« 豊洲移転 | Main | 9月の予定 »

2016.09.07

景観デザイン―東京港

築地と豊洲の位置を見てみよう。

 
狭い東京港の中で、魚市場=東京卸売り市場が移転するのにもうこれ以上良い立地はあり得ないと思う。
あると言うなら教えて欲しい。
 
それにしてもわが出光江東油槽所はテニスの森になっている。もって瞑すべし。
 
~~~~~~~~~~~~


​豊洲市場完成イメージ図である。もうこのほとんどが完成している。ゆりかもめの「市場前駅」はずっと前から出来ている。
向こう側が晴海ふ頭、東京港の客船桟橋である。
手前が有明テニスの森、われら出光人の汗が染みている。
 
~~~~~~~~~~~~
 
2004年3月に「景観デザイン-東京港」の一文を書いていたのでご披露する。
 
竹芝から見る東京港はすっかり変わっていました。
私がその辺りの海を毎週のように乗り回していたのは15年以上前です。その頃13号地には1棟のビルもなく、砂漠でした。その頃の東京港内のチャートは真っ白でした。
竹芝側も戦後のままでひどいものでした。これが東京の海の玄関か、といつも憤慨してSIGに書いたりしていたものです。
しかし一変していました。美しいかどうか判りませんが、美しそうなビルや橋がありました。竹芝にも昔の竹芝桟橋・日の出桟橋には考えられないようなマスト広場などが出来ていました。いつも乗り着けては昼飯を作って食べた浜離宮も、昔よりきれいに見えました。
西宮・尼崎あたりや大阪北港南港よりよほど良くなりつつあるように思いました。
あの砂漠や利権ばかりの倉庫群からこんな街並みが出来ることを鈴木俊一知事は予見していたのだろうか?
こんなランドスケープデザインを誰かが具体的に描いたのだろうか
考えてみましたが、夢の島から晴海、品川に到るこれほどの大きなスペースのグランドデザインを描くほどのデザイナーはどうしても思い浮かびません。
晴海のターミナルやベイブリッジや品川駅や汐サイトや、個々施設ののデザイナーはいるでしょうが、このグランドデザインは誰が描いたのか?
これがお役所仕事というものの恐ろしさのようです。
http://pcc-gardendesign.cocolog-nifty.com/weblog/2004/03/post_5.html
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 OfficePCC: usedboat.jp/
森下一義

« 豊洲移転 | Main | 9月の予定 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 景観デザイン―東京港:

« 豊洲移転 | Main | 9月の予定 »