« June 2013 | Main | August 2013 »

2013.07.22

科学と理性に背を向けた人-山本太郎

私は3・11以降の山本太郎の顔を見るのも嫌でずっと遠ざけてきたが、今回遂に東京都選出の国会議員になってしまった。
チャンネルを変えるのに忙しい。
 
私は以下の石井孝明氏の意見に全面的に賛成する。
 
 
~~~~~~~~~~~~

科学と理性に背を向けた人を信任

yamamototaro-thumbnail27月21日の参議院選挙は自民党圧勝という結果になった。私は特定政党を支持しないが、自民党の影響力が強まり政治が混迷して、何も決められない状況が終わることは一国民としてうれしい。

ところが残念なことがあった。東京選挙区で反原発を過激に主張する俳優の山本太郎氏が当選したことだ。私は原則として選挙での民意を尊重する。しかし山本氏は当選するべきではないと考えていた。
これまで問題政治家は多かったが、山本氏は特異な異様さを持っている。彼は福島原発事故をめぐってデマの発信を繰り返し、テロリストや極左暴力集団との関係を公言。さらに科学、理性、そして選挙関連の法律の無視を公然と行った。もっと恐ろしいことは、この人に東京都民で60万人以上の多数の投票があったことだ。

偉そうに聞こえたら恐縮だが、私はこの結果に「日本社会の敗北」という感想さえ抱いた。そして「悪霊」(意味は後述)が社会を覆った恐怖を感じた。科学的な判断力を養わない教育、有名人に面白がって投票する幼稚な政治文化、理性的な判断をしない情報弱者の多さなど、日本で観察される問題の悪しき集大成が、山本氏の当選につながっているように思えてしまう。総じて日本人の大半の人の見識の高さを私は信頼しているが、一部に危うい行動をする人がいることを確認できた。

もちろん私は山本氏を全否定することも、会ったこともない彼を激しく憎むこともない。山本氏は福島原発事故への怒りを前面に出したが、それは私も共感する。彼の強調した放射能への不安も当然だろう。そしてすべてを放り出して、愚直に政治運動をした彼の姿を嫌いでない日本的な心情を私は持つ

しかし科学と理性に背を向けた山本氏の異様な行動については決して認められない。

山本氏による騒擾は混乱だけを生んだ

私はエネルギー・環境問題の取材を続ける記者だが、そこで福島原発事故に遭遇した。放射能をめぐるデマを機会があれば打ち消し、機会あるごとに以下の主張をした。

「放射能について不正確な情報を垂れ流す事は、誤った行動を誘発し、人の生活、命、健康に情報で害を与えかねない」

「原発の是非の主張と、今起きている放射能のリスク評価の問題はまったく別である。前者は自由に語ればいい。人々の不安につけ込んで後者を強調して前者を語ってはいけない。誤った情報は風評被害を生み、福島という地域を壊し、ムダな損失を人の人生と社会と日本全体に加える」

「各種調査で示されているように、今回の原発事故で健康被害が起こる可能性は極小である。それなのに膨大な対策を行うことで、福島と被災地の復興が遅れ、数兆円単位の無駄なカネが使われている。冷静になって現状を考えるべきだ」

ところが状況は、これらの主張と真逆に動いている。エネルギー政策、放射能防護政策で今起こっていることを一言でまとめれば、「混乱」だ。多くの人々が冷静に原発事故に対処したのに、一部のノイジーマイノリティーが、科学的知見を無視。そして理性ではなく「怖い」「原発嫌だ」という感情を爆発させ、社会の合意形成と政策の遂行を妨げている。

山本太郎氏はこの2年半、騒擾の中心の一人だった。いちいち取り上げるのは面倒であり、掲載させていただくアゴラの品位を落としかねないので、以下のNEVERまとめを参照してほしい。

