« December 2017 | Main

2018.01.17

1日1歌―動物園に

本歌:伊藤一彦
動物園に行くたび思い深まれる鶴は怒りているにあらずや
 
黒潮丸:
水族館に行くたび思い深まれる鮫は怒りているにあらずや
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.16

1日1歌―鴎外の

本歌:小高賢
鴎外の口ひげにみる不機嫌な明治の家長はわれらにとおき
 
黒潮丸:
スターリンの口髭にみる不機嫌と隣のデブとどちらが怖い
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

電子書籍「北極海航路」予告

小生はこれまで2冊の電子図書を出版した。
「外洋クルーザーのスキッパーとなる方法」(380円)
「ボート民泊試論」(480円)   である。
いずれも Amazon ですぐ購入できるのでお買い上げをお願いしたい。
 
さて次は何にしようかと考えていたが、ようやく昨日1つの着想を得た。
「北極海航路」である。
 
私は自分がサハリン生れである故もあって、かねて北方航路には関心があった。
このブログにも何本もの記事を書いてきた。
これらを纏めれば骨格になるのではないか。
調べると5、60本のファイルがあった。
しかし本に纏めるにはまだまだ足りない。そもそも「北極海航路」として何を書きたいのか。
 
何はともあれ目次を作らなければならない。
目次=構成を考えれば集めるべき資料、自分の立ち位置が見えてくるだろう。
 
取りあえず
・北極海航路とは
・我が北極海航路
・先人たち
・北極海航路の技術的問題
・北極海航路を巡る国際情勢
・これからの北極海航路
 
あっはっは。楽しい。楽しい。
しかし目次を見て思った。
あまり売れそうにないな。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1日1歌はおろそかになりそうな  黒潮丸
 
180115nordwestpassagetokyony

2018.01.15

1日1歌―海こえて

本歌:岡井隆
海こえてかなしき婚をあせりたる権力のやわらかき部分見ゆ
 
黒潮丸:
海越えてかなしき約をあせりたる首脳の脳が蕩けて見える
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.14

1日1歌―空晴れし

本歌:柏崎驍二
空晴れし日なれどここの山陰は道濡るるゆえ落葉も濡るる
 
黒潮丸:
空晴れし日なれど今日の海面は白兎飛びてしずこころなく
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 
 

2018.01.13

1日1歌―ふるさとに

本歌:小池光
ふるさとに母を叱りてゐたりけり極彩あはれ故郷の庭
 
黒潮丸:
ふるさとの施設に母を預けたりふるさと哀れ我またあわれ
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.12

1日1歌―月よみの

本歌:島田修三
月よみのひかりあまねき露地に来て給与明細読むひと俺は
 
黒潮丸:
月よみのひかりあまねき富戸の海マグロかブリがゆらりと揺れた
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.11

1日1歌―バルコンに

本歌:近藤芳美
バルコンに二人なりにきおのづから会話は或るものを警戒しつつ
 ・日中戦争前夜の青春であった
 
黒潮丸:
働き方改革なりと国の言う二人は一緒に生きられるのか
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

古本と断捨離

当今「断捨離」なる語が隆盛である。
単に物を捨てることのみならず、1つのライフスタイルを現す語になっているようだ。
年寄りは若い者から理不尽に断捨離を迫られる。
 
この語、何やら中国古典に由来するような恰好をしているがそうではない。
山下英子なる人物が身辺整理についての著書でこの造語を用いたらしい。
たちまち人気を集め、当年の流行語大賞になり、現在は山下氏の登録商標になっている。
 
似たような語で「守破離」があるのも「断捨離」を格付けしている。
「守破離」は習い事で、まずは型を守る、型を考える、型を創る、の段階をいう言葉である。
 
~~~~~~~~~~~~
ところで古本の処分には皆さん頭を悩まされていることであろう。
すぐに溜り、重くて嵩張って、家人に嫌われる。
 
私は30年昔から古本は古本屋に売ることにしている。
その昔はそうでもなかったのだが、潔く売ることに躊躇いが無くなったのは以下の理由による。
1.本棚を増やせない。
2.次々に読みたい本、買いたい本があらわれて、古い本を置いておくキャパシテイ(頭の中、家の中)が無い。
3.Amazon、BookOffの台頭で古書流通が盛んになった。
 
今年もダンボール箱一杯に50冊を詰めてクロネコに渡した。
 
