« 映画「海賊と呼ばれた男」を観た | Main | 蝋梅を活ける »

2016.12.20

孫が来た

∞∞∞2016/12/16∞∞∞∞∞∞∞
~~~孫の手~~~
千葉から孫が来た。
娘の次男で高3のA君が学校推薦で上智大学理工学部に入学が決まり、久しぶりに時間の余裕が出来て来てくれたのだ。
 
早速孫の手を借りた。
まず家じゅうの照明器具を見て回り、電器屋に行って器材を買った
これまで3年毎くらいに蛍光管を取り換えなければならず、これが高所作業で危険で億劫になってきたのだ。
しばらく前まで照明器具ごとLED用に換えなければならなかったのが、今は電球だけLED電球に換えられるようになっている。
一部は器具ごと換えねばならないのもあった。
 
電器屋での品選びに1時間かかった。
そして帰宅しての取付にも大汗をかいた。
彼とて電気器具に知識はないが身軽さがある。爺の経験と組んでなんとかやり遂げた。1時間半。
これで当分蛍光灯のチラつきにストレスを感じないですむ。
 
翌朝はもっぱらスマホの勉強だった。
妻から山ほど質問が出て、それに対応してもらった。
溢れたアプリを整理したり、大変だっただろう。
私はLINEの手ほどきを受けた。アプリはあるのだが使ったことがない。
入ってみるとアプリ側から30―40人の友達候補を挙げてきたが、LINEで話したいほどの人は居ない。どんどんブロックして結局残ったのは子や孫など6人だけだった。
面白くもなんともない。
 
~~~案内~~~
久し振りに来た孫なので近隣を案内した。
 
来豆当日は門脇灯台とつり橋、ぼら納屋に行った。金目の煮付が旨かった。
ヤマダなど電器店での買い物。
夕食はわが家で鮟鱇鍋。夫婦2人だと鍋にしてもつまらない。若者が来て張り切って鍋にした。
 
翌朝八幡野来宮神社に御礼参りして稲取漁港の朝市に向かった。
振舞い酒ならぬ振舞い味噌汁をご馳走になる。
 
昼食は回転寿司で、あと伊豆高原駅で見送った。
妻が稲取で買った花束(カーネーション)を土産に渡そうとするが固辞される。
来るときは各駅停車で来たので新幹線の切符を買ってやり、帰宅報告を待ったがさっぱり連絡が無い。
聞けば秋葉原に寄って買い物をしていたという。
若者はこんなものだ。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
孫満喫の  黒潮丸
 

« 映画「海賊と呼ばれた男」を観た | Main | 蝋梅を活ける »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/64650980

Listed below are links to weblogs that reference 孫が来た:

« 映画「海賊と呼ばれた男」を観た | Main | 蝋梅を活ける »