デマッターとしても著名な山本太郎さんが、ついに選挙演説でもデマをまきちらし始めた

【参院選2013】反原発山本太郎への登場を検討していたが、調べてみたらカオスすぎてやばい件

さらに山本氏の周囲には異様な取り巻きがいる。選挙では、テロリスト集団の中核派が支援を表明。(池田信夫氏記事「山本太郎は中核派支援候補」)また菅直人元首相周辺に食い込んで、北朝鮮と関係のある新左翼セクト「MPD ・平和と民主運動の関係者が山本氏の選対に入り込んでいるとされる。

21世紀になって、1970年代に暗躍したテロ集団らが亡霊のように復活した。こうした団体の関与の全貌を部外者が掴むことはできないだろうが、とても不気味だ。山本氏はこれらの集団は勝手に応援したとしているようだが、どこまで恐ろしさを認識しているのだろうか。

冗談ではなく、参議院と議員会館の治安・防諜対策を、各議員と議会事務局がしなくてはならない。山本氏を利用して、中核派や北朝鮮関係団体が活動する可能性がある。民主主義を否定する集団が、民主的手段の選挙によって国政に入り込む。この状況は異常だ。

山本氏は、当選インタビューで「当然原発利権に絡んだ人たちが僕を妨害してきます。僕の味方は一票を投じてくれた有権者だけです」と述べた。勝手に脳内に敵と味方をつくり対決姿勢を強めている。6年地位にある参議院議員という立場で、これまでの2年半の騒擾を繰り返すのだろうか。うんざりだ。

< 中略 >

503px-Thomas_Jefferson_by_Rembrandt_Peale,_1800

山本氏が行うべきこと--教育による科学的知見の獲得

私の言葉が届くかどうか分からないが、山本太郎氏、そしてその支援者は、セーガン氏の言葉を噛みしめてほしい。当選によって、自己満足に浸るべきではない。これまでのようにその行動と発言によって多数派の他の日本国民、特に被災地、福島の人々に迷惑をかけ、悲しませないでほしいと私は願う。これからは理性と科学に背を向けた行為を続けることは議席を持つ責任を引き受けた以上、決して許されない。そのために今後、エネルギー問題と放射能について自発的に学び、また専門家から教育を受けて科学的な知見を身につけ、理性的な判断力を養ってほしい。

そして山本氏を当選させたのが民意なら、彼を警戒し、監視するのも民意である。誤った行動は徹底的に批判されなければならない。

私はまだ「話せば分かる」という希望を持っている。この人たちも、そしてそれを批判的に眺める多くの人も「教育のない民主主義は無意味である」という言葉を噛みしめてこの選挙結果に向いあうべきだ。学び、科学と理性を尊重する取り組みをすれば、「暗黒の世界」にはまることは避けられる可能性が高い。その先に恐怖からの解放、そして放射能問題の解決と、福島の復興があるはずだ。

石井孝明
環境・経済ジャーナリスト ishii.takaaki1@gmail.com
ツイッター:@ishiitakaaki
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
伊豆高原・森下一義

2013.07.14

大移動

1階の2間、約30畳の床を貼り替えることになった。築後30年の家である。
床は堅木の板張りで全く傷みは無いが、サイドが組みになって斜めに釘が打ってあり剥がしての再利用は難しいという。
床下も乾燥していて問題は無いのだが、垂木が弱かった。そのため床が緩んできた。
 
工事の理由は部屋の使用目的の変更である。
妻が2階の寝室への乗降に先行きの不安を感じたのである。寝室を1階に降ろしたい-そのための工事である。
 
