« April 2017 | Main | June 2017 »

2017.05.31

初島、三島、ルーシー・バートン

~~~初島~~~
21日、伊東のクルーザー「ペーパームーン」(ババリア34)で初島に行った。久し振りのクルージングだった。
1980年代からのヨット仲間Gさんの艇である。Gさんとは伊東港に艇を並べた間柄である。
彼との共通の話題はニール号探索に入れあげたYさんだ。Yさんのことで話は尽きなかった。
タクシー運転手のYさんはどこの営業所に移ってもそこでトップ3の稼ぎを上げた。勘のいい人だったがフィリピンで死んだ。
私の初島の記憶は誰も居ない避難港での停泊だ。本当に誰も居ない港で泳ぎ、魚を捌き、飯を炊いて、静か過ぎる海で寝た。
伊東まで5マイルだから怖さは無い。15分も歩けば人の居る部落もある。
そんなところが日本に何時までもある訳はないな。
開発の手が入り、ホテルが出来、フィッシャリーナと称してマリーナが出来て竜宮は消えた。
 
昔の初島はもう無い。
潜って天草を採り、浜に干していた朝鮮の海女はもういない。
 

昔の浜辺のあたり
 

​今の初島マリーナ​
 
旨い昼飯を食べて、2時には伊東に帰着した。
それだけのことなのに、猛烈に疲れた。筋肉の使い方が畑仕事とは違うのであろう。
22、23日と身体が使い物にならなかった。
玉手箱を開けた浦島太郎の如くであった。
 
~~~「私の名前はルーシー・バートン」~~~
25日、たまたま「私の名前はルーシー・バートン」(エリザベス・ストラウト)を読んだ。
NY在住の作家が原因不明の病気で入院することになり、田舎から母親で出てきて5日間付き添ってくれる、その母親との会話や作家の心情をとりとめもなく書き留めただけの、物語も何もない作品である。何も無くても作品となっているところに文学があるのだろう。
しかし文学音痴の私には日本の私小説、川崎長太郎の抹香町ものとの違いが分からない。
 
これがNYでベストセラーなのだそうだ。
著者が育った時代、一家は貧しく、大叔父のガレージを住処にしていた。母親は今も貧困を引きずっている。著者は作家になってようやく貧困から脱したと感じている。その母娘の会話。
ヒルビリーとはまた違ったアメリカの貧困の記憶。
NYのハイブラウの読書家たちが、何故この本を読むのか?
 

 
私は図書館で借りたこの本を読了して食堂の棚に置いておいた。
妻に特に薦めはしなかった。貧しく育ったことのない妻がシンパシーを感じる作品とは思えなかったからである。
ところが妻は中身を覗いて読み始め、面白いと言ってあっと言う間に読んでしまった。
妻はNYの人士並みの本読みである。
 
~~~三島 楽寿園~~~
28日、三島の楽寿園で「ジャパン・フラワーオープン・in 静岡」なる催しがありハンギングバスケットや寄植えの展示があったので出かけた。
三島に行くには電車である。もう車では行かない。
 
 
 
寄植えにはこれだけの花材を使う
 


​見れば自分でも作りたくなる。生産者直売なる花屋が何軒も店を出して格安で売っている。伊豆では手に入らないハンギング用の花材もあってあれこれ買ってしまった。
両手一杯になり、もう歩けない。もうどこにも行けない。車ではないから駅まで戻って電車に乗らなければならない。
後から買えばいいと言われても、売れて無くなってしまう。
結局駅前で焼肉定食を食べて早々に帰った。
本当を言えば源兵衛川やうなぎ屋、三嶋大社や佐野美術館、大岡信記念館にも行きたかったのだ。
 
