« February 2014 | Main | April 2014 »

2014.03.27

MOOCのこと

MOOCに関心を持っている方は多いと思う。
中にはチャレンジ中の方もいるかもしれない。
 
昨年モンゴルの片田舎の15歳の少年がハーバードの数学の講座を受講して満点で修了し、奨学金を得てハーバードに入学したという。
1つの講座に世界中から数万~数十万人が受講するらしい。
 
私にはとても縁の無い世界と思っていた。
ところが「癒しと憩いのライブラリー」でボランテイアをするようになって、図書館について何も知らないことに気が付き、MOOCを思い出した。
無料で素晴らしい講座を受けてみようか。
 
結局エデックス(edx MITとハーバードで設立)で< Library Advocacy Unshushed >という講座を見付けて受講することにした。
トロント大学の Wendy Newman  先生の講座である。
 
~~~~~~~~~~~~
3月10日に受講開始して、早くも立ち往生している。
講座の開始が2月20日で、スタートで20日の遅れがあったのが決定的だが、そもそも完遂しようとの決意が薄かった。
途中で出される設問や討論に対応出来ていない。
 
最後まで行って<不合格でした>では情けないので、とにかくエントリーして喰らいついている今の段階でご報告する次第である。
 
~~~~~~~~~~~~
何百もある講座で各数万人の受講者のうち修了証を得るのは平均して5%程度というから、私が落ちこぼれるのはさほど恥ずかしいことではない。
と思っている。
 
 

電車に挨拶?

私の母はこの3月で100歳になる。
施設に入っているが会話はしっかりしているし自力で食堂まで歩く。
みんな揃ってのお祝いは昨年すませたので、今年は妻、娘、孫とわが家だけでのお見舞いであった。
 
新幹線で上京し、JR、私鉄など乗換え乗継ぎ、その都度切符を買う。
妻が見兼ねてSUICAを買えと言う。きょろきょろ、うろうろ、年寄りが危なっかしくて見ていられないと言う。
娘が私を売り場に連れて行き、金の入れ場所、ボタンの場所を示してくれてやっとSUICAを入手した。
 
~~~~~~~~~~~~
私はこれまでSUICAを持つことを拒否してきた。
その理由。
 
切符売り場で金を払って切符を買うのは電車に対する挨拶である。
 
~~~~~~~~~~~~
俳諧は<挨拶>の要素を含んでいるという。
集まった同好の士に対して、場所を提供してくれたスポンサーに対して、発句はまず<挨拶>から始まらなければならない。
 
芭蕉は千住から「奥の細道」の旅に出立した。
<行春や鳥啼き魚の目は泪>
千住は魚屋が多い町だという。芭蕉庵を建ててくれ、後の始末まで頼んだ弟子の杉風は幕府ご用達の魚問屋の旦那であった。この句の<魚>は杉風であり、杉風への挨拶である。
また陶淵明「帰田園居」の「羈鳥は旧林を恋し、池魚は故淵を思う」を踏んでいるという。
 
ついで日光に立ち寄り、<あらとうと青葉若葉の日の光>と詠んで幕府に挨拶を送った。
 
この時期よく思い出される<さまざまの事思い出す桜かな>は、芭蕉が故郷伊賀で最初に仕えた蝉吟の年忌で、故主の遺族への挨拶である。
 
~~~~~~~~~~~~
子規に始まる近代俳句は写生を第一とし、<挨拶>は不純として排した。
近代俳句は芭蕉を超えられない。
 
~~~~~~~~~~~~
私は切符を買うことを電車に乗る<挨拶>とした。
 
妻は「こんな思考回路の男と50年一緒に居る苦労を解ってよ」と娘にこぼした。
 
私は心中、「もうしばらくの辛抱だよ」と呟いた。
 
 
 

2014.03.22

「癒しと憩いのライブラリー」へ図書寄贈

 
「癒しと憩いのライブラリー 」については先に書きました。
 
そこでボランテイアを始めたことも書きました。
 
そして私のガーデン関連図書の寄贈のことも書きました。
 
やっとその図書が棚に並びました。
私の寄贈分が130冊。他のガーデン関連図書が40冊。
計170冊でガーデン関連だけの棚を作ってもらいました。
 
埋め込み画像 1
 
埋め込み画像 2
 
埋め込み画像 3
黄色い線内がガーデン関連です
 
「癒しと憩いのライブラリー」全体で2万5千冊の0.5%ですが、「私の本棚」が出来たような気分です。

2014.03.20

ガーデン マリーナ ダンス

ガーデン、マリーナ、ダンスと私の愛する3つの言葉を並べた。
この3つに共通するキーワードは何であろうか?
 