~~~~~~~~~~~~
大移動である。
私のパソコン環境は2階へ移る。
 
埋め込み画像 1
奥の本棚の整理で、手前のダンボール箱4箱を古本屋に送った。
同じくらいを廃棄した。
そしてなお、写真に見えるように残っている。
 
古本屋に送った中に岩波文庫の「ローマ帝国衰亡史」(村山勇三訳 全10巻)もあった。もう50年近くわが手元にあり、色が変わりカバーのパラフィン紙がパラパラと散るほどになっていたが、それでも棄てずに古本屋に送った。先方がどう扱うかは知らないが。
藤沢周平や阿佐田哲也の殆ど全著作もあった。
 
こんな本棚があと4つあるが、それは今回触らない。
 
~~~~~~~~~~~~
3階の書庫に「大言海」(大槻文彦 冨山房)全4巻がある。皮装版の大冊である。妻の母方の祖父高島一雄のものだったが私が譲り受けた。苦学して東京農大を出て、陸軍獣医総監を務めた人である。
「そうかい。もらってくれるかい。」と祖母みやがつぶやいたのが忘れられない。きっと入手した時の家計の苦しさが思いだされたのであろう。
漢和辞典は「大漢和辞典」(諸橋轍次 大修館書店 12巻)があり「大言海」を使うことはないのだが、とても捨てられない。
 
埋め込み画像 2
 
~~~~~~~~~~~~
1階にはまだ妻の「琥珀磨き工房」があり、今回私の寝室は2階のままである。
 
私は将来1階に移るにしても、この家で最後を迎えたい。
病んだらどうするのか?動けなくなったらどうするのか?
そのためにロープワークを極めたでないか。
庭にトリ○○○が植えてあるではないか。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
森下一義
私の提言―高齢化社会対策として
《出生児に直ちに選挙権を与える》
《未成年者の選挙権行使権を母親に与える》
《鎮痛薬(自殺薬)の規制を緩和する》

2013.07.12

<源氏香占い> クラウドファンディング3-ハドソン川にプール

130712poolkickstarter

<NYのハドソン川に水の浄化設備を備えたプールを浮かべよう>というプロジェクトがクラウドファンディングの KickStarter で25万ドルの募金を始め、3000人の支援者を集めてこのほど目出度く終結しました。
計画の詳細
こういう企画が現実のものになるのがクラウドファンディングの醍醐味ですね。
 
 
ところで<源氏香占い>のクラウドファンディングへの登録は、まだまだその段階に至りません。
1つの商品を創り上げて発売にこぎつけるのは大変な仕事です。
 
問題点の1つに<源氏香占い>サイトへのアクセスが全く上がらないことがあります。FBやココログからはぼちぼちですが、特にこのMLからのアクセスがありません。
まだ未完のサイトですが、たまには覗いてみて下さい。
どうぞよろしくお願い致します。
<a href="http://www.genji-oracles-through-aroma.com"><香道と源氏物語で占う「平成源氏香占い」のページ></a>
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義

2013.07.08

南伊豆のジオサイト巡り

「まちこん伊東」の「まちづくり講座」-「南伊豆ジオサイト巡り」に参加してきました。
 
大型バスで補助席まで一杯の人気講座です。私が一昨年伊豆半島と本州の衝突現場を見て感激したのもこの講座でした。
伊豆は国のジオサイト指定を受け、さらに世界の指定を受けようと努力中です。組織作り、ガイドの養成、現場の整備などに大童です。このツアーにも資格取得したばかりの俄かガイドが大勢参加していました。
 
今回巡ったのは主に石廊崎、妻良・子浦あたりの海底火山が噴火してその後隆起して陸上の地形となっている現場の観察です。
 
~~~妻良・子浦~~~~~~~~~
カヤック体験を募ったら30名の応募があり、定員オーバーで23人を選んだら経験者は3人、女性18人のほぼ全員が60才以上です。元気のよさに参ります。
当日は風が強く漁船も港外に出られなかったのに全員がカヤックをマスターして縦列になって帰ってきました。
130705geotourkourakayak1

 
私は漁船での観察グループに入り、ガイドから説明を受けました。
妻良の港は私には忘れられない思い出(ヨットでの)が幾つもあるのですが省略します。
昼食をとったお店の若おかみ(アラサ・フォ)とアラサーの船頭が目と耳を皿にしてガイドの説明を聞いていました。地元に育ちながらまったく聞いたことの無い知識だそうです。
130705geotourmeracave3


若おかみも船頭も渋皮のむけたいい女いい男で、誰かが「夫婦か?」と冷やかしたら、女性の方が「そうじゃないのよ。婿に来い、と云ってるんだけど、なかなかね。」と嘆いていました。
 