~~~値上げ~~~
29日、給油所で6月からタイヤ値上げと言われタイヤ交換した。
 

四十雀の巣立ち

∞∞∞2017/5/21∞∞∞∞∞∞∞
~~~四十雀の巣立ち~~~
我が食卓の先の窓越しに見える場所に、小鳥の餌台が設置してある。
四十雀、ヤマガラ、ヒヨドリ、メジロ、ガビチョウなどに加え、台湾リスがやってくる。
 
 
今年、小鳥の育雛も見られるように餌台の先に鳥小屋を設置した。
そうしたらシジュウカラが営巣し、4月中頃から抱卵に入った様子であった。
 
 
食事をしながら鳥の出入りを見られるので楽しいが、猫やリスが狙っているらしいので気が気でない。
 
2017/5/16
 
親が2匹で代わる代わる餌の虫を運び、糞を運び出す。
健気だと応援していたら、遂に5月21日巣立ちとなった。
4羽飛び立ったが、その間3分ほど、奇跡的に妻が動画で撮影した。
 
最初の1匹が出口で逡巡していつまでも飛び立たなかったら、後ろから次の子がつついて追い出した。
親は3メートルくらい離れて呼んでいる。
 
 
 
頭の毛がふっくらと被っていて可愛い。
 

中国からのお客様

∞∞∞2017/05/19∞∞∞∞∞∞∞
~~~~~~
伊豆ガーデニングクラブ のホームページを見て中国からメールが届いた。
オープンガーデンを見せて欲しいという。
立派な日本文字、日本文である。
 
初めての海外からの問合せでおたついたが、クラブの広報担当の香月さんに窓口をお願いした。
 
いろいろあって、やっと5月19日に来訪が実現した。
女性ばかり6人のグループである。
日本文でメールをくれた周さんは40才前後か、日本での滞在経験もあるらしく流暢な日本語で全く不自由は無い。
 
4軒のお庭を案内し、最後の香月庭でTEASをした。
皆さん、40才台くらいで我がクラブのメンバーよりだいぶお若い。
北京、上海が中心で武漢からの方も居た。
周さんはツアーコンダクターというより園芸関係の出版に関わっている人らしく、今回の訪日もガーデニング愛好家を案内してきたらしい。昨年も来て北海道の恵庭などを回ったという。
皆さん落ち着いていて、テーブルマナーもしっかりしていて、中流の上の奥様方という感じであった。
北京の方のスマホで見せてもらったお庭は200坪ほどもあるように見受けた。イングリッシュガーデン風で、自分で手入れしていると言っていた。北京で200坪の庭と言えば大変なことなのだろう。
 
こういう人たちならちゃんとしたお付合いが出来るなと感じた。
時々黙って庭に入って、挨拶もせず名前も名乗らずに出ていくビジターより余程ましだ。
 
私は歓迎の挨拶をグーグル翻訳してカナでノートに書きとり、読み上げた。せめてもの誠意である。
 
 
 
 
 
170527katsuki3
 
   

バラとガーデニングショー

∞∞∞2107/5/17∞∞∞∞∞∞∞
~~~所沢のガーデニングショウ~~~
「英国王立園芸協会日本支部(RHSJ)」という団体があった。
英国王立園芸協会(RHS)という園芸界における絶対の権威の笠を借りた日本の組織であり、実行部隊はセゾンであった。
理事長は園芸関係のお偉方ではなくセゾンの事務方であった。
そのRHSJが昨年突如解散となった。
会員の我々にも詳しい説明はなかったが、セゾンがRHSに看板料を払うメリットが無いと判断したのだろう。
それだけガーデニングブームも下火ということか。
 
さて東海交通のツアーバスで「国際バラとガーデニングショウ」に行った。
所沢の西武球場で開かれて第19回という。案外古いような、新しいような。
毎回20万人超の入場者数という。
都の西南の我らからすると所沢は遠い。これだけの人数を運べば電車賃収入は相当なものだろう。
バスも西武系のバスでないと駐車場が取り難く、ツアーを組むのが大変だとの話も聞いた。
 
バラのショーの場所が何故西武なのか。主催の組織委員会の構成は毎日新聞、NHK、スポ日である。
後援には役所、園芸関係団体が名を連ね、企業名はプリンスホテルのみ。
どれだけのスポンサーシップで西武が開催権を獲ったのか?
 
RHSとバラ&ガーデニングショウは関係は無いが、いずれ所沢開催はがたつくかもしれない。
 
