« June 2014 | Main | August 2014 »

2014.07.31

省庁の看板

いつの頃からか省庁の新設の際、時の大臣が看板を書く慣習となっている。
今朝の朝日新聞が稲田朋美の書いた「内閣人事局」の看板を取り上げている。
140731calligraphyinadaminister
書家の石川九楊が評する。
「基本的で最も大切な均衡・均等・安定性を欠き、ここにあるのは見せかけの力強さや勢いだけだ。
まさに今の安倍政権全体を象徴している。」
「書は自らをさらけ出す『自己暴露装置』だ。素養のない政治家が安易に筆を執るべきではない。」
 
石川九楊について詳しくは知らないが、よくぞ言い切った!!!
惚れ直した。
 

2014.07.24

イスラエル・ボイコットのポスター

 
イスラエルを支援している企業の一覧ポスターです。
皆でボイコットしましょう!
 
コカコーラ、ペプシ、ネッスルがありますねえ。
ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、スターバックスもあります。
 
中国系ばかりでなく米国系も禁忌系になってきた。忙しいことです。
 
ZIONISMはシオニズムです。
 
170723

2014.07.22

朝日広告賞と出光

今朝の朝日新聞紙面に「朝日広告賞」の発表が出ていた。
右側は「一般公募の部」で、電通入社2年目の人が出光の広告を作ってくれたのである。
左側は「広告主参加の部」で、ビクターの広告である。
 
140721asahiadidemitsujvch

 
 
140721asahiadidemitsu2h

顔はアポロマーク、赤丸は風船である。
小さく、「ニッポンのエネルギー 出光」と書いてある。
 
~~~~~~~~~~~~
 
 
ビクターの広告は、今度ビクターが発売する高橋真梨子のデビュー40周年記念アルバムのキャンペーンである。
アルバムの名前を「高橋40年」としたのもデザインのうち。写真には「高橋真梨子は、ウイスキーである。」の文字がある。審査員はこのコピーにしびれたのだそうだ。
 
~~~~~~~~~~~~
 
ところで私は出光OBである。
私の娘はビクターOBである。連合いはビクター現役である。
芽出度い日、と言うべきであろう。
 
 

2014.07.21

7人制ラグビーの女性主将

まずは写真をご覧ありたい。
ブルーのジャージーが竹内主将である。
1407207menrugbytakeutiaya

 
 
20日、7人制女子ラグビーの最終戦が行われ、アルカス熊谷がラガール7を破って優勝を決めた。
写真はアルカス熊谷の竹内主将の雄姿である。
 
 
アルカス熊谷は立正大学の女子部員が軸となって結成されたチームである。
そこへ京都大学文学部哲学科卒でバレーボールをやっていた竹内亜弥が加わった。
竹内は2016年のリオ五輪出場を目指してラグビーに転向し、勤務先の新潮社を2016年まで休職してラグビーに打ち込んでいる。
身長167cm、体重68kg、26才。
 
 
小田寿典君よ、貴兄の後輩であるぞよ。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
森下一義 a sailor and a gardener and a old rugger

2014.07.20

書評の切り抜き

日曜日は新聞の読書欄・書評を読むのが楽しみである。
いずれ読もうと思った本の書評を切り抜くのも楽しい。
購読していない新聞の書評をネットで見たりもする。
 
 
しかし老来浅く知ったことばかりが増えて、すぐに「ああ、これか・・」と見切ってしまう。本当はそうではない筈なのに。
好奇心も薄れてきているのだろう。
1冊も切り抜かない週が多くなり、淋しい。
 
 
数年前から実際に切り抜くのではなく、ケータイのカメラで撮ってクラウドに保存している。
FE-Snapというアプリで撮ると自動的にEvernoteに保存してくれる。
これは検索機能が強力なのがいい。切り抜きにはそれが無い。
Niftyのブログ(ココログ)に載せておくのも検索対応だったのだが、容量が増えすぎたのか検索が当てにならなくなった。
 
 
今日は久しぶりに7冊も撮って(保存して)楽しかった。
そのうちの1冊は「仮想通貨の衝撃」(E・カストロノヴァ KADOKAWA)であった。
 
 
切り抜いた本は、買うか、図書館に購入を依頼するか、図書館で借りるか、に分かれる。
書評欄の本は新刊なので、入荷と同時に予約が殺到し借りて読むのは当分先になる。購入依頼は図書館が通常買わないような本に限られる。
 
 

2014.07.13

「琥珀磨き体験工房」のこと

妻がやっている「琥珀磨き体験工房 アトリエ・ブルーアンバー」のことを何と呼んだらいいのだろう?
 
