女の文字に触れて、私はまたしても胸が一杯になるのであった。


 
~~~~~~~~~~~~
 
伊集院静の「文字に美はありや」を読んだ。
 
180429ijyuuinshizuka2
 
王羲之から顔真卿にはじまり​空海、鑑真、信長、秀吉、利休、芭蕉、細川ガラシャ、大石蔵之助、武蔵、松陰、晋作、竜馬、隆盛、漱石、鴎外、志ん生、談志、ビートたけし・・・・と、ありとあらゆる人物の書を引っ張り出して論じている。文芸春秋に2014年1月から2017年4月まで連載されたというが、延べ何人になるであろうか。
すべてに書の写真が出ている。これが凄い。文春の力であろう。個人の著作でこれだけは集められない。
 
伊集院静といえば大流行作家であり、作詞家であり、過去にはTVCMのディレクターであり、妻夏目雅子の没後アルコール中毒となり、博打に入れ込み阿佐田哲也を先生と称して全国の競馬場、競輪場を追っかけ巡り、と我らからすれば破天荒は生活を送ってきた。
その生活の中で書に関してこれだけの蘊蓄を如何にして蓄えたのだろうか。信じられないほどである。
偉いものだ。
 
この本の題字はご本人が書いたものだそうだが、これはそれほど恐れ入らない。
 
伊集院静と書との取り合わせで、同じ帰化日本人作家立原正秋の「日本の庭」を思い出した。
 



2018.04.20

福田某の育てられ方

財務省福田次官の言動を見て思ったこと。
<どんな育てられ方をしたのか?>
 
かって私はサラ・パレツキーのエッセイ「沈黙の時代に書くということ」の書評に次のように書いた。
サラはシカゴの私立探偵V・Iウオーショスキー・シリーズの作家である。
 

​<​
アメリカの家庭教育とは?
(前略)サラの両親のこのありようは一体どういうものだろう。1947年に生まれたサラをこのように育てるとは信じられない!
家庭に閉じ込め、弟の世話をさせて一切の趣味を禁じた。
両親ともそれなりのインテリであるのに。
一旦世間に飛び出したサラはもうがむしゃらである。
ウオーショースキーを造型して世に問い、訴え続ける。立派である。
これもポーランドのゲットーで殺された?祖先の血か。

娘時代に趣味を禁じられたゆえかサラの作品に音楽・絵画・舞台などへ向かうゆとりがなく、特に詩歌の世界に触れる潤いに欠けるのは止むを得ないことであろうか。>
 

~~~~~~~~~~~~
 

福田次官はどんな育てられ方をしたのか?
みずからどんな育ち方をしたのか?
おのずと想像がつく。
 

こんな人間としては欠陥商品である男が役人の最高ポストに就く社会は良くない。
 

2018.04.19

はとバスに乗った

はとバスに乗った。(2018/4/17)
都内を車で走ったのは20数年ぶりであった。はとバス宜し。
 
昨年4月、市内の葬祭業者が主催する終活フェアをひやかして抽選をひいたら1等賞の3万円の旅行券が当たった!
多分終活に最も近い人物と思われたのだろう。
その券ではとバスツアーのチケットを買った。
 
1.根岸神社のつつじまつり
  見事であった。
180417hatobus12negishitutuiji
 
180417hatobus08negishitutuiji
 
180417hatobus16negishishrinehondou
根岸神社山門
 
伊東市にも小室山のつつじがあるが、根岸神社のつつじとは全く趣が異なる。
小室山のはつつじの景観であり、根岸のは1株1株に名前がある。
同じ4月17日の小室山公園
180417komuroyamatutujiiwakamiyumiko
2.昼食
鶯谷の笹の雪の豆腐料理であった。
物足りなかった。
 
3.浅草
仲見世、境内を歩いていたら伝法院の庭園と大絵馬の特別拝観があったので入った。
この大絵馬展が思わぬ収穫であった。
そりゃそうだろう、浅草寺に歴代奉納された大絵馬が保存されている。どこかで見た記憶のある図柄ばかりだ。高さ3メートルのものまである。
撮影禁止が残念。
 
180417hatobus191asakusadenpoinema
 
4.水上バス
松屋横から浜離宮へ
 
5.浜離宮
30年前、1988年前後の5年くらい、浜離宮は私のものだった!
当時東京湾マリーナにマイボートを繋いでいて、まだ建設途上の東京港内をわがテリトリーとしていた。
有明には東京ガスがあり、出光の油槽所があった。
13号地は砂漠であった。ベイブリッジなどまだまだである。
 
浜離宮の護岸にヨットを停めて昼食をとるのが常であった。
庭は荒れて、護岸にも苑内にも人影を見ることは無かった。
東京にあって自由があった。
 
180417hatobus25hamarikyuuwharf
 
180417hatobus32hamarikyuugarden
~~~~~~~~~~~~
 
180417hatobus14negishitutuijikazu2
82才。一瞥して人生黄昏れの相貌である。
胸に貼ったはとバスのワッペンで雷おこしが8%引きになった。
 

2018.04.04

「花選びDB」の作成-2

「花選びDB」の作成までには多くの道のりがあった。
 
