« October 2017 | Main

2017.11.06

この血の冷たさは何だろう

「読者の方々の胸にもしばらく、かなりの負担をかけそうである。」
 
読売新聞「編集手帳」の一節である。
 
171101yomiuricolumn
かねて名文・達筆で知られた本欄の筆者が竹内政明氏から清水純一氏に代わってまだ一月も経たないのにこの一文である!
 
このコラムはいずれコラム史に残る名文と讃えられるだろう。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2017.11.03

ホテルオークラ ロビーの生け花

171031ookuralobycasa2

dマガジンで雑誌「CASA」11月号の特集記事<おさらい 日本の名建築>を見ていてこの写真が目に留まった。
ホテルオークラのロビーの生け花である。
 
ここは谷口吉郎の設計で1962年に竣工した。
そして建て替えのため2015年に取り壊された。
CASAは「金閣寺や法隆寺壁画の焼失にも匹敵する損失だ」と嘆く。
171031ookuralobycasa3
 
~~~他のホテル~~~
試みに<帝国ホテルの生け花><ホテルニューオータニの生け花>・・・・を検索あれ。
それぞれに豪華な生け花の写真が沢山現れる。
 
しかしいかんせんオークラ・ロビーの生け花に敵うべくもない。
場が違うのだ。
 
~~~再生~~~
幸いなことにオークラ・ロビーは再建され2019年に披露される。
設計は谷口吉郎の息子だという。
どんなになるのか、楽しみだ。
 
そうだ、再生されたオークラに泊まってワールドカップ・ラグビーを観に行こう!
ホテル以前の大倉集古館時代から知っている爺の最後の望みだ。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

« October 2017 | Main