« May 2013 | Main | July 2013 »

2013.06.30

<源氏香占い クラウドファンディング

最近”クラウドファンディング”の用語を目にすることが増えた。
~~~~~~~~~~~~
クラウドファンディングとは、ウエブ上でコンテンツ制作やプロジェクトの遂行に必要な資金を広く募る仕組みのことだ。考えること、夢見ることは無料だが、その実現にはお金がかかる。その間隙を埋めることが目的のサービスで、たとえば Kickstarter というサイトがある。
このサイトでは、あるアイデアの実現に資金を必要とする人が、ウエブ上で資金集め=ファンドレイジングを呼びかける。プロジェクトの主旨とと目標金額を示し期間を限定して資金を広く募る。期間内に目標額に達すればよし。目標額に達しなかった場合はプロジェクト自体が破棄され、資金は全額返還される。
プロジェクトとしては映画やアート作品の製作、美術館の修繕、コンサートの実施等から、ボートによる辺境の探検のようなものまである。この他にショップやレストランの開業資金を募る現実的なものまである。
~~~~~~~~~~~~
 
これはメディアコンサルタント池田純一が2011/3に書いた記事である。(「ウエブ文明論」2013/5 所収) 
Kickstarter のスタートは2009年である。
 
現在(2013/6)わが国でもクラウドファンディングとして10社に余るプラットフォームがある。
中で大手(と思われる)のキャンプファイヤーの活動開始が2011/6である。
最近では「助成金申請よりも簡単!」とネット広告を打っている社もあるほどだ。
キャンプファイヤー  http://camp-fire.jp/
ReadyFor  https://readyfor.jp/
 
 
☆☆☆
要するにネット上でクラウド(群衆)から小口の資金を集める仕組みだが、最大の特色は「出資ではない」ことだろうか。
出資ではないから金銭的な見返りは無い。見返りはそのプロジェクトの成果物、サービス、名誉などである。キャンプファイヤーでは「リターン」、ReadyForでは「引換券」と称している。
出資となればそれこそあらゆる金融規制が引っ掛かってくる。
クラウドファンディングには規制が無い。 クラウドファンディングに資金を出しても税法上の寄付金控除は無い。
 
☆☆☆
クラウドファンディングには資金を集める以外の効果もある。
まずマーケッテイングである。多くの人に計画を知らせる効果がある。計画を知った人がまた友達に知らせるビバレッジ効果もあるだろう。
プロジェクトが成立しなければ、それだけ人気が無い計画なのだと覚ることにもなる。
 
☆☆☆
こうして私がクラウドファンディングに関心を持つのは、<源氏香占い>の製品化にクラウドファンディングを利用してみようかの思いがあるからであります。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義
<源氏香占い>  http://www.genji-oracles-through-aroma.com/ 
 

2013.06.29

<源氏香占い> 線香離れ?

線香離れ?
 
本当の源氏香では香木片を香炉で焚きますが、「平成源氏香占い」ゲームでは代わりに線香の匂いを嗅いで源氏香図を描こうという目論見です。
そしてそれを冊子「源氏各帖吉凶判断」と照合するのです。
線香と冊子がゲームの柱です。
 
その線香に重大な弱点があります。
香りの持続性です。
 
火を点けない平温での線香の香りの持続期間について、線香メーカーが発表したデータはありません。
多くの人に聞いても、<2,3年だろう>の答えしかありません。
これではちょっと困ります。
お客様の手に届いて2年程度しか使えないようでは商品性に欠けます。
まして「平成源氏香占い」ゲームは海外への香道の知識啓蒙・普及を図ろうとしているのです。
 
ゲームの仕組みを考えながらも、ずっとこの弱点が気になっていました。
線香を入れる香包み・袋の材質で対処出来ないか。
内側をラミネート貼りした袋をサンプル入手したりしました。
線香に特別に香料を増強してはどうか。
線香包みだけ追加注文出来るようにしよう。
 
線香ではない方式も考えました。
カードはどうだろう?サイコロは?
そして<筮竹>に辿り着きました。
 
筮竹なら易占に用いられるものだし、それほどの違和感はないのではないか。
25本の竹棒から5本を選び取る動作も好ましいように思いました
早速筮竹を取り寄せました。高いものではありません、4000円でした。
筮竹は50本セットで、長さは40センチ前後です。半分にして長さも半分にすればちょうど源氏香の25包の香包みになります。
しめしめ。
 
埋め込み画像 1
 
こうして一時期、すっかり筮竹使用に傾きました。
 
しかしどうしても踏み切れませんでした。
やはり源氏香は香道に発しているのです。
香を離れて生きる途は無いでしょう。
 
結局線香の香包みに戻ったのですが、香りが薄くなってもゲームを続けられる方策を考え出しました。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義