~~~~~~
そんな眼で観た私の感想を幾つか述べる。
1.勅使河原茜の「世界最大のバラのいけばな」が大看板のようだったが、感心しなかった。竹のオブジェは草月流のお家芸であり、目新しくもない。そこでバラが活きていない。
何年前だったか、生け花各流派がこのショーで出品作を競ったことがある。あの気迫をまた見たいものだ。今の実行委員会には各派を糾合して参加させる力がないのか?
わが生け花の師匠森本香恵子だったらどう活けたか考えてしまった。森本作品を考えるなら、自分ならどう作るかも考えなければいけないと思った。
 
 
2.鉢植え、盆栽、寄せ植え、切り花
バラ単体の展示があった。
昨今のガーデニングでは花単体よりも庭作りが主流になっているが、花そのものを楽しむ人たちも居るのだから、展示の方法や入賞の表示をもっと華やかにして欲しかった。
 

 
3.コンテストガーデン
ホームガーデン―23㎡、バルコニーガーデン―11㎡、フロントガーデン―5㎡と3サイズで計35庭もの庭が出品されていたが、多すぎるし配置もシンメトリーでなく、訳が分からなくなった。
審査員の名も、審査の基準も判らず、入賞とか奨励賞とか付いていても有難くなかった。海外からの参加も目につかなかった。
ハウステンボスでの世界各国からのコンテスト参加作品の展示の方がずっと楽しかった。
それと、主催協会は石原和幸や吉谷桂子のようなスターを作ることにもっと注力すべきだ。それには賞金や参加補助を増やさなければいけない。
さしずめ次のスター候補は一葉の高橋さゆりか。静岡の我々で盛り上げよう。
 
一葉さんの~精霊の棲む森から~
 
4.ハンギングバスケット
吊り玉タイプと壁掛けタイプに分けて多数展示されていた。知らなかったがハンギングバスケット協会はバラ&ガーデニングショーの後援団体になっているらしい。
出品作はさすがにレベルが高く、先日の韮山の展示とは段違いだった。
ただしバラの使用は殆ど無く、このショーでの展示は場違いの感じもした。
根付きのバラでハンギングに挑戦したら凄いことになるだろう。
ハンギングバスケットの皆さん、是非挑戦して下さい。
 
 
 
​​​​~~~~~~
1日バスに乗ったら翌日はごろ寝の  森下一義

20年咲かせているカトレア

∞∞∞2017/5/15∞∞∞∞∞∞∞
~~~カトレア~~~
写真は20年前にアルジャン会(大学同級会)の諸兄から引越し祝いに頂いたカトレアである。
稀に花芽を傷つけたりして失敗することはあるが、20年間ずっと咲かせてきた。
今年も2芽、大きな花を開いてくれた。
余程良い株だったのだろう。
 
 
~~~オープンガーデン巡回バス~~~
今日は東海バスの庭巡りバスが寄ってくれた。
さっぱり手入れが行き届かず、恥ずかしい。
 
 
 
 
~~~今庭に咲いている花~~~
 
 クレマチス
 
一重のバラ デインテイ・ベス
 
ヒメシャガ
 
ジギタリス
 
ワトソニア
 
ジャーマンアイリス
 
ペチュニア ロベリア イソトマ
 
つるばら アンクル・ウオルター
 
山野草類は殆ど終わっている。
 

水没事故からの回復

∞∞∞2017/5/11∞∞∞∞∞∞∞
~~~万歩計の水没~~~
妻が自分の万歩計を洗濯機に入れてしまった。
「Omron活動量計」という。
 