商売と言うにはあまりにつましい。
副業というには別に正業がなければならない。
外の人に呼びかけて来てもらうのだから内職ではないだろう。
士業という言葉があるが、それは知識の販売であって妻のような技術の体験とは違うようだ。
茶道や生け花の師範に近いが、これは家元制度に支えられた階級世界である。妻には先生も弟子もいない。
 
 
 
 
それでも1人でぼそぼそと8年続けている。
偉いものだ。
 
~~~~~~~~~~~~
何をやっているのか、動画にしてみました。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
伊豆高原・森下一義

2014.07.09

生け花レッスン、点取り立花

昨日は森本先生宅で生け花レッスンでした。
 
先生宅で教わりながら活けたものを持ち帰り、我が家で再現します。
花材はアガパンサス、モントブレチア、アジサイ(ダンスパーテイ)、ギボシです。
全部わが家の庭から調達しました。
わが家には大きな花をデイスプレイする舞台が無く、写真もよく撮れません。
 
300円で買ったトルコキキョウと先生の庭のムクゲです。
 
レッスンの途中、皆で近くのハス田に出掛け、一枝頂いてきました。
 
 
~~~~~~~~~~~~
以前、後鳥羽上皇と<点取り立花>のことを書きました。
http://pcc-gardendesign.cocolog-nifty.com/weblog/2014/06/post-4e72.html 
昨日先生のお宅から「日本の伝統 1いけばな」(淡交新社 昭和42年)をお借りしてきました。
取りあえず眺めていたら、末尾の年表に「1629年(寛永6年)宮中で点取り立花が行われ、池坊専好点数をつける」の記述を見付けました。
身近に置きたい本なのでAmazonで探したら古本で出ていたので早速注文しました。
 
~~~~~~~~~~~~
<点取り立花>のことを先生(小原流)に伺ったら、「点数は付けるわよ」と言われました。
昇段試験の時のようで、100人受けたら100人が同じ花材で同じテーマで活けるのだそうです。
どうも<点取り立花>とちょっと違うような気がします。
 
~~~~~~~~~~~~
私が<点取り立花>にこだわるのは、ずっと庭の採点が成り立つかどうかにこだわっているからです。
 

2014.07.05

拉致疑惑-左右同罪

昨日、「この問題はあまり追求しない方がいい」と言ったI代議士を旧民社党?と書いたが、そうではないのであった。
自民党政府で国家公安委員長まで務めた大物であった。
彼は1991年、日朝友好促進議員連盟訪朝団の総団長であった。
 
~~~~~~~~~~~~
1996/4/15、自由民主党衆議院議員の中山正暉が会長となり、超党派の議員による「北朝鮮拉致疑惑日本人救済議員連盟」(旧拉致議連)が設立された。
当初中山は「拉致問題が解決するまでは北朝鮮に対して食糧支援を行わない」と発言するなど強硬な姿勢を見せ、議連も一致してその原則で臨んでいた。しかし中山は1997年11月に平壌を訪問して以降、急遽各方面に拉致事件否定説を発表するなど不可解な行動を見せた中山の態度豹変により旧拉致議連は活動休止状態に陥った。その後も中山は、2002年3月20日、拉致被害者である有本恵子の母・嘉代子に電話をかけ、「日本人が日本人を連れていったもので、北朝鮮の工作員が関与していないという話の方が有本さんを帰国させやすい」と説明した。議連メンバーや救う会関係者、支援者から批判を浴びた中山は「日朝友好議員連盟会長」と「北朝鮮拉致疑惑日本人救済議員連盟」の両会長を辞することになった。 (Wikipediaによる)
 



