« 1日1歌―退くことも | Main | 烏鷺争い »

2018.01.21

メイ・サートン「82才の日記」

「82才の日記」(メイ・サートン)を読んでいる。
メイ・サートンについては8年前と2年前に記事を書いた。
 
私がこの書を今更に読むのは、自分が80才になって82才の日記の書き方を学びたいからである。かの国には日記作家という作家ジャンルがあるらしい。
メイは1993年から94年にかけての1年間この日記を続け、翌1995年83才で亡くなった。
及ばずといえ私もいささか自らの末期を整えたい。
これまで「黒潮丸通信」は何かトピックを見付けて記事を書いてきたが、これからは我が末期に至る日常の記録として書くことにしよう。
願わくばその当日に至るまでわが硯水の枯れざらんことを。
 


はは。これは我が2年前の決意である。
しかるに実態は末期の準備にほど遠い。硯水の乏しくなりつつあることのみ身に沁みる。
 



~~~~~~~~~~~~
言葉泥棒の三十一文字すら怪しい  黒潮丸
 

 
160928maysarton82

« 1日1歌―退くことも | Main | 烏鷺争い »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/66305866

Listed below are links to weblogs that reference メイ・サートン「82才の日記」:

« 1日1歌―退くことも | Main | 烏鷺争い »