« November 2015 | Main | January 2016 »

2015.12.30

植物の知性

今年の読書でもっとも感銘を受けたのは、「植物は<知性>をもっている」(ステファノ・マンクーゾ NHK出版)であった。
原著は2013年にイタリアで出版され、2015年に英訳、2015/11に和訳が出版されたばかりの新しい学問を承けた本である。
 
著者は知性を「問題を解決する能力」と定義した上で、植物は知性を持っていると言い切る。
植物は多くの問題を解決し、乗り越えていく。植物は外界から与えられる刺激に適切に対応する。植物は自分が何もので、自分のまわりに何があるかをきちんと自覚している。と言う。
 
植物は私たち人間がいなくてもなんの問題も無く生きることが出来るのに、私たちは植物無しではたちまち絶滅してしまう。
 
~~~~~~~~~~~~
 
非常にショッキングであった。
来年から少しこの方面を勉強してみよう。
 
といって私が今更世界の食料や薬を学ぶ時間はないので、生け花・ハンギングバスケット・ガーデンデザインにおいて植物の知性とどう向き合うか考えてみたい。
 
植物が美しい花を咲かせるのは昆虫を惹き寄せるためだ、とは聞いたことがあるが、人間にあちこちに持って行ってもらうために考えているのではないかとまで言う学者がいるそうだ。
植物の知性はそこまで奥が深い。
 
 
151230

2015.12.26

数え日

「数え日」という季語を知った。
「年末、残りの日がもう指で数えられるようになったこと」をいうらしい。
いい言葉だ、
 
<数え日や排気ファンの掃除俺当番>  黒潮丸
 
151226
わが家のキッチンは32年前の造作である
 
 
<数え日に数うこと無き齢の暮れ>   黒潮丸
 
~~~~~~~~~~~~
 
<数え日のプールは楽し一人占め>   信子
 
151215nobukopool
 

2015.12.16

伊豆にいらっしゃい

151216wrcstrap1
 
皆さん、これをご存じだろうか?
ラグビー・ワールドカップののスポンサー大正製薬がリポビタンDの販促品として作ったミニ・ストラップである。
リポビタンを2本買うと1つもらえることになっている。
コンビニの中でファミリーマートだけで扱っている。
 
いま街場のラグビーファンの間ではこれの争奪で大フィーバーが起きているそうだ。
15番狙いとか8番狙いとか、ファミリーマートをはしごするのだそうだ。
どんどん欠番、品切れになっているらしい。
 
151216wrcstrap3
この人はリポビタンを何本買ったことやら。
 
私が歯医者にいたら妻から電話があった。「ファミリーマートに寄ってこい」という。
「そういえばFaceBookで話題になっていたな」と思い出して135号のファミリーマートに寄った。
どこにあるか判らない。
店員に聞いても知らないらしく、奥の店長に聞きに行った。
 
ある、ある。欠番の心配など全くない。
リポビタンを4本買って15番と4番(昔の私の背番)を持って行ったら、店長が「幾つでもいいですよ」と言う。
欲しがった人がいなかったらしい。
結局4個もらった。2つ孫に送ってやろう。
 
都会の皆さん、伊豆にいらっしゃい。

2015.12.10

誕生プレゼント

私事にわたる。
 
1965年10月6日、出光ラグビー部は秩父宮ラグビー場でのナイター試合に出場することになった。
実業団リーグにも入れない弱小チームの出光にとって秩父宮での試合は夢の夢であったが、オイルメンリーグでの3連覇を認められて許されたのだった。
相手は損保リーグで同じく3連覇した東京海上であった。長年の対抗戦相手であった。
 
同じ日、10月6日はわが第1子の誕生予定日であった。
生まれようがなにしようが試合出場のつもりであったが、妻は健気にも10月5日に女児を出産した。
芝白金の船員保険病院であった。これもヨット乗りに相応しい。
 
試合で、私は自らもトライを決め勝利した。
わが子に贈る人生最大のプレゼントであった。
 
あの、深い芝生に押えたボールの感触を終生忘れない。
 
151206
改装前の秩父宮ラグビー場
 

慰安婦像

今朝の新聞俳壇に金子兜太選でこんな句が出ていた。
<老いてみよ老いて親しき冬の水>  東京都・井原三郎
 
咄嗟に私の頭の中でこんな句に変わった。
<老いてみよ老いて親しき冬厠(かわや)>  黒潮丸
 
~~~~~~~~~~~~
 
果たして<冬厠>という季語があったかな?と調べているうちに、
韓国水原市に「解憂斉(へうじぇ)-トイレット博物館」があることを知った。
 
展示物がいろいろある中に、こんな像があった。
 
151207
 
なんじゃ、これは。 韓国が世界中に建てようとしている慰安婦像にそっくりではないか
 
~~~~~~~~~~~~
 
並べてみた。
1512073
 
ふむふむ、これは韓国の文化なんだとつくづく思ったのであった。
 
 
 

2015.12.06

代々木国立のノーサイド

代々木国立競技場で最後の早明戦が行われた直後、松任谷由美が突然現れて「ノーサイド」を歌った。2013/12/3
~~~~~~~~~~~~
彼は目を閉じて枯れた芝生の匂い深くすった
長いリーグ戦しめくくるキックはゴールをそれた
肩を落として土を払った ゆるやかな冬の日の黄昏に
彼はもう二度とかぐことのない風 深くすった
何をゴールに決めて何を犠牲にしたのか 誰も 知らず
歓声よりも長く 昂奮よりも速く
走ろうとしていたあなたを少しでもわかりたいから
人々がみんな立ち去っても 私ここにいるわ
同じゼッケン誰かがつけて 
また次のシーズンをかけてゆく
人々がみんなあなたを忘れても 私ここにいるわ
何をゴールに決めて何を犠牲にしたのか 誰も 知らず
歓声よりも長く 昂奮よりも速く
走ろうとしていたあなたを少しでもわかりたいから
人々がみんな立ち去っても 私ここにいるわ
~~~~~~~~~~~~
ノーサイド  松任谷由美-作詞・作曲


この詞は実際には花園で高校ラグビーの決勝を見て作られたという

2015.12.01

面構え

151129teamjapan

この写真、何だと思いますか?
アメリカズ・カップに挑戦するTeam Japanの<クルー募集>に応募した面々です。
よく見るとそれぞれ相当な面構えをしていますね。大したものだ。
顔だけで選ぶとしたら、皆さんならどれを選びますか?
 
1511272
 
151129teamjapan_2
テスト風景です。
セーリング技術よりも体力、俊敏性、クレバーネス、英語力を見るようです。
3、4人程度選ばれます。
 
151129teamjapanflyingcatamaranenosh
これがア・カップ戦に使用されるフォイリング・カタマランです。滑走して水中翼で空中に浮いて走ります。双胴艇です。
乗員は5人です。既に世界から著名なセーラーが契約されています。
応募クルーが乗れる枠は精々1人でしょう。
その枠に勝ち残って、ア・カップ戦で挑戦艇になれたら五郎丸になれるかな?
 
 

« November 2015 | Main | January 2016 »