« December 2016 | Main | February 2017 »

2017.01.22

蜜蜂と遠雷

∞∞∞2017/01/21∞∞∞∞∞∞∞
~~~「蜜蜂と遠雷」に直木賞~~~
「蜜蜂と遠雷」(恩田陸)を読了した翌日に、この作品の直木賞受賞が発表された。芽出度い。
 
昨年秋に発売されたこの話題作を今頃読んだのは図書館で待たされたからである。
なにせ図書館では1ヶ月に2人しか進まない(貸出し2週間)から、6,7人も待ちがいればたちまちこうなる。
 
私は音楽の素養を決定的に欠いている。学んだことも習ったこともなく、何も知らない。
その私がこの本を読みたいと思ったのは書評や、帯の惹句があまりに魅力的だったからだ。
 
 
何も知らない世界だからこそ、読めば新しい世界に触れられると思った。
 
それにしても何も知らないのであった。
コンテストで弾かれる曲名が次々と出てくる。しかし私の頭には何の音も鳴らない。
この本の多くの読者には曲名だけで素晴らしい音楽が鳴り響くのだろう。
そういう読者のための本なのだろう。
作中のコンクール「芳ヶ江国際ピアノコンクール」のモデル「浜松国際ピアノコンクール」を同じ静岡県に住みながら聞いたこともなかった。
 
私はヨットの名前を聞けばどんな姿で、キャビンの中はどうなっていて、と思い浮かべることが出来る。
花の名前を聞けば調べる術を知っている。
音楽は何も出てこない。
 
しかし面白かった。
恩田陸さんはよく書いた。
 
~~~~~~
これからも音痴の  森下一義
 

朝の時間の使い方

∞∞∞2017/01/21∞∞∞∞∞∞∞
~~~朝の時間の使い方~~~
あさ、4時か5時に起きる。
早過ぎる。
判っているのだが、理由がある。
 
わが家の飼い犬(ロビー、ワイヤーフォックステリア、15才、9kg)はずっと室内で飼っている。
1階の半分を動き回っていた。
ところが1年半前に悪性腫瘍が発生し抗がん剤を呑み始めてから眼が見えなくなり、耳も聞こえなくなった。
その結果トイレの場所が判らなくなりそこらじゅうでするようになった。
あまつさえ踏んづけて撒き散らす。
 
10才当時の写真
 
仕方なく夜9時と朝4-5時に外に連れ出すのである。
ちょっと遅れると大惨事になるので大決心して起き出す。
散歩と後始末で約40分かかる。
そのあと、どうするか。
 
1.また寝る。  20%
2.新聞を読む。  40%
  わが家では朝2時半に新聞が届く。前夜10時半の出来事が記事として載っている!
3.スマホ。  10%
  ネットニュース、dマガジン  朝の貴重な時間にSNSは見ない
4.TV。  10%
5.読書。  20%
 
新聞には論説もあるし囲碁の棋譜もある。書評欄もあるし歌壇俳壇もある。広告もある。
とてもとてもネットでは代替出来ない。
 

漁師カレンダー

∞∞∞2016/12/30∞∞∞∞∞∞∞
~~~カレンダーの掛け替え~~~
カレンダー掛け替えの時期である。
皆さま、それぞれにお気に入りがあるだろう。
 
私の今年のお気に入りは気仙沼の漁師カレンダーである。
 
 
 
 
 
みちのくに飛沫いて晴れて海匂う   黒潮丸
 

蝋梅を活ける

∞∞∞2016/12/27∞∞∞∞∞∞∞
~~~ロウバイ~~~
 
ご近所から見事なロウバイの枝を頂いた。
なんとか活けてみたが我が陋屋の玄関には余ってしまった。
 
 
 
 


​蝋梅や我が門先に余りけり   黒潮丸
 
年用意夫の活けたる一壺なり   信子
 
~~~~~~

« December 2016 | Main | February 2017 »