« July 2015 | Main | November 2015 »

2015.10.31

ハロウィン

暗くなってからガキンチョが3組、延べ20人以上やってきた。
これ、何なのだ?
子供らは楽しそうだった。
 
 
151031
 
1510312
 
1510313
 

2015.10.28

今年のサンマ

ここ10年あまり秋になるとサンマの佃煮?を作る。
評判がよくておねだりがあるのだ。
 
サンマをぶつ切りにしてひたひたに酢に浸し、ショウガと山椒と一緒に煮る。
酢が無くなるまで1時間ほど煮る。
次いで酒、みりん、しょうゆで更に1時間煮る。
骨まで完全に柔らかくなる。
 
毎年サンマの一番良い時期に上等のサンマを買ってくる。
今年はいつまで経っても大きなサンマにありつけないので、しびれを切らして今日買ってきた。
 
写真の鍋で例年6匹で一杯になるのだが、今年は7匹でまわりがスケスケだ。
 
151028samma7

2015.10.26

小名浜の大漁旗デザインコンテスト

小名浜の「アクアマリンふくしま」で、大漁旗のデザインコンテスト結果が展示されているというので行ってきました。
 
伊豆から小名浜往復は朝星夜星です。金星がオリオンの中に居ました?
 
「アクアマリンふくしま」は外からの人間にとっては何とも複雑な場所です。
住所は「いわき市」ですが、私からすれば小名浜港の一角です。
私には「いわき市」と「平市」の区別がつかない。そもそも小名浜は市ではないのか?
最寄りの駅は常磐線「泉」駅です。
しかも名前は「アクアマリンふくしま」と福島が付いている。
 
泉駅に着いて、ちょうど到着した路線バスの運転手に交通の便を聞いたら「無い」とにべもない返事。
タクシーで2000円でした。
 
151024onahamaflagcontest10
 
151024onahamaflagcontest11
 
こんな感じの展示です。
私としては大漁旗の伝統的な図柄に魅せられているので、新しいデザインの大漁旗コンテストに特に関心が強いわけではありません。
 
帰途は強引にバス停まで歩きました。15分歩いて毎時1本のバスに乗りました。
途中はずっと工事中の土地の中です。東北大震災の痕で平地が波打っています。
巨大なイオンモールの工事予定地がありましたが、本当に建てるのかしらん?
 
考えてみるとバス運転手の無愛想な返事は、まともなバス路線さえ敷いていないことへの不満の反映だったのでしょう。
 
151024onahamaflagdesigncontestpanph
 

2015.10.22

今朝の庭の花

今朝庭に咲いていた花です。

 
151021cassia1
カッシア  アンデスの乙女
 
151021daimonjisou
ダイモンジソウ
 
151021donbea
ドンベア
 
151021mytsuwabuki
ツワブキ
 
151021jyuzusango
ジュズサンゴ
 
151021paineapplesage2
パイナップルセージ
 
151021rantana
ランタナ
 
151021nobotan
ノボタン
 
 

2015.10.19

蜘蛛の巣

庭で一番蚊に攻められるのは9月中、下旬である。今生の名残に必死で血を吸いにくる。
10月も10日を過ぎると蚊はめっきりと減る。
蜘蛛の巣もそれに合わせて9月中、下旬が最も盛大である。
 
だから今頃の蜘蛛の巣には獲物は少ないと思うのだが、今朝のわがテラスの上の蜘蛛の巣はまことに立派であった。
 
151019spidernet1
 
151019spidernet2
 
 
横浜のマンションよりよほど立派だ。
 

2015.10.13

干し柿

ご近所から今年も柿を頂いた。
渋柿である。これを甘い干し柿にする。
 
皮を剥いて、蔕(ヘタ)をロープに通して、吊るして干す。
焼酎に漬けるとかいろいろ説があるが、わが家ではただ干すだけである。
渋は完全に抜け、甘い干し柿になる。
 
 
151012shibugaki2
 
151012shibugaki3
 
151012shibugaki4
蔕(ヘタ)は丈夫なもので手荒に扱っても千切れることはない。
 
 
151012shibugaki6
 
来年の楽しみである。
 

補聴器

私は80才になるが耳が遠いとは思っていない。
しかし妻は「補聴器を付けろ、付けろ」と喧しい。
 
これまでに3度も妻に言われて耳鼻科で検査をした。
「年令並み」と言われても「難聴」と言われたことはない。
妻は自分が小さな声で一方的に呟いて、それを私が聞きとらなかったとして「耳が遠い」と責めるのである。
「あなたはヨットの打音検査をするでしょう。ガーデンの会議もあるでしょう。耳が遠くては恥をかきますよ。
 
先日近所の眼鏡屋で補聴器メーカーS社の出張説明会があって、強引に連れて行かれた。
装着すれば確かに聞こえは良くなる。違和感は無い。
「本当に悪くなる前に付けるのが大事なんです。」
1週間の貸出しを受けてきた。
 
それにしても高価なものである。小さな車が買える。
思い付いて耐用年数を聞いたら「5-6年」という。
参ったね。あと何回買わなければならないのか。
 
「もっと先にするよ。」と言ったら「駄目です。」と言って自分の貯金を下ろしてきた。
「山内一豊の妻」である。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
山内一豊

« July 2015 | Main | November 2015 »