« January 2016 | Main | March 2016 »

2016.02.28

追悼句会

「癒しと憩いのライブラリー」(サザンクロスゴルフ内)に郷土資料の一角がある。
そこで「山川家の祖先と八幡野」(山川速水 千秋社 1990)なる1冊を手に取った。
八幡野の昔を知りたかったのである。
 
山川家は播州三木市から流れて江戸初期に八幡野に住み着いた落ち武者の一統らしい。
港の上の称名院に過去帳や墓石が残っているという。
変遷はあったが、大正から昭和初期には医院を開いていたようだ。
 
大正15年5月、院長山川某の妻が亡くなった。享年42歳。
院長は各地から会葬に集まってくれた人たちが散じないうちにと、すぐに追悼の句会を開いた。
参加15名。題「ほととぎす」。
喪主院長の句、<ほととぎす啼いて帰らぬ夜なるかな>
第1席の句、<かあちゃんは今どこにいるほととぎす>
 
喪主の句は、どこぞ俳書に先出は無いか?と思うほどの名句であろう。
句会には小6の長男も参加していた。みんな第1席の句はその子の作だろうと投票したのであった。
実はそれを当て込んで受けを狙った神主さんの作であった。
 
葬儀直後の句会といい、喪主の句といい、神主さんの茶目っ句といい、当時の八幡野の文化度が偲ばれる。
現在妻のはまっている「facebook俳句会」のレベルをはるかに超えている。
 
大正から昭和の初期、八幡野の医者は池や赤沢までの往診(午後は往診が常であった)に馬に乗ったそうである。
馬丁を雇えないので家族で馬の世話が大変だったそうだ。
夜の急患の往診依頼にはカゴを担ぐ若い衆を連れてきた。
伊東から八幡野港までは東海汽船に乗った。
 
160225yamakawakeyawatanobook
 

追悼

句会

2016.02.18

雛あれば

雛の季節である。

 
雛あらば娘あらばと思いけり   子規
 
160218hina5
 
160218hina1
 
 
私には娘が1人いる。
 
病床六尺に呻吟し、<雛あらば・・・><娘あらば・・・>と詠む悲痛を思う。
 

華胥の国に遊ぶ

熊本の友も米寿を迎えたりときには華胥(カショ)の国に遊びて   諏訪兼位
 
今朝の朝日歌壇高野公彦選第1位の句である。
 
160208
 
諏訪兼位氏については大島兄よりご教示を受けた。
1928年生まれ。地質学者で、名古屋大学理学部長、日本福祉大学学長を歴任。朝日歌壇への投稿者としても名高い。
 
ランボオの辿りしあとを訪ね行くアビシニア地溝を風吹きわたる
ザンビアの銅延べ棒に腰おろしコカコーラ飲みし国境の町
足立たば雪くわましを子規の夢三浦雄一郎エヴェレストに立つ
 
~~~~~~~~~~~~
私はこの2,3年すっかり昼寝がくせになってきた。「昼寝が上手になったわね。」と妻に言われる。
昼寝が上手いと言われて返事のしように困るが、<華胥の国に遊ぶ>と言えば恰好がつく。
 
「列氏」にある言葉だそうだ。さすが先覚はいい言葉を知っている。
 

2016.02.03

「蠣崎波響の生涯」

先に「夷酋列像」にふれ、「蠣崎波響の生涯」(中村真一郎)なる著述のあることを知ったと書いた。
古書価格で5500円と知り入手を諦めた、と書いた。
 
伊東図書館のネット検索で探したが無い。
それで県内図書館の相互利用検索で探したらあちこちにある。
伊東図書館に出掛けて利用を申し込んだら、ごそごそしていて、「うちにありました」と出してきた。
どうやら「蠣崎」の字が難しくて誤字で登録されていたらしい。
 
出てきたのは写真のように大きくて部厚い大著であった。
A5判というのだろう、685ページもある。
 
160202kakizakihakyoubooks3
 
 
1984年北海道新聞の記者が「夷酋列像」がフランスのバルビゾン美術館にあることを伝えた。それまで日本人の誰もが知らなかった。
中村真一郎この時66才。若きより波響に関心を持ち、この時点で数百点の資料を集めていたが未だ「夷酋列像」を観たことがなかったという。
中村は驚喜してこの著にかかり、1989年新潮社より刊行した。
 
私にはとてもこの大著を読み通す気力はない。
 
たまたま宇江佐真理に「蠣崎波響」なる一篇があることを知った。
「桜花を見た」という中篇集の中の一篇である。現在文春文庫になっている。
宇江佐氏については世話物の時代小説を書く人、という程度の知識しか無く、何故蠣崎波響かと思ったが、氏は函館出身で現在も函館在住という。
 
軽く読了した。
非常に抑えた筆致の好著であった。
当然中村氏の大著も読み込んでの作品であろう。
 

「夷酋列像」展

大島兄より佐倉市にある歴史民俗博物館で蠣崎波響の「夷酋列像」展を見た感想と、24日の夜にTV番組があるとの情報を頂いて早速TVを見たのであった。
 
蠣崎波響の名前はなんとなく聞いたことのあるような、であったが、「夷酋列像」の絵は初見であった。
松前藩家老の波響がアイヌの酋長を描いた絵である。
描かれた当時から評判で、時の天皇(光格天皇?)の天覧に浴したというが、12枚揃いのこの国宝級の傑作は海外に流出し現在フランスから里帰り中なのだそうだ。
長州閥の圧政で一新後の松前藩がよほど窮したか。
 
160124ainu2
 
160124ainu6
 
160124ainu9
 
160124ainu3hakyou
 
Google「蠣崎波響」で詳しい情報はいくらでも見られるし、写真もたくさんある。
また番組もNHKオンデマンドで見られるであろう。
ここに上げた写真は私がTVの画面を撮ったものである。
 
もっと知りたいと思って探したら「蠣崎波響の生涯」(中村真一郎)があることを知ったが、売り切れで無い。
「スーパー源氏」で探して1冊見付けたが、5500円だったので諦めた。
 

« January 2016 | Main | March 2016 »