« 忖度 | Main | 松崎大沢温泉桜祭り »

2017.04.16

雛と獺

∞∞∞2017/3/29∞∞∞∞∞∞∞
~~~雛の句~~~
<雛もあり娘もありて子規悲し>
今週の朝日俳壇の入選句である。作者はオランダ在のモーレカンプふゆ子さん。
雛の句が今頃出るのも、遥かオランダからとことこと届いた投稿句らしく風情がある。
 
この句を見て「やられた」と思った。
元句は<雛あらば娘あらばと思いけり―子規>である。
私は全く俳句読みではないので、子規の句といって<柿食えば・・・>とこの句しか知らないほどこの句が好きだ。
病床六尺の子規が<娘あらば>と詠んだ気持ちが哀れでならない。
雛を出すたびにこの句を想い、このブログにも何度も書いた。
 
今年は骨惜しみして雛を出さなかったら、オランダのふゆ子さんにとられてしまった。
何とか巻き返したいと思った。子規の命日を糸瓜忌とか獺祭忌というらしい。
<雛と娘と酒瓶ありて獺祭忌―黒潮丸>と作って命日の9月19日までとっておこうと考えた。
一発アウト! 9月に雛は出さない。
 
 
 
正岡子規 享年35才!
 
~~~かわうそ~~~
関係ないけど、籠池某の顔はなんとなく獺を思わせる。
 
 
 
 
   
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
糸瓜顔の  森下一義
 

« 忖度 | Main | 松崎大沢温泉桜祭り »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/65158690

Listed below are links to weblogs that reference 雛と獺:

« 忖度 | Main | 松崎大沢温泉桜祭り »