« July 2016 | Main | September 2016 »

2016.08.29

豊洲移転

築地市場の豊洲移転が喧しい。
 
それで思い出したのがこの写真である。
 
9211kotooilterminaltoyosugastank_00
 
9211kotooilterminaltoyosugastank__2
1992年(平成4年)11月撮影
出光江東油槽所に着桟する「WindyholidayⅡ」号と私
下の写真の後方左手が東京ガス豊洲工場の跡地である 新築地市場移転予定地
 
出光江東油槽所は昭和20年代に開所した石油基地で、まだ弱小石油商社だった出光の貴重な首都圏の基地としてここからドラム缶を運んだ苦労話を先輩からよく聞かされたものだった。
92年当時には既に閉鎖が決定しており、わが「W・・・」号も翌年には東京湾マリーナから三河みとマリーナに移動が決まっていたので、このクルーズは一種の感傷旅行であった。シングルハンドである。まともに稼働している油槽所ならとてもマイボートは着けられない。
東京ガス跡地が魚市場になるとはこの時は知らなかった。
 
ついでに言えば築地市場内に出光の出張所があり、出入りする漁船に油を売っていた。
私は好きだからよく出張所に行って油を売っていた。中川所長だったかな・・・
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
Boatmarkkayak150 http://usedboat.jp/
OfficePCC: 森下一義

ゴリラ顔

お盆で、故人の写真に触れる機会が多かった。
写真の無い人もいた。
さて自分の遺影はどれになるのかなと考えた。
 
探してみたがこの1、2年の間に撮った自顔はこの2枚しか無かった。
 
150925yugawarafacebookseminar
パソコン講習会で
 
160816kazujidori2
ベッドで本を読んでいて自撮り 
 
ちゃんとした写真を撮っておかなければいけないと思った。
 
~~~~~~~~~~~~
 
「顔検」というサイトがあった。 http://www.mryossi.sakura.ne.jp/kaoken/
質問に答えると顔を判定してくれる。
それによると私の顔は「ゴリラ顔」だそうだ。
 
検定結果
あなたの顔はゴリラ顔です。
あなたの顔もうそのまんま!ゴリラに似てるから「ゴリラ顔」です。体格が大きめで顔がごつく、ちょっと丸っこい、まさにゴリラそのものです。これで小柄だと、「サル顔」になります。サル顔が大柄に、ごつくなるとゴリラになるのです。見た目的に体力がありそうに見えるので、就職のときなどは結構体力派として歓迎される場合が多いです。ただし、恋愛やお見合いのときはどうも有利な展開に持っていくことが難しいことが多いようです。相手がどうしても生理的にひいてしまうからでしょう。
ゴリラ顔さんの特徴
とにかくゴリラっぽい、というかサルっぽい?
見た目どおりで、何故かバナナを異様に好む。
結構頭が単純な人が多い。悪く言うと「体力バカ」なのかも・・・。
声もやはりゴリラっぽい。
相性がいいのは「モアイ顔」。逆に相性が悪いのは「キツネ顔」。
 

幸い妻はキツネ顔ではない。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
OfficePCC:中古艇相談とマリンサーベイ
 「ボート民泊試論」出版 http://usedboat.jp/boat-sharing/boatbnb-cover.html
森下一義

2016.08.12

電子書籍「ボート民泊試論」の発行

このたびAmazon Kindleで電子書籍「ボート民泊試論」 <副題:ボート民泊実現の課題を探る>を発行した。
 

<船に旅館業法は適用されない!>

 

国を挙げてのインバウンド対策の焦点の1つが宿泊施設の不足であるという。

そこで浮かび上がったのが民泊だが旅館業法との調整が難しく、必ずしもスムーズなスタートとはなっていない。

 

私はボートオーナーの立場、そしてマリーナを運営した経験を持つ立場から「ボート民泊」の推進を提唱したい。

これは私の発案ではなく、Airbnbでは既に世界の港で多くのボートがホスト艇として提供されている。

わが国でも同じようにやれるはずである。

 


 

首を突っ込んでみれば課題は多い。

ボートは宿泊施設としてのインフラを欠いている。

その欠陥をマリーナの機能で埋めたいと思うがマリーナにはそのマインドが無い。

 

課題は多く私が課題を解決する力は無い。

しかし課題をボートオーナーやマリーナ業者、宿泊関連業者、行政が広く共有することで必ずやよい方向に解決されていくものと信ずる。

 海を愛し船を愛する者として「ボート民泊」の普及を願ってこの試論をまとめた。

 



価格は480円である。

・ボート民泊とは何かを知りたい方

・マイボートで民泊収入を得たいと考えている方

・マリーナの事業多角化を考えている方

・民泊投資を考えている方

ぜひご一読あれ。

 




OfficePCC:中古艇相談とマリンサーベイ

黒潮丸 こと森下一義

HP: http://usedboat.jp/

Mail: pccgarden@gmail.com

 



~~~~~~~~~~~~


プリント版

Word原稿をプリントアウトし、コンビニコピーで手作りした紙プリント版(カラー)があります。

価格:2000円(税込、送料込)

ご希望の方はメールでお申込み下さい。 pccgarden@gmail.com

 



~~~~~~~~~~~~


< 目次 >

はじめに

目次

黒潮丸のプロフィール

第1章 ボート民泊に泊まりたい

第2章 ボート民泊-ホスト艇の条件

第3章 ボート民泊でマリーナの役割

第4章 ボート民泊の収入試算

第5章 民泊ボートは投資物件たりうるか

第6章 マリーナでなければならないのか

第7章 ハウスルール

あとがき


~~~~~~~~~~~~

 

Surficewheel31

« July 2016 | Main | September 2016 »