« January 2015 | Main | March 2015 »

2015.02.28

片山豊氏の訃報

2月19日、元日産の片山豊氏の訃報が伝えられた。1909年生まれで105才だったという。
 
私は長年潤滑油や燃料の納入業者として日産の各工場に出入りしていた。出光はトヨタよりも日産への納入シェアが高く、大事な取引先であった。
そんな時期、1980―95年頃か、「日産には片山という凄い人がいた」との噂話を聞いた。日産の社員からではない。日産ディーラーや納入業者仲間からである。
どんなに凄いか。<フェアレデイZを作った><東京モーターショーを始めた><アメリカで売りまくった><日産はあの人を追いやって凋落した>・・・。
 
私より26年も年長の人であり時代が違うし、まして他社のことだから詳しいことは何も判らないが、あまりに遣り手過ぎて社内で疎まれたらしい。
片山はアメリカでDATSUNを売りまくり、1975年米国内で輸入車販売1位となった。
日産本社は片山を意識してかどうか世界ブランドをNISSANに統一した。しかし片山は米国ではDATSUNの方が語感がいいとしてDATSUNで売り続け、Zも「フェアレデイはスポーツカーの名前ではない」として「DATSUN240Z」で大ヒットさせた。そもそも片山のコンセプトで作り上げた車であった。
 
 
日本に呼び戻した片山を日産本社は役員待遇さえ与えず広報関係の子会社に送った。
片山は1977年、定年退社する。
日産の社史に片山の名前はおろか「Z」の写真すら無いという。
 
かくほど片山を怖れ、憎み、迫害した日産本社とは何か。具体的には石原俊社長であった。
当時日産社内では片山の名を口にすることさえ憚られたという。
しかし一方で石原は労組の天皇塩路一郎と激烈な戦いを戦っていたのであった。
 
かかる不毛な社内抗争を続けた日産は当然の結果として凋落する。
1999年、日産はルノーからカルロス・ゴーン社長を迎える。
同年、ゴーンは片山を日産本社ビルに招き「Z」の再開発を約束した。
なお片山は1998年、退社して22年経って米自動車殿堂入りしている。それほどZカーのインパクトは大きかった。
既に川又も石原も塩路もこの世に亡く、そして片山豊が逝った。
 
<さまざまなこと思い出す桜かな>  芭蕉
 
追記
マリーナ建設時代、日産で「新門司マリーナ」「仁尾マリーナ」を作っていて面識のあった片山泰夫氏は片山豊氏の息と聞いた。
 

かたやま   

田q化

2015.02.27

贈るバラの本数の意味

贈るバラの本数には意味があるのだそうだ。
 

3本 愛しています
5本 あなたに出会えてよかった
8本 あなたの励ましに感謝
10本 君は完璧
12本 つきあってください
15本 ごめんなさい
20本 感謝
24本 一日中いつも貴方を思っている
40本 真実の愛
50本 恒久
99本 ずっと一緒にいよう
108本 結婚して下さい
365本 毎日恋しくてたまらない
999本 何度生まれ変わってもまた貴方を愛します
1本 私にはあなただけ
 
 
150201roseoosaka2
 
 

2015.02.22

伊東小室山のつばき鑑賞会

昨日から伊東小室山公園つばき園で「つばき鑑賞会」が始まった。
まだ咲き始めの感じであまり華やかではなかった。
20年前に「第4回全国つばきサミット」をここで開催した時に全国から頂いたつばきがもとになっているというが、1.5haに4000本のつばきはなんだかせせこましく、立派な名札が付いているのも《つばきの見本園》の感じを強めている。樹木園なら熱海の梅林や大室山さくらの里の余裕が欲しいのである。
 
150221komuroyamatsubakifes12
 
150221komuroyamatsubakifes01
 
150221komuroyamatsubakifes10
 
150221komuroyamatsubakifes04
園内の「つばきの館」には120種のつばきが一輪挿しに飾られていた
~~~~~~~~~~~~
椿で思い出されるのは安達潮花と瞳子親子の物語である。
勅使河原蒼風より10才年長の安達潮花は「安達式挿花」で一世を風靡し、「草月流」に先駆けて戦後の生け花界をリードした。
長男が陶芸に去ったあと娘瞳子に流派を継がせていたところ、瞳子は突然「私は桜を活けたい」と言って家を出た。昭和43年、潮花80才瞳子31才の時である。
失意の潮花は翌44年に亡くなる。
潮花は椿を愛し世田谷の自宅に1万5千本の椿を集めていた。
その椿はのちに椿を社章とする資生堂が引取ったという。
 
~~~~~~~~~~~~
 
昭和31年 草月流勅使河原霞24才は10才も年上で妻と2児を持つ商社マンの許に奔る
昭和38年 池坊専永と保子(旧華族、のち参院議員)の結婚
昭和43年 安達瞳子家出して「花芸安達流」創流
 
華やかな時代であった。我らの生きた時代である。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
森下一義 a sailor and a gardener

2015.02.18

祭壇の写真

昨日は東京ドーム球場の「世界ラン展 日本大賞2015」を見に行きました。
わが家から徒歩6分のバス停「四辻」を7時40分に乗って帰り着いたのが18時40分、延べ11時間のうちバス内が7時間、後楽園界隈が4時間でした。
 
