« August 2017 | Main | October 2017 »

2017.09.06

灯台3-若山牧水と神子元島

前に若山牧水が神子元島に友人を訪ね滞在したと書いた。
どんな所だったのか。
 
たまたま牧水の「灯台守」という短編小説を見付けて読んだ。大正2年(1913)に書かれたものという。
当時牧水は28才、結婚し1子が生まれたものの生活は安定せず、自身の短歌結社の機関誌「創作」の発行に苦労している時期であった。
 
牧水は神子元島の灯台に勤務していた早稲田時代の学友Kに誘われるままに島を訪ねた。
Kは熊本の金満家の息子で大学卒業後実家から2万円の大金をもらって家を出た。
その金で長崎で島を買ったり種子島に住んだり勝手な暮らしをしていたが、アメリカに渡って放浪した挙句金が無くなり下級船員をしながら帰国した男であった。
もう実家には顔を出せない。そこで神子元島に灯台守の職を得たのであった。
 
「この島は周囲15,6丁くらいの岩礁で、固い子葉の一種の磯草が僅かに岩陰に生えているほか磯馴松一本をすら見ることが出来なかった。水も無論無い。洗濯や入浴のためには天水を溜めるように丁重な仕掛けがしてあり飲料水その他の食物および日用品等をば1週間に1度ずつ数哩を距てた対岸の下田港から灯台付属の便船で運んで来ることになっていた。」(灯台守)
Imgmikomotojima170901
 
 
Kは4人居る灯台守の次席であった。
牧水は便船で島に渡ったがその荒寥に恐れをなし、その日の帰便で帰ると言った。
するとKは激高し、「こんなに待っていたのに帰るとはなんだ!」と牧水を押し倒し続けざまに殴りつけた。
結局牧水は1週間留まることになった。
 
ある日、Kは牧水に「灯台守にならないか」と言い出した。
「6ヶ月の講習を受ければいい。そうすれば25円の給料になる。ここでの生活費は5円だ。毎月20円の貯蓄が出来る。」
Kはよほど淋しかったのだろう。なんとか牧水を引き留めたかったのだろう。
牧水も東京での生活苦を考えると惹かれないではなかったが、さすがに断って島を去った。
 
いま対岸の須崎に立つ歌碑の歌には確かに神子元島での苦い思いが滲み出ている。
 
<友が守る灯台はあはれわだ中の蟹めく岩に白く立ちおり>   牧水
 
*4人の灯台守が居た灯台が今は無人である。
*25円の給料に魅力を感じる時代に2万円がいかに大金であったか。

2017.09.05

灯台-2

前に私が灯台フリークである所以を書いた。
 
Imagelighthouseyacht170902
 
 
それぞれの灯台の光り方(灯質)を光る灯台模型を作ってみたいと書いた。
あわよくば売り物にしたかったのである。
灯台フリークは日本より海外に多いので世界に売ってみたかった。
 
~~~電子回路の外注~~~
思い通りに灯台を光らせるにはLEDライトと電子回路が必要である。
私にはその基礎知識すら無いので外注することにした。
1セットで1000円以内を想定した。
 
 
ケース1
​出来上がりで1個3500円。しかもサイズが大きく灯台模型に収まらないのであった。
 
ケース2
着手金10万円。その後も1灯台毎に設計料2500円、1個1500円であった。
 
いずれもわが想定を大きく上回った。
 
~~~自作~~~
自分で作れないものかと考えた。
 
私にはその素養はまったく無い。
用語もままならない中、やっと「LED実験・工作キット」に辿りつき取り寄せた。約2500円。
 
 
ピカピカと光るキットが1揃い入っている。
しかし光るだけである。「何秒毎に・・・」というような指示は別に勉強しなければならない。
さて入り込むべきかどうか、まだ手つかずである。
 
~~~灯台模型~~~
自分でもわずかに灯台模型を持っていたので、あちこちの灯台模型を簡単に入手出来ると思っていた。
ところがそういう世界ではなかった。神子元島の灯台、大王崎の灯台といって揃ってはいないのである。
注文して作ってくれる業者も無い。
理由ははっきりしている、ニーズが無いからである。
 
各灯台をデザインし、型をおこして制作し彩色し、幾つ売れるものか。
各灯台の売店に置けば少しは売れるだろうが、誰が型代を出すのか。有名灯台だけで50~100ヶ所ある。
売価は@3000円程度であろう。
 
~~~~~~
いつも思い付きだけの  黒潮丸
 

« August 2017 | Main | October 2017 »