« 灯台モード | Main | 灯台3-若山牧水と神子元島 »

2017.09.05

灯台-2

前に私が灯台フリークである所以を書いた。
 
Imagelighthouseyacht170902
 
 
それぞれの灯台の光り方(灯質)を光る灯台模型を作ってみたいと書いた。
あわよくば売り物にしたかったのである。
灯台フリークは日本より海外に多いので世界に売ってみたかった。
 
~~~電子回路の外注~~~
思い通りに灯台を光らせるにはLEDライトと電子回路が必要である。
私にはその基礎知識すら無いので外注することにした。
1セットで1000円以内を想定した。
 
 
ケース1
​出来上がりで1個3500円。しかもサイズが大きく灯台模型に収まらないのであった。
 
ケース2
着手金10万円。その後も1灯台毎に設計料2500円、1個1500円であった。
 
いずれもわが想定を大きく上回った。
 
~~~自作~~~
自分で作れないものかと考えた。
 
私にはその素養はまったく無い。
用語もままならない中、やっと「LED実験・工作キット」に辿りつき取り寄せた。約2500円。
 
 
ピカピカと光るキットが1揃い入っている。
しかし光るだけである。「何秒毎に・・・」というような指示は別に勉強しなければならない。
さて入り込むべきかどうか、まだ手つかずである。
 
~~~灯台模型~~~
自分でもわずかに灯台模型を持っていたので、あちこちの灯台模型を簡単に入手出来ると思っていた。
ところがそういう世界ではなかった。神子元島の灯台、大王崎の灯台といって揃ってはいないのである。
注文して作ってくれる業者も無い。
理由ははっきりしている、ニーズが無いからである。
 
各灯台をデザインし、型をおこして制作し彩色し、幾つ売れるものか。
各灯台の売店に置けば少しは売れるだろうが、誰が型代を出すのか。有名灯台だけで50~100ヶ所ある。
売価は@3000円程度であろう。
 
~~~~~~
いつも思い付きだけの  黒潮丸
 

« 灯台モード | Main | 灯台3-若山牧水と神子元島 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/65753386

Listed below are links to weblogs that reference 灯台-2:

« 灯台モード | Main | 灯台3-若山牧水と神子元島 »