« 花泥棒、召集令状、拉致被害者 | Main | 生け花レッスン、点取り立花 »

2014.07.05

拉致疑惑-左右同罪

昨日、「この問題はあまり追求しない方がいい」と言ったI代議士を旧民社党?と書いたが、そうではないのであった。
自民党政府で国家公安委員長まで務めた大物であった。
彼は1991年、日朝友好促進議員連盟訪朝団の総団長であった。
 
~~~~~~~~~~~~
1996/4/15、自由民主党衆議院議員の中山正暉が会長となり、超党派の議員による「北朝鮮拉致疑惑日本人救済議員連盟」(旧拉致議連)が設立された。
当初中山は「拉致問題が解決するまでは北朝鮮に対して食糧支援を行わない」と発言するなど強硬な姿勢を見せ、議連も一致してその原則で臨んでいた。しかし中山は1997年11月に平壌を訪問して以降、急遽各方面に拉致事件否定説を発表するなど不可解な行動を見せた中山の態度豹変により旧拉致議連は活動休止状態に陥った。その後も中山は、2002年3月20日、拉致被害者である有本恵子の母・嘉代子に電話をかけ、「日本人が日本人を連れていったもので、北朝鮮の工作員が関与していないという話の方が有本さんを帰国させやすい」と説明した。議連メンバーや救う会関係者、支援者から批判を浴びた中山は「日朝友好議員連盟会長」と「北朝鮮拉致疑惑日本人救済議員連盟」の両会長を辞することになった。 (Wikipediaによる)
 



~~~~~~~~~~~~
社民党は、社会党時代の1963年に第一次訪朝団を派遣して以来、朝鮮労働党との交流を積み上げ、「朝鮮労働党唯一の友党」を標榜してきた。
社民党機関誌『月刊社会民主』1997年7月号では、「20年前に少女が行方不明になったことは事実だが、それが北朝鮮によるものというのは何一つ根拠がなく、元工作員の矛盾だらけの又聞き証言やその他の意味付けがされて生まれたのが実態であり、日本政府が食糧支援をさせないために最近になって創作された事件である」という社会科学研究所「月刊日韓分析」編集員北川広和による記載がなされ、以後、北朝鮮と長年友好的な新聞各社やニュースステーション、筑紫哲也 NEWS23等で「拉致事件は日本政府による陰謀」としたコメントや文章がしばしば流布された。2001年、日本人拉致事件が明るみに出て以降も同論文は同党の公式ホームページに掲載され続けた。  (Wikipediaによる)
 
~~~~~~~~~~~~
拉致そのものを上回る不可解な現象が日本を覆っていたようだ。
 
 
パチ*コ資金なのか?
 

« 花泥棒、召集令状、拉致被害者 | Main | 生け花レッスン、点取り立花 »

Comments

So it would be wrong to consider these games simply a way of losing time and getting some thrills. They are also responsible for creating two malicious games that help spread malware ' Gameover Zeus and Cryptolocker. Many industries laptop or computer games are continuously establishing their techniques and strategies to ensure appealing games.

In reality, I don't recommend online only life upport classes at all. But there are also many programs available online for cheap or for free. Before performing NRP the trainees however, are required to take NRP certification.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/59932812

Listed below are links to weblogs that reference 拉致疑惑-左右同罪:

« 花泥棒、召集令状、拉致被害者 | Main | 生け花レッスン、点取り立花 »