« <源氏香占い>ストーリー Genji-koh Emblem | Main | 一日一花-アジサイ »

2013.06.05

<源氏香占い> はじめは押し花

~~~押し花~~~~~~~~~
「源氏香図」に強烈なインパクトを受けて、まず私が考えたのは<押し花>で源氏香図を書くことでした。今の私には花が一番身近ですから。
(私は何でも自分でやってみたくなるくせがあります。だから何事も自分の手の届く範囲に納まって、大きく発展することが出来ません。)
 
「押し花で源氏香図のラインを貼ったら綺麗だろうな。」と思いました。
色とりどりの52種の源氏香図。
しかしそこまででした。綺麗は綺麗だろうけど、一度貼ったら、そこからの発展が見えない。私はグラフィックデザイナーではないのだから綺麗な図を作っても仕方がない。
 
花に香りを付けることも考えました。
しかし52種類の源氏香図にそれぞれ異なる香りを付けても、人はそれを嗅ぎ分けることはできない。
 
押し花は諦めました。
 
~~~ゲームとしての源氏香~~~~~~~~~
源氏香はゲームです。ゲームとしての源氏香の問題点を考えました。
・座の遊びで、10人前後の人数が必要らしい。
・1ゲームで数時間の時間がかかる。
・火を使用するのはやはり危険を孕む。
・香を焚いた順番を当てるだけではゲーム性に乏しい。

これでは現代人の遊びにはなりません。
 
~~~源氏各帖の吉凶~~~~~~~~~
そのうちに、源氏物語の各帖に吉凶があることを知りました。
格別の謂れは無いようですが、江戸の頃から各帖に付いているようです。
「源氏の薫り」(尾崎左永子)に少し解説がありました。

130605

 
~~~香り当てゲームから占いゲームへ~~~~~~~~~
これこれ! 香の順番を当てるより、出来た源氏香図の吉凶をみる方が面白いゲームになるじゃないか、と思い付きました。
 
そうなれば話は早い。何人も集まらなくても1人でも楽しめる。
香木を香炉で焚かなくても匂袋や文香の香りを聞いて源氏香図を作ればいい。
源氏各帖の吉凶は別に冊子を作ろう。
 
アイデアは一気に広がりました。
 
-この項おわり 続く-
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義

« <源氏香占い>ストーリー Genji-koh Emblem | Main | 一日一花-アジサイ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/57530338

Listed below are links to weblogs that reference <源氏香占い> はじめは押し花:

« <源氏香占い>ストーリー Genji-koh Emblem | Main | 一日一花-アジサイ »