« March 2017 | Main | May 2017 »

2017.04.28

白河以北一山百文

∞∞∞2017/4/27∞∞∞∞∞∞∞
~~~大臣更迭~~~
 
今日の投稿川柳の欄に出ていた。
<本心は「白河以北一山百文」>   福島・船山重二
 
~~~~~~
 
もともと明治維新後に薩長の官軍が東北を蔑んで言った言葉という
今村某は佐賀である。
 
仙台の新聞「河北新報」は、この語に意地を見せるべく「東北日報」から改題したものという。
 
岩手出身の平民宰相原敬は「一山」と号した。
 
~~~~~~
号の無い  森下一義
 

2017.04.16

4月12日の花

∞∞∞2017/4/12∞∞∞∞∞∞∞
~~~12日に咲いていた花々~~~
 
30年前に植えたソメイヨシノ 当時は他の桜を知らなかった
今なら早咲きの城ヶ崎桜か、葉の色を愛でて山桜を植えるだろう
 
ガーデン入口のキャロライナジャスミン
 
イカリソウ
 

​黄色いイカリソウ 葉の色がきれい
 

​ウラシマソウ  
伸びた弦を浦島太郎の釣竿の糸に見立ててこの名がある
 

​シラユキゲシ
 
イベリス  この場所でもう10年も咲いている
 
黄色いスイートアリッサム
昨年珍しいので買って、夏の間枯れない程度に水をやっていたら今年こんなに大きく咲いた
 
アマギカンアオイ  これは10日前の撮影
 
辛夷(こぶし)  これは3月20日撮影
 

​番犬
 

~~~~~~
季節が来れば花は咲く  森下一義

ロビーの渡り板

∞∞∞∞2017/04/09∞∞∞∞∞∞
~~~ロビーの病状~~~
わが家の飼い犬ロビーの最近の病状である。
 
一昨年8月に悪性腫瘍を発見して以来抗がん剤を服用している。
昨年7月には肛門まわりの手術をした。その後週に一度点滴を受けている。
癌に関してはなんとか抑え込んでいるようだが、副作用であろう、眼が見えなくなり、耳が聞こえなくなり、臭覚も殆ど無い状態だ。哀れでならない。
最近は眼が殆ど明暗も判じえない。
食欲だけは旺盛で、しっかり排泄する。
体重は最盛期11kgから現在9kgである。
 
 
眼が見えないのでトイレの場所が判らない。
それで出来るだけ外に連れ出して散歩するのだが健気に歩く。
日中は2時間おきに、夜も遅くまで、朝は5時に連れ出す。妻と手分けしてだが妻も大変だ。
 
食欲があり歩けるうちは面倒をみてやろうと思っていたが、ここにきて足が弱ってきた。
後ろ足がよろける。
 
~~~渡り板~~~
玄関前の段差と、側溝のグレーテイングに間に合わせの渡り板を設置した。
いつまで使うことになるか。
 
 
 
~~~認知症?~~~
いろんな症状を医者に話すと、「認知症も進んでいるのでしょう」と言う。
 
さて、どうしたものか。
 

松崎大沢温泉桜祭り

∞∞∞2017/4/6∞∞∞∞∞∞∞
~~~伊豆の桜異変~~~
どこもそうらしいが今年の桜開花は大狂いである。
河津の桜まつり(河津桜)の会期は2/10~3/10だったのに、2月のうちに花が終わってしまった。
伊豆高原の桜まつり(染井吉野)は4月1日からなのに未だに咲いていない。
わが家の近くの大島桜は例年3月中旬に咲くのに今年は4月に入って咲いた。
 
近所の大島桜  4月4日撮影
 
~~~松崎那賀川・大沢温泉桜祭り~~~
例年3/30~4/2に行くのだが今年は4/6に設定して出掛けた。
それでもまだ早く3分咲きであった。
 
この川上が婆娑羅峠、下田に至る   下流5、6kmも川沿いに桜並木が続いて松崎港へ
 
昼食はスーパー青木で買ったお弁当
 
ありました!  那賀川の流れに任せ花の盃  一義
 
ときめきて花見衣や枕もと  信子
 
珍しく2人の短冊が並んで提げられた
花明り色濃き川の流れかな  信子
あの辺り婆娑羅の峰か花の雲  一義
 
もう15年もこの桜祭りへの投句を続けているが、この5年ほど投句数がめっきり減っている。
短冊の数は最盛期の5割くらいか? 世の中の俳句熱はむしろ高まっているようなのにどうしてだろう?
こんなに楽しく風流な俳句イベントはないのに。
 