~~~南伊豆休暇村~~~~~~~~~
宿泊は弓ヶ浜の南伊豆休暇村でした。昔の国民休暇村が民営の休暇村チェーンになっているようです。37か所あるそうです。バイキングで、1万円で、結構でした。
 
~~~逢ケ浜~~~~~~~~~
130706geotouroonohama08
後ろの岩を見て下さい。柱状節理というんですよ。
 
~~~雲見、烏帽子山、千貫門~~~~~~~~~
伊豆の西海岸を航走ると田子の尊の島、雲見、波勝などが目印です。雲見の烏帽子山はその姿の良さにかねて憧れていました。こういう岩が崩れずにいるのは海中で噴火・隆起した岩脈だからだそうです。
130706geotourkumomiebosiiwa

ところがなんと「まちこん伊東」のH会長は昨年この頂上に登ったというのです!思わず年齢を聞いたら69才。私より9才若いが。
そんな話をしていたらユミ子さんが言いました。「私は昭和25年、5才で祖母と一緒にここに登りました。松崎から雲見までポンポン蒸気に乗りました。」現在68才か。
「子浦出身の詩人石垣りんの詩にポンポン蒸気が出てきますよ。」と教えたのですが、帰宅して詩集を探したが「汽船」は何度も出るけど「ポンポン蒸気」は見当たりません。今度ユミ子さんに謝らなければ。
 
~~~松崎・石部の棚田、ゆうすげ公園~~~~~~~~~
松崎に棚田があります。私はサボって降りなかったけど皆さん律義に相当下まで降りてまた登ってきました。
130706geotourishibunotanada03

上に湖も川も無いのにどうして棚田があるのか。海底が隆起した地形の上に陸上の火山が噴火した岩石などが堆積すると、隆起した地面は固い岩で水を通さず、陸上噴火の堆積が水を貯えます。こうして陸上火山のあとはなだらかな優しい地形になるのだそうです。ゆうすげ公園もそんな場所です。
 
~~~山陰海岸ジオパーク~~~~~~~~~
私が今回最もびっくりしたのが、山陰ジオパークから来たIさんのお話です。
もともと日本は大陸とくっ付いていて、2000万年前頃に離れて日本列島になったのだそうです。知りませんでした。伊豆が本州にくっ付いたのは6,70万年前だけど。
このIさん、大阪から山陰にダイビングに通っているうちに地元のお兄さんと結婚して、そこが民宿でお姑さんに喧しく料理を作らされて、参ったなと思っていたらダイビング中にダンゴウオとやらを発見して、それが評判になってダイバーが押し寄せ、その案内で料理から解放されたというお姐さんです。そしてジオに魅せられて今ではジオの伝道師として全国を飛び回っています。
 
 
地学の先生、歴史の先生、いろんな先達がいて、中には東海バスの運転手だった人もいて、いろんな話が聞けて、とても有意義なツアーでした。
 

2013.07.07

<源氏香占い> 香包みの工夫

一旦は香から逃れて筮竹にしようかとまで思い詰めましたが、やはり線香に戻ったことは先に書きました。

香りが薄れる線香の弱点をどう克服したのか?

それはマーキングです。
ユーザーは香りを嗅ぎ当てたいと思うと同時に、早く吉凶の結果を見たいとの思いがあります。
殊に出勤前やお出かけ前に<源氏香占い>をする場合、香りの判別よりも早く源氏香図と吉凶判断を見たいでしょう。

それで、香包みの裏面下部に中の線香の名前を入れることにしました。
急ぐ人は5包選んだ香包みをホルダーに並べて、裏面のマークを見て源氏香図を描きます。
多少線香の香りが薄れてもこれなら<源氏香占い>が続けられます。

香包みの用紙の材質は柿渋和紙で検討中です。
防水性と耐久性があり、シャッフルのハンドリングに耐えるでしょう。
現在具体的なデザインをクラウドソーシングLancersで aさんにお願いしています。

「香りと源氏物語で占う<平成源氏香占い>ゲーム」

 

 