ラン展は例年とあまり変わりが無いように見えました。
人出もまあまあですし、ショップの蘭の値段もそんなに変化はないようでした。
 
私はランの花の色や形など技術の変化や進歩にはあまり関心が無く、植え方やディスプレイに眼が向きます。
そんな中で、日本の春蘭とシンビジュームを掛け合わせて作出し「和蘭」と名付けられた新種に惹かれました。これなら伊豆で地植えが出来るかもしれないと思ったのです。
その中の「松風」を4000円で購入しました。本当は「ひなまつり」が欲しかったのですが、花付きの鉢が売り切れでした。
 
20150217_122927
今年の日本大賞作品
 

​全景 充分暖房されていてコートを着たままだと暑いほどでした
 
 
 
假屋崎省吾さんのブースです
 
和蘭 ひなまつり
 
キャノンが写真を撮ってプリントしてくれるサービスをしていたので少し並んで撮ってもらいました
右手にカメラ、左手にメモ帳を掲げて意気がってみせたのですが、眼がまるきりショボクレています。
妻に<祭壇の写真みたい>と言われました。
 

2015.02.14

バタフライガーデン

一昨日はハンギングバスケット協会静岡支部の年次総会でした。
10月に「全国マスター会」という大行事をやり遂げた後だけに、和やかな雰囲気でした。
静岡支部の会員数は80名で、伊東市には2名だけです。
 
アトラクションに静岡県立図書館・谷野純夫館長を招いて「館長の庭談義・本談義」の講演がありましたが、私にはこれが素晴らしかった。
谷野さんは中学高校の頃から蝶狂いだったそうで、現在浜松の自宅に理想の4-500坪のバタフライガーデンを作っておられます。
日本に「バタフライガーデンの作り方」の本は1冊しか無いそうで、世界中から集めた100冊もの参考書の写真は圧巻でした。
 
「蝶が息吹を与えなければ、庭は静止画のままである。」
多分著名な方の有名な言葉なのでしょうが、私もまったく同感です。
フジバカマ、ブッドレア、メドーセージなど、早速もっと植えましょう。
「庭の3B」という言葉も教わりました。「バード、バタフライ、ビー(蜂)」です。
蜂談義も留まるところを知らないほどでした。
 
帰宅して妻に話したら「私も聞きたかった!」と嘆きました。彼女は私以上に蝶狂い、鳥狂いです。
150214
ブッドレア
 
150214_2
メドーセージ
 
150214_3
アサギマダラとフジバカマ
 

2015.02.02

ふきのとう

大沢温泉さくら祭りの俳句の締め切りが1月末で、とにかく4句ひねり出すために夫婦とも四苦八苦したのであった。
出来栄えは4月に短冊を見に行くまでお待ち願いたい。
しかしその中の1句だけ、今宵ご披露しよう。
 
愛犬の鼻を頼りに蕗の薹  信子
 
犬は決して蕗の薹を嗅ぎ当てない。妻の苦し紛れの1句である。
豚とトリュフの関係がちらっと頭を掠めたのであろうか。
いずれにしろ数合わせのための駄句である。選者の勘違いを当てにしたのである。
 
ところがである。
今日、妻が散歩に連れ出したロビーは蕗の薹の出た空き地の前で立ち止まったのであった。
たちまち今夜の夕食となった。
150202fukinotou
 
実際は丁度そこでロビーが好きな知人に会ったためなのだが、いずれにしろ犬のおかげで蕗の薹にありついたのであった。
 
 

伊豆ガーデニングクラブ 総会&バラ講演会

昨日は伊豆ガーデニングクラブIGC の総会でした。

IGCでは例年総会に合わせて会員外の市民にも参加を呼び掛けて講演会を催します。
今年の講演会はバラの作種家の寺西菊雄先生をお招きしました。
先生の作出された多くのバラのスライドを見ながら、作者ご自身からいろんなエピソードをお聞きすることが出来ました
その多くがそれぞれ名誉ある賞を受賞されています。
バラのかけ合わせの仕方など、これまで聞いたことのないお話を聞くことが出来ました。自分でも出来そうな気がしてきました。
この講演会の実行にはローズ部会の幹事さん方のなみなみならぬご尽力がありました。
スライドも香月さんが手作りなさいました。
ご苦労に感謝します。
~~~~~~~~~~~~
話を聞きながら私が欲しくなったのは次の2点です。

​ローズオオサカ 「世界バラ会議大阪大会2006」シンボルローズ

​フレグラントヒル 「第1回国際香りのバラ新品種コンクール」金賞
~~~~~~~~~~~~
総会の議題
・会員数 113名 (昨年1月比5名増)
・会計報告 残高70437円 順調
・会費値上げ 夫婦会員のみ2000円→3000円/年に値上げする。
・会員への連絡 不十分だった点があり改善する。
・26年度活動実績 計画通り実施した。
・27年度行事予定 各部会幹事から計画の概要説明があった。行事予定件数25件。
 
 

« January 2015 | Main | March 2015 »