« 書評の切り抜き | Main | 朝日広告賞と出光 »

2014.07.21

7人制ラグビーの女性主将

まずは写真をご覧ありたい。
ブルーのジャージーが竹内主将である。
1407207menrugbytakeutiaya

 
 
20日、7人制女子ラグビーの最終戦が行われ、アルカス熊谷がラガール7を破って優勝を決めた。
写真はアルカス熊谷の竹内主将の雄姿である。
 
 
アルカス熊谷は立正大学の女子部員が軸となって結成されたチームである。
そこへ京都大学文学部哲学科卒でバレーボールをやっていた竹内亜弥が加わった。
竹内は2016年のリオ五輪出場を目指してラグビーに転向し、勤務先の新潮社を2016年まで休職してラグビーに打ち込んでいる。
身長167cm、体重68kg、26才。
 
 
小田寿典君よ、貴兄の後輩であるぞよ。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
森下一義 a sailor and a gardener and a old rugger

« 書評の切り抜き | Main | 朝日広告賞と出光 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/60020948

Listed below are links to weblogs that reference 7人制ラグビーの女性主将:

« 書評の切り抜き | Main | 朝日広告賞と出光 »