 
早速取り上げて電池ケースを開き乾かしたが動かない。
電池を新品に換えたが駄目である。
 
知恵を絞ってヘアドライヤーで7,8分ほど熱した。手で触れないほど熱くなった。
見ると液晶の文字盤の内側がすっかり湯気で曇っている。内部の水分が熱で気化したようだ。
一縷の望みをもって更に8分熱した。するとだんだんに曇りが薄らいでいく。
遂に曇りが無くなって文字盤はクリアになった。
筐体内の水分を飛ばしたようだ。
 
あらためて新しい電池を入れたら無事に動作を始めた。
めでたし、芽出度し。
 
~~~お江戸風景~~~
昨日所用で上京し、10時過ぎの中央線に乗ったらスーツを着た男性の全員がノーネクタイであることに気が付いた。
よくよく見て、10人に1人のネクタイ着用もあったが。
 
自分は10人の1人であった。
 
背景は新宿駅  田舎の爺さんがスマホをいじっている
 

ヒルベリー・エレジー

∞∞∞2017/5/9∞∞∞∞∞∞∞
~~~ヒルビリー・エレジー~~~
「ヒルビリー・エレジー」(J.D.ヴァンス 光文社)を読んだ。
 
トランプ大統領がラストベルトの票を固めて当選して以来そこに住む白人労働者層=ヒルビリーに注目が集まり、この書もマスメデイアに多く取り上げられたので書評などお目に留められた方も多いであろう。
 
「ヒルビリー」とは田舎者の蔑称で、ここでは特にアイルランドのアルスター地方から米アパラチア山脈周辺に住み着いた「スコットアイリッシュ」のことを言っている。
著者ヴァンスの故郷ミドルタウンは、AKスチールの本拠地として知られるオハイオ州南部の地方都市である。かつて有力鉄鋼メーカーだったアームコが川崎製鉄と資本提携して急場を凌いだのがAKスチールだが、ほかの製造業と同様に衰退してしまった。
失業、貧困、離婚、家庭内暴力、ドラッグが蔓延するミドルタウンの高校は州内でも最低の教育レベルで2割は卒業できない。地域に大学に進む者は居ない。
10代での妊娠、低い進学率、アルコールや薬物に対する依存症、家庭内暴力、非正規雇用や失業による高い貧困率、生活保護への依存体質など、ヒルビリーと呼ばれる人々の生活は困窮をきわめる。
こうした社会で暮らす著者も幼少期はやはり典型的なヒルビリーとして過ごす。シングルマザーの実母は育児能力を欠き、次々とボーイフレンドを変え、薬物依存症に陥る。
「貧困は家族の伝統だ。祖先は南部の奴隷経済時代には日雇い労働者で、次世代は小作人、その後は炭鉱夫、機械工、工場労働者になった。アメリカ人は我々のことを、ヒルビリー、レッドネック(陽に焼けているから)、ホワイトトラッシュ(白いゴミ)と呼ぶ。でも私にとって、彼らは隣人であり、友だちであり、家族である」
 
トランプが「ラストベルト」の人心を浚ってブームを引き起こして以来ラストベルトは米国の産業の衰退を象徴する言葉のようになっているが、ヒルビリーは必ずしも産業の衰退によって発生した階層ではない。もっと昔から続く人々の生活や信仰や文化に基づく階層である。粗野で無責任で向上心が無く勤勉でもない、褒められた文化ではない。
そのような文化で生きている人々があることを音楽用語の「ヒルビリー」を通して知ってはいたが、私はそれが19―20世紀前半のものと思っていた。
しかしこの書によって現在に生きていることを知った。
ヒルビリーが我らと同世代人とは!
 
