« 戒名のこと | Main | 俳句の〆切 »

2014.01.29

臓器移植のこと-または鬼の話

つくづく健康保険証を眺めていたら、裏面にとんでもない表示があった。
「臓器提供意思表示欄」というもので、1と2が「臓器提供の意志あり」に○を付けるようになっている。
すぐに「3.私は臓器を提供しません」に○を付けた。
 
気が付けば運転免許証の裏面にも同じ表示があったので3に○を付けた。
 
危ないところであった。
 
~~~~~~~~~~~~
インドの昔話にこんな話があるという。
旅人が空家で一夜を明かした。鬼が死骸を持って入ってきた。その後から来た鬼と
取り合いになり、旅人にどちらのものか言えと命じた。最初の鬼のものだと言うと後
からの鬼は怒り、旅人の手を身体から引き抜いて床に投げた。前の鬼は死骸の手を引
き抜いて旅人にくっつけた。後の鬼が旅人の脚、胴、頭とすっかり引き抜き、その度
に前の鬼が死骸の脚や胴をくっつけてくれた。旅人の身体がすっかり入れ替わってし
まうと、二匹の鬼は仲良く半分ずつ死骸を食ってしまった。
旅人は驚き、自分の身体はどこの誰ともわからぬ人の死骸になってしまい、生きてい
る自分が本当の自分かどうか判らなくなった。そこで寺にとびこみ、「自分の身体は
あるのかないのか」と聞いた。
坊さんは言った。「人間の”われ”は仮のものだ。人は”われ”にとらわれて苦し
む。仮のものだとわかれば苦しみはなくなる。」
~~~~~~~~~~~~
 
私はもう10年以上も前から、この喩え話を何度か引用してきた。
出所は判らないままだったのだが、今回やっと調べがついた。「大智度論」という仏典だそうだ。
「私は何処に在るのか」を考える論だそうだ。龍樹という偉いお坊さんが書いたものだという。
 
しかし私には臓器移植の話としか考えられない。
 
脚、胴、頭が入れ替わった自分が自分のままであるとは考えられない。
臓器移植の医師は鬼である。
私は臓器移植に反対である。
 
 

« 戒名のこと | Main | 俳句の〆切 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/59033002

Listed below are links to weblogs that reference 臓器移植のこと-または鬼の話:

« 戒名のこと | Main | 俳句の〆切 »