« October 2015 | Main | December 2015 »

2015.11.21

後継ぎ

庭のエゴノキが毎年白い花をいっぱいに付けてくれる。
それが実になって小鳥たちを喜ばせている。
 
110522mgego0001h
2011/5/22 撮影
 
それがここ2,3年、幹にうろが入ったり蟻が付いたりしてめっきり衰えている。
樹齢は40-50年か。
151120egonoki1
 
151120egonoki5
 
昨日、後継ぎの苗を植えた。
大和農園の通販で1600円であった。
 
151120egonoki2
 
遅すぎたかな。
樹にとっても、私にとっても。
 
 

2015.11.15

タワーリシチ

諸兄諸姉は牛丼チェーン店に入ることなどまずあるまい。
私とてすきやに入るにはやや構えるところがある。「あら、森下さん。こんなところに?」と言われるのを躊躇う気持ちがある。
(すきやはたまたま道すがらだからで、吉野家、松屋の御三家から特に選ぶ訳ではない。)
 
しかし私は時には入る。カレー牛丼や、780円の鰻丼は安くてよろしい。
妻は絶対に入らない。
 
151115
ところで私はすきやに入ると何故かほっとする。
その訳は相客にある。
都会と違ってこの辺りの牛丼屋に学生やネクタイ族は居ない。
居るのは年寄りか作業服を着た肉体労働者たちだ。この人たちが黙々と、せっせと食べている。
年金生活者の私はその中に入って居場所を得て、何故かほっとするのだ。
 
思わず、声を出さずに<タワーリシチ!>と呼び掛けたい心情になる。つまり<同志!同胞よ!>の連帯感である。
牛丼チェーンのマーケッターにはまさか思い付かない作用であろう。
 
今時<タワーリシチ>とググっても、カクテルの名前か長編マンガの名前としてしか出てこない。
<タワーリシチ>は古語、死語である。私は古語、死語とともにある老人である。

2015.11.12

サクラ・セブンス

どうですか、見てやって下さい。
女子7人制ラグビーの日本代表の諸嬢です。
なんと整った顔立ちの人ばかり揃っていることでしょう。
 
昔、秩父宮では女性は目立ちすぎて美人でないと連れていけなかったものですが、今にその流れをひいているのでしょうか。
 
151112rugbysakurasevens

2015.11.08

夢の島マリーナ

サーベイの仕事で夢の島マリーナに行った。
 
「新木場」への行き方を調べたら「京葉線」「有楽町線」「臨海鉄道」と3本もルートがあって迷った。
「新木場」に着いても歩いて行くルートに迷い、30分も掛かってしまった。前回訪問から2年半だし、かって直近の東京湾マリーナをホームポートにしていたというのにこの始末だ
この2行に呆けの症状が出ている。
 
サーベイ艇はいい艇であった。
 
早く終わったのでちょっと足を伸ばして「海浜幕張」の孫の所に行き、晩飯でも食べようかとチラと思ったが、そんなことをしたら疲れ果てるのでやめた。
 
151107yumenoshimabavaria39starfish2
 
151107yumenoshimabavaria39starfis_2
 

« October 2015 | Main | December 2015 »