~~~~~~~~~~~~
1.わが庭の開花状況
前略  
オキザリス 多年草 2002/3/23 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1      
ガーベラ 多年草 * 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
カイドウ 花木 2002/3/23 2002/4/7 * *
ガウラ 多年草 * 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
ガザニア 多年草 2002/3/23 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
金の成る木 多年草 * * * 2002/5/1
カランコエ(各種) 多年草 2002/3/23 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
カロライナジャスミン 花木 * 2002/4/7 * *
黄花ソケイ 花木 * * 2002/4/20 2002/5/1
ぎょりゅうばい 花木 2002/3/23 2002/4/7 * *
キンラン 多年草 * * 2002/4/20 *      
くちべにしらん 球根 * 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
クヘア 花木 2002/3/23 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
くもまそう 多年草 * 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
クラスペデイア 1年草 * * * 2002/5/1
クリスマスローズ 多年草 2002/3/23 2002/4/7 * *
クリンソウ 球根 * * 2002/4/20 2002/5/1
後略
 
これは2002年の春、わが庭の開花状況を記録した表である。
  3/22   79種
  4/7    91種
  4/20  104種
  5/1   110種  
の開花を確認し記録した。*印は未開花か、既に落花したものである。
延べで162種の開花を記録した。
特筆すべきはこれだけ咲いて、名前が判らなかったのは2種だけだったことである。
いかにガーデニングに集中していたかが偲ばれる。
 
2.「オープンガーデンの現状と課題」「オープンガーデン・リスト」
  http://www.pcc-gardendesign.net/opengarden-today-thema.html
3.「庭の採点」「お庭拝見記」
  http://www.pcc-gardendesign.net/databook/Way-to-garden-score.html
 
4.全国庭園リスト 日本庭園・バラ園・ハーブ園
  http://www.pcc-teienlist.com/
 
5.寄せ植えの花選び
  http://www.pcc-gardendesign.net/Hana-Erabi/purpose.htm 
 
~~~~~~~~~~~~
このような過程を経てきている。
どれも素人なりに頑張ってしこしことまとめたものであるが、結局締まらなかった。
原因は私のIT技術不足である。
なかんずくオンライン検索がうまく構築出来なかった。
 
~~~~~~~~~~~~
今回の「花選びDB」は、その検索部分をプロに委託した。
未完成であるが仕上がりをご期待あれ。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
本業はマリンでガーデンは余技の   黒潮丸
 

2018.04.02

「花選びDB」の作成-1

「花選びDB」なるシステムを構築しようとしている。
 
~~~~1.目的~~~~~~~~
庭や花壇作りを考える時、まずどんな花を植えるか考えるだろう。
すべての花が頭に入っているならいい、好きな花を選べる。
しかしそうはいかない。知らない花もあるし、忘れてしまった花もある。
 
条件を与えたら<こんな花がありますよ>と教えてくれるアプリが欲しい。
与える条件はまず「開花期」、そして「花の色」、植物の「草丈」、植物の「性質」であろうか。
そんなアプリの「検索画面」を考えた。
 
~~~~2.検索画面~~~~~~~~
これが現在までに辿りついたPC上の検索画面である。
すでに可動状態でネット上にある。
しかしまだまだ未整備だし、修飾もしていない。
未公開である。
 
 
~~~~3.スマホアプリ~~~~~~~~
最初、今時のことだからPC上よりもスマホで動くアプリを目指した。
あわよくば有料アプリにしたい。
 
しかしいきなりスマホアプリを作るのは大層難しいことのようであった。
それでまずPC用を作ったのだが、意外にもそのままスマホで利用できる。
 

これがスマホ画面の現状である。
このままではすぐに有料アプリには出来ない。​
 
~~~閑話休題1.ガーデンデザイン事始め~~~~~~~~~
そもそも私がガーデンデザインに志しを持ったのはリタイアして伊豆高原に住み着いた直後のことであった。
 
ずるいことを考えた。
イギリスのガーデンデザインの通信講座に申し込んだのだが、ぎっしり中味が詰まっていて自分1人でこなしていく自信が無かった。
そこで発足したばかりの伊豆ガーデニングクラブ で有志を募り、仲間で輪講することにした。
結局8人集まり、翻訳するのは4人、あとの4人は聴講で、1年間1度の休講もなく勉強会を続けたのだった。
 

​右上が講義録原本、左下のファイルが勉強の成果である。
 

勉強会の実施内容と経過である。
 
よくやったと褒めてやりたい。
 
∞∞∞∞∞∞∞
続く

« March 2018 | Main | May 2018 »