« 冬の水 | Main | 確定申告-カードの表裏 »

2017.03.18

自彊術のこと

∞∞∞2017/3/2∞∞∞∞∞∞∞
~~~自彊術~~~
週に1度、健康体操・自彊術に通っている。
名前からすると何やら道術めいているが、内容は年寄り向きの健康体操である。
でもラジオ体操とは違う、太極拳とは違う、ヨガとは違う味を持っている。
明治30年頃四国に中井房五郎というやんちゃ坊主がいて寺に追いやられた。寺にも納まらず、13歳で山に入って何年も戻って来なかった。
そして戻ると異能を発揮して人々の難病を直した。
その才能を認めた人々が病気予防の健康術・自彊術にまとめて広めた。
明治の末には東京に道場を持ち、折しも軍国主義の台頭期であり、文部省の体育にも取り上げられ昭和初期には隆盛を極めた。
先年妻の従兄弟たち(米大学教授、国連職員)が集まった時、自彊術の話が出ていきなり皆で第1動(肩の上げ下げ、切迫呼吸)を始めたのには笑ってしまった。
そんな経緯もあって戦後は寂れていたようだが、近年復活気運である。
伊東でも4教室(図書館、富戸、池、八幡野、それぞれ20-30名)で活動している。
毎回は1通りの体操が40分、少し休んで型直しとか雑談があって1時間半で終わる。
自分で毎日やりなさいということだが、私は家ではしたことがない。
私と妻は富戸の教室に通っているが、なんといってもその立地が素晴らしい。
目の前が海である。
海を見下ろしながら体操をする。
2016/9/9 正面は相模湾に浮かぶ伊豆大島
 
右手に利島、新島、奥の方には三宅島が見える
 
富戸漁港  いるかの追込み漁の許可を持っている 定置網にはボラが何千本も入る
 
新年会風景
 


​~~~~~~
劣等生  森下一義

« 冬の水 | Main | 確定申告-カードの表裏 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/65029863

Listed below are links to weblogs that reference 自彊術のこと:

« 冬の水 | Main | 確定申告-カードの表裏 »