~~~~~~~~~~~~
社民党は、社会党時代の1963年に第一次訪朝団を派遣して以来、朝鮮労働党との交流を積み上げ、「朝鮮労働党唯一の友党」を標榜してきた。
社民党機関誌『月刊社会民主』1997年7月号では、「20年前に少女が行方不明になったことは事実だが、それが北朝鮮によるものというのは何一つ根拠がなく、元工作員の矛盾だらけの又聞き証言やその他の意味付けがされて生まれたのが実態であり、日本政府が食糧支援をさせないために最近になって創作された事件である」という社会科学研究所「月刊日韓分析」編集員北川広和による記載がなされ、以後、北朝鮮と長年友好的な新聞各社やニュースステーション、筑紫哲也 NEWS23等で「拉致事件は日本政府による陰謀」としたコメントや文章がしばしば流布された。2001年、日本人拉致事件が明るみに出て以降も同論文は同党の公式ホームページに掲載され続けた。  (Wikipediaによる)
 
~~~~~~~~~~~~
拉致そのものを上回る不可解な現象が日本を覆っていたようだ。
 
 
パチ*コ資金なのか?
 

花泥棒、召集令状、拉致被害者

三島市で行われていた「全国花のまちづくり三島大会」で花壇の花が70本も抜かれて川に捨てられる事件があったが、このほど犯人が逮捕された。 自動車のナンバーから。
幸いにして伊豆オープンガーデンでまだこのような被害にあったことは無い。
~~~~~~~~~~~~
追記1
先信でAKBのメンバーを使った自衛官募集のYouTube動画のことをお知らせしたが、現在18才の男女高校生全員宛てに自衛官勧誘の郵便物が発送されているらしい。
~~~~~~~~~~~~
追記2
拉致被害者の調査はもう30年も昔のことであり、北朝鮮内にても大変な作業であろう。
ところで日本国内において拉致被害者の調査は、当時どのように行われたのだろうか?
何故あれほど被害が拡大したのだろうか?
何故加害者を突き止められなかったのか?
日本のマスコミはそこを追及し明確にして再びの悲劇を防いでくれ
当時<あまり追究しない方がいい>などとしたり顔でしゃべっていた政治家の顔を覚えている。民主党(当時は民社?)のI議員である。 あれは何だったのか?
 

2014.07.02

毎日毎日おいらはてっぺんの・・・

連日やまももの処理に追われてつい<泳げたいやきくん>が口についてしまった。
 
やまもものシーズンである。
1週間前から落ち始めた。落ちたのを放っておくと発酵して匂うようになるし虫もつくのですぐ回収しなければならない。毎年のことなので、用意のネットを張った。
 
このように溜まる。「瑞光」という種類である。
 
今日は朝7時に1.5K回収したあと、午後2時にこれだけあった。これで6Kある。
 
未熟の実や夾雑物を除いて1粒1粒へたを取り除く。それだけの処理に1時間以上かかる。
もう1週間続いて、まだそれくらい続くだろう。恐怖の季節である。
<毎日毎日おいらはてっぺんのー>と口に付くのである。
なおこの段階では水洗いはしない。柔らかい果肉が水を吸ってしまうのである。
 
ジャム作りとかリカー酒とか、自家消費の量をとっくに超えている。
たまりかねて妻がこんな張り紙を出しているが、持っていってくれる人はいない。
仕方がないので頭を下げて配り歩くのである。
 
よろしければ動画もご覧あれ。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
伊豆高原・森下一義

私の事務所遍歴

このところ変に昔づいている。
 
 
1.私が出光に入社した頃の出光本社は昭和通り4丁目、歌舞伎座に隣接したビルであった。
  そのことをどこかに書いていたらしい。
  懐かしい、といってメールをくれた人がいた。
 
2.インターネットの始まる前、パソコン通信の時代があった。1985-1990年頃が盛りであった。
  その頃私は<PCオーシャンヨットクラブ>というSIGを主宰していた。
  やはり有力SIGを主宰していた(SIG-OP)Tさんから突然電話があった。「64才で、そろそろリタイアなのでクルージングでも始めたいがどうだろう?」 そして訪ねてきた。
 
3.私は1995年にアナポリスでマリンサーベヤーの講習を受けた。
  その記事をどこかで見たらしく、「アナポリスのことを聞きたいので一度訪問したい」という電話があった。若い女性の声であった。 心待ちにしている。
 
~~~~~~~~~~~~
ネット上の記録はいつまでも残るし検索出来るので自分の記録にはとても便利である。
しかし誰が見るか判らない。
おかしなことは書けないと自戒している。
自分が死んだらサーバー利用料を払わなくなるので抹消されると思っている。
YAHOOとかLivedoorの無料サーバーがどうなるのか、よく知らない。
 
Twitterは面倒なので利用していない。
Facebookもいい加減な付き合いである。
 
 
~~~~~~~~~~~~
 
昔の歌舞伎座横のビルを聞かれたついでに、私の事務所遍歴を思い出してみた。
 
昭和通り4丁目-歌舞伎座隣出光ビル
仙台国分町(東一番丁の裏通りに独身寮)
八重洲埼玉銀行ビル
パレスホテル
帝劇ビル
千葉栄町給油所2階
神戸新開地給油所2階 (栄町も新開地も色街である)
清水駅前-清水支店
静岡駅前―静岡支店
青山一丁目-東京支店
帝劇ビル
三河御津マリーナ
 
随分派手なところが多かった。
出光佐三のおかげである。
 
 

« June 2014 | Main | August 2014 »