« 1日1歌―団栗は | Main | 1日1歌―バルコンに »

2018.01.11

古本と断捨離

当今「断捨離」なる語が隆盛である。
単に物を捨てることのみならず、1つのライフスタイルを現す語になっているようだ。
年寄りは若い者から理不尽に断捨離を迫られる。
 
この語、何やら中国古典に由来するような恰好をしているがそうではない。
山下英子なる人物が身辺整理についての著書でこの造語を用いたらしい。
たちまち人気を集め、当年の流行語大賞になり、現在は山下氏の登録商標になっている。
 
似たような語で「守破離」があるのも「断捨離」を格付けしている。
「守破離」は習い事で、まずは型を守る、型を考える、型を創る、の段階をいう言葉である。
 
~~~~~~~~~~~~
ところで古本の処分には皆さん頭を悩まされていることであろう。
すぐに溜り、重くて嵩張って、家人に嫌われる。
 
私は30年昔から古本は古本屋に売ることにしている。
その昔はそうでもなかったのだが、潔く売ることに躊躇いが無くなったのは以下の理由による。
1.本棚を増やせない。
2.次々に読みたい本、買いたい本があらわれて、古い本を置いておくキャパシテイ(頭の中、家の中)が無い。
3.Amazon、BookOffの台頭で古書流通が盛んになった。
 
今年もダンボール箱一杯に50冊を詰めてクロネコに渡した。
 
~~~~~~~~~~~~
古本処分で心を傷めるのが、古本屋の本の扱いである。
本のタイトルには一切関心なく、表紙の傷み、書き込みの有無など外形のみをチェックして合計何冊幾らである。
 
今年、革命が起きた!
古本屋が買い取った本の書名リストを送ってきたのである。
感激した。
その古本屋の名前は「バリューブックス」である。
171227valuebooksbuylist

« 1日1歌―団栗は | Main | 1日1歌―バルコンに »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/66266803

Listed below are links to weblogs that reference 古本と断捨離:

« 1日1歌―団栗は | Main | 1日1歌―バルコンに »