ハウステンボスである。
 
~~~ガーデン~~~~~~~~~
ハウステンボスにはもう6,7回行っているが目的はガーデンである。
素晴らしかった。
 
埋め込み画像 1
 
埋め込み画像 2
 
埋め込み画像 3
 
埋め込み画像 4
 
埋め込み画像 5
ホテルの中庭
 
埋め込み画像 6
構内最奥部のパレス・ハウステンボスの裏手にあった整形式庭園。
 
<素晴らしかった>と過去形で書いた。これらは2005年の写真である。どこも花に満ち溢れていた。
2011年、2012年と行った時にはガーデンの状況は様変わりしていた。
例えばホテル中庭の花壇はパンジーとかペチュニアの花壇になり、奥の整形式庭園は手入れされず庭でなくなっていた。
 
<ガーデンのハウステンボス>が放棄されたわけではない。
「ガーデニング・ワールドカップ」など新たな企画が始まり、それなりの集客をしていた。
しかしどこか違う。コンセプトが違う。ガーデンの底が浅い。
理由は明らかだ。経営主が変わったのだ。
 
ハウステンボスは1992年に開場した。
広大な敷地。桟橋付の別荘。マリーナ。構内だけで3つのホテル。構外にはJALやANAのホテルが並ぶ。
素晴らしい夢の舞台だったが当初から赤字が続き、2000年に創業者の神近義邦氏が辞任した。
その後西鉄、野村ホールデイングなどが乗り出したがどうにもならなかった。
 
2010年、佐世保市および九州財界総意の形でHISの総帥澤田秀雄氏の出馬を願った。
そして、澤田氏はなんと1年で黒字化を達成した!
いろいろ条件を付けたようだが、なんたる辣腕であろう!
2014年3月、澤田氏は佐世保市から10年間の固定資産税免除の約束をもらっていたのに、「黒字になったから。」と免除の条件を返上したと伝えられる。
 
20年以上赤字の続いたガーデンを黒字にするために庭の様子が変わったからとて、私には何も言う言葉は無い。
 
 
~~~マリーナ~~~~~~~~~
 
ハウステンボスに海路入るためには佐世保湾から針尾の瀬戸を通って大村湾に入らねばならない。
 
埋め込み画像 1
日露海戦時、「敵艦見ゆとの報に接し・・・、本日天気晴朗なれど波高し」の電報を
送ったアンテナとして名高い
 
埋め込み画像 2
西海大橋をくぐる
 
埋め込み画像 3
右の潮を見よ 7ノットを超える これで潮止まりを走っている 前方の堰を抜けると大村湾
 
埋め込み画像 4
これがハウステンボス・マリーナである
 
私はヨットで3度針尾の瀬戸を抜けてここに入った。
関東のセーラーとしてはいささか誇らしい。
 
ところでマリーナの採算はどうなっているか。  まったく知らない。
ただ、苫小牧、芦屋、広島など5カ所のマリーナ運営をしていた「ベルポート・ジャパン」という会社が資金繰りに困り「マリーナ・ジャパン」に肩代わりした。
この「マリーナ・ジャパン」が澤田氏の系統だと聞いている。
 
 
~~~ダンス~~~~~~~~~
今朝の新聞を見て目を剥いた。
「ハウステンボス歌劇団」が生徒募集をしているではないか!
 
埋め込み画像 5
 
どうやら昨年構内に歌劇場を作ったらしい。
そして劇団員の卵の生徒募集を始めた。25名。年限1年。
入学金10万円、授業料55万円/年、寮費3.7万円/月、制服代自弁
身長158cm以上、痩身、容姿端麗、芸能人としての自覚をもてる人  だそうだ。
 
楽しいね。
 

2014.03.15

花きり鋏

Facebook上での友達、南房総でカーネーション園をやっている岡崎英二さんからこんな写真が届きました。
 
いいですね。良い道具を手に入れた喜びが伝わってきます。
 
~~~~~~~~~~~~
「鋏新調」
鋏新調しました!カーネーション専用に打たれた鋏です。長さがあって奥まで挿しこみ易く、幅も狭くツナギも丸く潰してありネットに引っかかりません。切れ味も抜群で水の上がりが全然違います!
切花は切り口で花保ちが全然ちがいますからね。生産者から基本をこだわらないと最高の物が次に繋げませんから♪
鋏が新しいので花切りスピードも格段にUP!!
さぁ! 切って切って切りまくりです!!
頑張りましょう!
埋め込み画像 1
 
~~~~~~~~~~~~
 
アマゾンで花きり鋏を見たら500円から8000円でありますが、これはもっと高いのでしょうね。
見るからにいいな。
 
 
 
 

2014.03.09

大室山の山焼き

今日は大室山の山焼きでした。
 
当初予定は2月9日(日)でしたが大雪で流れに流れて今日に到りました。
これまで4度延びたことはあるが5度は初めてだそうです。
 
埋め込み画像 1
12時丁度に花火で着火が合図されます
 
埋め込み画像 2
左右の稜線に炎が見えてきました
 
埋め込み画像 3
燃えましたが、まだ雪が残っているせいか炎が盛大でありません
 
埋め込み画像 4
着火からこれまで25分です
 
~~~~~~~~~~~~
埋め込み画像 5
今朝の川奈の定置網 大羽いわし30t、ブリ・ワラサ120本
 
~~~~~~~~~~~~
埋め込み画像 6
昨夜の南伊豆青野川のライトアップ 名付けて「夜桜流れ星」  (鈴木こなみ撮影)
 
 

2014.03.06

川奈ホテルの観桜会

今日は伊豆ガーデニングクラブ の川奈ホテル観桜会でした。
 
ここにはいろんな桜がありますが、今回は特に大島桜の満開を狙いました。
寒桜はもうすっかり終わって、おかめ桜が見事でした。
曇天で非常に肌寒い日でしたが昨日の雨を思えばはるかにましです
眼福は人の心まで温めてくれます。
 
埋め込み画像 1
メインダイニングを貸切です
 
埋め込み画像 2
おかめ桜
 
埋め込み画像 3
お目当ての大島桜
 
埋め込み画像 4
 
 
埋め込み画像 5
 
 
埋め込み画像 6
大島コース-1番ホール
 
埋め込み画像 7
 

« February 2014 | Main | April 2014 »