松崎町外の人でも投句できるし短冊を提げてもらえます。
松崎町役場から用紙を送ってもらい、句(4句まで)に1000円添えて送ればOK。
 
~~~なるせペダル~~~
伊豆高原から松崎まで、湯ヶ島、船原温泉、土肥、堂ヶ島を経て2時間のドライブである。
誤アクセル操作の「なるせペダル」を装着してから初めての長距離ドライブであった。
どうもまだしっくりこない。アクセルの踏み込みならぬ<右へのタッチ>が思うように反応しない。
加えて3日前から風邪気味で元気がなかった。今年の正月以来なんだか元気がないことが多い。年令相応か。
 
というわけで往復4時間半のドライブには相当の覚悟を要した。(帰路は婆娑羅峠から下田経由)
あと何年続けられるか。
というより来年も行けるかどうか。
 
夜、生垣に車側を擦ったり、黄信号を渡ったりするような夢を見た。
よほどのストレスがあったのだろう。
 

雛と獺

∞∞∞2017/3/29∞∞∞∞∞∞∞
~~~雛の句~~~
<雛もあり娘もありて子規悲し>
今週の朝日俳壇の入選句である。作者はオランダ在のモーレカンプふゆ子さん。
雛の句が今頃出るのも、遥かオランダからとことこと届いた投稿句らしく風情がある。
 
この句を見て「やられた」と思った。
元句は<雛あらば娘あらばと思いけり―子規>である。
私は全く俳句読みではないので、子規の句といって<柿食えば・・・>とこの句しか知らないほどこの句が好きだ。
病床六尺の子規が<娘あらば>と詠んだ気持ちが哀れでならない。
雛を出すたびにこの句を想い、このブログにも何度も書いた。
 
今年は骨惜しみして雛を出さなかったら、オランダのふゆ子さんにとられてしまった。
何とか巻き返したいと思った。子規の命日を糸瓜忌とか獺祭忌というらしい。
<雛と娘と酒瓶ありて獺祭忌―黒潮丸>と作って命日の9月19日までとっておこうと考えた。
一発アウト! 9月に雛は出さない。
 
 
 
正岡子規 享年35才!
 
~~~かわうそ~~~
関係ないけど、籠池某の顔はなんとなく獺を思わせる。
 
 
 
 
   
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
糸瓜顔の  森下一義
 

忖度

∞∞∞2017/3/27∞∞∞∞∞∞∞
~~~忖度~~~
諸兄は「忖度」について辞書に出ている程度の意味は既にご承知であろう。
池田信夫が次のように書いている。
<森友学園の騒動で、「忖度」という古風な言葉がよく出てくるのはおもしろい。これは臣下が天皇の「御意」をおしはかることで、これに対して天皇は臣下を「しらす」という形で受動的に統治する。天皇は監査役のようなものだから、臣下は「上奏」する説明責任を負うが、天皇は事後承認するだけなので無答責である。天皇が判断すると、失敗した場合に責任を負って退位しなければならないからだ。>
「忖度」が天皇制上の用語であることを、池田氏はどこで知ったのであろう?
ということは漢語ではないのか?
出所は書いて欲しい。
 
~~~わが家の「忖度」~~~
私の妻は家庭でどういう躾を受けたのか、私に対し自分の意見は常に質問の形で言うのであった。
自分の意見として断言しなかった。
 
例えば今夜の料理を言う時に、「魚にしますか?」と言って、「今夜は魚です」と言い切らないのであった。
 
一々が質問だから、私はそれをまともに受けて一から考えて返事していた。
妻は自分の意に反する返事に傷ついたことも多かっただろう。
 
結婚後40年もしてから私はそれに気が付いた。
もっと「忖度」してやるべきだったと反省している。
 

« March 2017 | Main | May 2017 »