2013.07.04

「足立たば・・・」追記

先信「足立たば・・・」にO兄より下記のメッセージを頂きました。
感銘深いので皆様にご披露します。
 
O兄、どうも有難うございました。
 
~~~~~~~~~~~~
諏訪兼位という人はご存知かもしれませんが名古屋大学教授、日本アフリカ学会会長などを務めた経歴を持つ地球科学の研究者です。

私は地球の生成過程やアフリカ大陸の地形に細々ながら関心があり、同氏の『アフリカ大地溝帯の謎』(講談社選書メチエ)を読んで同氏が短歌を読むことを知りました。氏はアフリカ在中に手紙代わりに短歌を夫人に送っていましたが、その一つを夫人が投稿して朝日歌壇に掲載されたものが「あとがき」に紹介されていました。

「ザンビアの銅延棒に腰おろしコカコーラ飲みし国境の町」がそれ、宮柊二選です。
ほかにも数首が紹介されていますが文学的な味わいの深いものに「ランボオの辿りしあとを訪ね行くアビシニア地溝を風吹きわたる」があります。私は朝日新聞の購読を止めてから久しいのですが一度彼の歌を見つけて「ははぁ、やってるな」と思ったことがありました。貴兄のメールで「足たたば」を紹介してもらいましたが私のような
腹の太くない人間は何歳か知らないが「おんぶにだっこ」の売名的な登山を壮挙と思うわけにはいかない。少しは諏訪先生の度量に学ぶべきなのだろう。
ちなみに上記の本は大変な力作です。残念ながら、度量も視野も狭い日本の読書界ではあまり読まれた気配がない。
~~~~~~~~~~~~
 
”売名的登山”は同感ですが、私もあと3年でと思うとまた別の感慨もあります。
黒潮丸
 

2013.07.01

謎の鳥-ガン

どなたの作か判らなくなっているのですが、傑作です。

~~~~~~~~~~~~
日本には謎の鳥がいる。
正体はよく分からない。
中国から見れば「カモ」に見える。
... 米国から見れば「チキン」に見える。
欧州から見れば「アホウドリ」に見える。
日本の有権者には「サギ」だと思われている。
オザワから見れば「オウム」のような存在。
でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。

「カッコウ」だけは一人前に付けようとするが
お「フクロウ」さんに、「タカ」っているらしい
それでいて、約束をしたら「ウソ」に見え
身体検査をしたら「カラス」のように真っ黒、
疑惑には口を「ツグミ 」、
釈明会見では「キュウカンチョウ」になるが、
頭の中身は「シジュウカラ」、
実際は単なる鵜飼いの「ウ」。
「キジ」にもなる「トキ」の人だが

私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。

<源氏香占い> クラウドファンディング-2

クラウドファンディングはいいものだ。
 
新作でコンサートを開きたい者、東北の被災地でチャリテイを行いたい者、新しい玩具を製作したい者、カンボジアに図書館を贈りたいグループ、これらやる気がありアイデアのある人間にとっては実にいいシステムだと思う。
 
一方、資金を出す側にとっては「出資」ではないことが今一つ物足りない。
そのプロジェクトがいかに成功しようが発展しようが、最初に援助したという満足感、名誉、しか得られない。
小口の出資は出来ないものか。
 
☆☆☆
クラウドファンディングが評判になるにつれ、このニーズは強い。
それあってか、<金融庁はクラウドファンディングで小口出資を可能にする法整備を準備中。来年にも提案か。>の噂が流れた。
ほう、役所にしては珍しく手回しのいいことで、と気楽に考えていた。
 
☆☆☆
しかしこれは毒薬だ。
自分たちがコントロール出来ないクラウドファンディングという金融システムがどんどん大きくなっている。何とかならないか。
と役人が知恵を絞ったのが「小口出資OK」なのだ。
これを餌にクラウドファンディング全体を取り込もうとの魂胆だ。
 
☆☆☆
クラウドファンディングのプラットファーマーたちよ。
お気を付けあれ!
騙され召さるなよ。
フリー&オープンこそ発展の源泉です。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義
 
 

« June 2013 | Main | August 2013 »