ヒルビリーが黒人やヒスパニック、アジアンに対して差別感を持たないはずはないが、この書では注意深くそこを避けている。
 
アメリカでもイェールのロースクールに学ぶことは特別なことであるらしい。殆ど社会の最底辺からイェールに進んだ著者の文化ギャップの叙述も面白い。
 
~~~ウイスコンシン~~~
この書によってウイスコンシン州もラストベルト地帯であることを知った。
 
実は妻の従兄弟が若くして米国に渡り、親の援助もなしに苦学してウイスコンシン大学の教授となった。
私は何も知らずもっとスノッブな大学と思っていたが、ラストベルトでは彼も随分苦労したのだろうと今更に思う。
 
   
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
T高校からH大学も文化ギャップではあったが、イェールには遠く及ばぬ。
 

ギタースタンド

∞∞∞2017/5/6∞∞∞∞∞∞∞
~~~ギタースタンド~~~
私は30年前ギターを習っていた。
50才前後の数年間である。若い頃やっていたわけでもないので随分晩学といえる。
静岡から東京に転勤する時には送別会で弾き語りをした。
曲目は「ワインレッドの心」(安全地帯)、「夢一夜」(南こうせつ)だったと思う。
 
東京に行ってやめてしまって、残念に思っていた。
 
昨今<メルカリで何でも売れる>と評判なので置いてあったギターも売ろうかと取り出した。
 
 
なんとなく未練で触ってみるが、完全に忘れている。
 
取り出したら寝かせてもおけないので、<どこかにスタンドがあったな>と探したら庭の倉庫にあった!
埃を拭いて部屋に持ち込んだ。
 
手作りである。
 

 
~~~チューニング~~~
Amazonでみたら1200円でチューナーを売っている。
申し込んだら翌日届いた。
 
 
 
昔はこんなに便利なチューナーは無かった。
 
~~~~~~~~~~~~
半年後にはYoutubeで独演会をお届けしよう。 ハッハッハ
 

大当たり!

∞∞∞2017/4/30∞∞∞∞∞∞∞
~~~くじ引きで大当たり!~~~
市内の某催しに参加して余興のくじ引きを引いたら、なんと1等賞の大当たりだった。
 
箱車を回すとボールが転がり出る抽選機である。1人2回づつ引かせてくれる。
後ろから並んで見ていると大きなアンスリウムの鉢を引き当てた人がいていいなと思ったが、殆どは白玉の残念賞だ。
 
 
わが順番がきて引いたら紫色の玉が出て、2回目もまた紫玉が出た。
紫玉は「花鉢」で、私はカーネーションとあじさいの2鉢をもらった。
 
左はカーネーションとラベンダーの寄せ植え
 
手前の鉢は「トキ草」
 



 
~~~1等賞~~~
次に妻が引いたら、赤玉が出た。
いきなりジャランジャランと鐘を鳴らして係員が叫ぶ。「1等賞!
「ディズニーランドへの旅行券」だそうだ。
社長まで出てきて記念撮影の騒ぎになった。
 

​実際にはどこへでも行ける旅行券だった。
 
2人してこんな大当たりとはまことに芽出度い限りなのだが、実はそうとも言いかねる。
まあ最後まで聞いて下さい。
 
~~~○○フェア~~~
この催しは葬儀社が主催する「終活フェア」であった。
終活に関連するいろんな業者がブースを出して相談に乗るスタイルである。
 
我々は「介護から看取りまで」という講演を聞きたくて参加したのだった。
結局自宅で看取られるためには往診可能な医師をホームドクターにしておかねばならないと判ったが、この辺りにそんな医師は無い。
 
くじを引くには幾つかのブースを回ってハンコをもらわねばならないので、配膳とか散骨とか不用品引取とか回った。
遺影撮影の注文を狙っている写真屋のブースで無料の撮影サービスもしてもらった。
 
~~~~~~
「終活フェア」で大当たりとはどういうことだろう?
最初に来て下さいねということか?
 
2人揃って大当たりだったのが救いである。
 

« April 2017 | Main | June 2017 »