~~~~~~~~~~~~
古本処分で心を傷めるのが、古本屋の本の扱いである。
本のタイトルには一切関心なく、表紙の傷み、書き込みの有無など外形のみをチェックして合計何冊幾らである。
 
今年、革命が起きた!
古本屋が買い取った本の書名リストを送ってきたのである。
感激した。
その古本屋の名前は「バリューブックス」である。
171227valuebooksbuylist

2018.01.10

1日1歌―団栗は

本歌:小島ゆかり
団栗はまあるい実だよ樫の実は帽子があるよ大事なことだよ
 
黒潮丸:
ヒラメには鋸歯があるよカレイのはおちょぼ口だよ大事なことだよ
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.09

1日1歌―こんなにも

本歌:山崎方代
こんなにも湯呑茶碗はあたたかくしどろもどろに吾はおるなり
 
 ・方代は戦争で右眼を失い左眼の視力も極端に落ち、復員後定職につくことなく「漂泊の歌人」とよばれた。四畳半の農小屋を住処とした。
 
黒潮丸:
こんなにもラインの友は温かくしどろもどろに我はなるなり
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.08

1日1歌―ろくろ屋は

本歌:石田比呂志
ろくろ屋は轆轤を回し硝子屋は硝子いっしんに切りているなり
 
黒潮丸:
メルカリは中古品なりZOZOさんは新品にして一心に売るなり
 
 ・ZOZOtown のZOZOsuits を申し込んでもう2ヶ月になるがまだ来ない。
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.07

わがビットコイン

昨年の初めの頃ビットコインならぬイーサリアムを3万円購入した
 
今日久しぶりにウオレットを見たら20万円になっていた。
そのうちにタダになるかもしれない。
 
面白いのは取引所の客引き?で、そこの推奨する新電力と契約したら電力料金の5%をビットコインで呉れるというのがあった。
去年の6月にその新電力と契約しビットコインをもらっていたら、それが1万9千円になった。
月に1万円程度の電気代だからその5%は500円。その7か月分で3500円をビットコインでもらったおかげで1万9千円になったのである。
 
もしビットコインがこけたらその新電力がどうなるのか知らない。
 
~~~~~~~~~~~~
ビットコインの本だけは4冊読んだが、買っただけで売買はしない  黒潮丸
 

2018.01.03

1日1歌―あきかぜの

本歌:高野公彦
あきかぜの中のきりんを見て立てばああ我といふ暗きかたまり
 
黒潮丸:
温室の中のパンダを見て立てばおお寒むと震う我の幸せ
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.02

1日1歌―観覧車

本歌:栗木京子
観覧車回れよ回れ想い出は君には一日(ひとひ)我には一生(ひとよ)
 
黒潮丸:
あの夏のワイキキ浜の触れ合いは君には一日(ひとひ)我には一生(ひとよ)
 
​~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。​
 

仕事始め

今年の仕事始めをした。
 
机のまわりに何やら抽斗が一杯ある。入れるものが出来るたびに買い足すからこうなる。
一旦入れてしまうと、そのままになって後から見ることは殆ど無い。
今日はその抽斗の中身を断捨離しようと意気込んで始めた。
 
抽斗の1つに書評の切抜きがあった。新聞などの書評で気になったのを切り抜いたものである。深さ8cmの抽斗に一杯である。
ここ5年ほどはFeSnap で写してEvernote に放り込むので切抜き作業は無くなったが、以前は大事に切り抜いていた。
もう古いものだし全部捨てようと思って取りかかったが、どっこいそうはいかない。
1枚1枚に目をとられて、とてもまとめては捨てられない。
結局殆ど全部に目を通して4分の1は残してしまった。3時間かかった。
 
残した分はEvernote に取り込もう。
 
180102bookreviewclip
 

2018.01.01

1日1歌―三輪山に

本歌:山中智恵子
三輪山の背後より不可思議の月立てりはじめに月と呼びし人はや
 
黒潮丸:
大島の左の端より初日出づはじめに風早崎と呼びし人はや
 

伊豆大島の最北端を風早崎といいます
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。​
 
~~~~~~~~~~~~
喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます   黒潮丸

1日1歌―年々に

本歌:岡本かの子
年々に我が悲しみは深くしていよよ華やぐ命なりけり
 
黒潮丸:
年々に忘るることの多くしていよよ近付く彼岸なりけり
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
この本歌は「現代秀歌」からではありません。
 
今日は大晦日です。
皆さま良いお年をお迎え下さい。
黒潮丸こと森下一義

« December 2017 | Main