« 読書メモ | Main | 1日1歌―ひきよせて »

2017.12.21

1日1歌―馬を洗わば

老水夫、いまわの際に作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 
~~~~~~~~~~~~
本歌:
春かすみいよよ濃くなる真昼間のなにも見えねば大和と思え  前川佐美雄 
 


黒潮丸:
春がすみ低く流れる相模灘なにか見えれば大島と思え
 
 

~~~~~~~~~~~~
本歌:
洪水はある日海より至るべし断崖に立つ電話ボックス  内藤明
 


黒潮丸:
洪水はある日海より至るべし断崖を背に富戸の港は
 


~~~~~~~~~~~~
本歌: 
馬を洗はば馬のたましひ冴ゆるまで人恋はば人あやむるこころ  塚本邦雄
 
黒潮丸: 
福島の飢牛が齧りし細柱何を手向けん家族にしあれば
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

« 読書メモ | Main | 1日1歌―ひきよせて »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/66183749

Listed below are links to weblogs that reference 1日1歌―馬を洗わば:

« 読書メモ | Main | 1日1歌―ひきよせて »