2013.06.28

伊東市民病院前の植栽

IGCの皆さんからの寄付苗で植栽した伊東市民病院玄関前の花壇が、2ヶ月たって狙い通りの効果を上げています。
今日の写真です。
 
 
埋め込み画像 1
 
埋め込み画像 2
 
埋め込み画像 3
 
ガウラが終わりかけて、ベルガモットとギンギツネが盛りに入ろうとしています。
追っかけてリアトリスやブッドレアが咲くでしょう。
 
見事ですよ。 病院だからあまり見に行ってとは云えませんが。
 
 

2013.06.27

足立たば・・

足たたば雪くはましを子規の夢三浦雄一郎エヴェレストに立つ
(名古屋市 諏訪兼位)
 
今週の朝日歌壇の選歌である。
子規には歌集「竹乃里歌」に<足立たば>の連作があるという。
 
~~~~~~~~~~~~
足立たば北インヂヤのヒマラヤのエヴエレストなる雪を食はまし
足たたば不尽(ふじ)の高嶺のいただきをいかづちなして踏み鳴らさましを
足たたば黄河の水をかち渉(わた)り崋山の蓮の花切らましを
足立たば大和山城うちめぐり須磨の浦わに昼寝せましを
~~~~~~~~~~~~
 
われの五体満足なることをあめつちに感謝する。
 
 
 
 

2013.06.26

やはりマッコウクジラ?

やはりマッコウクジラだったようです。
 
~~~~~~~~~~~~
あの、ビデオを解析された専門家のコメントがありました。マッコウ鯨の頭部は、捕鯨船の銛でも角度が浅いと跳ね返すそうです。

この映像の最初にマッコウ特有の噴気が確認され、丸いこぶ状の鰭?も確認できます。このあとに3頭の体があり衝突前に2頭いるので5-6頭の群れです。流していないし、泳ぎはそこそこやったので、子供がいてたのではないかと

シャチの襲撃で子供を守っているマッコウクジラの群れを観察したことがあります。単独なら、ヨットをかわしたと考えています。それくらい動きを止めてしまうのがマッコウクジラなんで、何かをかばったとしか思えないんです。
~~~~~~~~~~~~
Facebookで 宮下通昭氏のコメント

2013.06.24

辛坊氏の自己責任?

辛坊氏はカメラの前でこう述べた。
 
「これだけ多くの方にご迷惑をかけたことを考えると、計画からすべてを含めて私の責任です。」
 
一見しおらしそうに聞こえる。
しかしヨット仲間からは異論が沸き起こっている。
「準備万端整え、万全を期して出港した航海であろう。そこで事故が起きたことがどうして自己責任なのか?」
「事故をもって自己責任とされるのでは、今後航海に出られない。
 
辛坊氏は現役時代殊更に事故の原因責任よりも自己責任を強く主張する人だったという。
 
~~~~~~~~~~~~
 
この事件、マストのカメラが衝突時の音と海面の映像を捉えている。きわめて異例である。
海面を黒い影が走る。 いずれ詳しく解析されるだろう。
堀江謙一氏は慎重に「カジキではないか?」と述べていた。
私はクジラかと思っていたが、だとしたら艇体がもっと持ち上げられるのではないかと、画を見て思った。
 
~~~~~~~~~~~~
 
同じ海域で昨日19トンの漁船が真っ二つに割れて沈没した。
乗組員8人は救助されたが(1名不明)、直前に自船より大きな船に衝突されたという。
 

2013.06.23

生け花レッスン ホスタなど

昨日は森本先生の生け花レッスンでした。
 
埋め込み画像 1
花材はわが庭から。ホスタ、アガパンサス、リアトリス、るり玉あざみ、ホスタの葉は4種類あります。
最初に私が投げ入れた状態。
 
埋め込み画像 2
先生が手を入れて下さいました。
 
埋め込み画像 3
帰宅して活け直しました。 花瓶は砥部焼。


 

2013.06.22

海自のUS2

辛坊さんたちを救助した海自の飛行艇US-2です。
 
埋め込み画像 1
 
3mの波高でも着水離水出来るそうです。
世界的な名機と云われています。新明和工業(宝塚市)製。100億円。
 
先月末インドのシン首相が来日した際、インドへの輸出が話し合われました。
敵味方識別装置を外せば捜索救難などの非軍事目的の航空機と見なせるようになり、輸出が可能になるのではないかとされています。

2013.06.20

買わない決意

現在体重が82キロあります。
いかに私でもこれは多過ぎる。
2ヶ月ごとに自主的に検診に通って糖尿病のラインに達していないことは確認しているのですが、やはり減量願望はあります。
先日庭仕事で1.7キロ減りました。汗水を含んでいるということ。
 
昨日はハンギングバスケット静岡支部の研修旅行で浜北方面に出掛けました。
この地方の名物は「みそまん」だそうで、皆さん2箱も3箱も6箱も買っていました。お土産にするのでしょう。10個1箱で950円です。
私も1つ招ばれましたが、<揚げまん>みたいな感じもあってとても旨い饅頭でした。
 
さて私はどうしたか。
1箱も買いませんでした。
買えば10個のうち7個は確実に私の胃の中に入るでしょう。
買わなければ入らない。
 
私は<食べない決意>は出来ませんが、<買わない決意>なら守れるかもしれません。
当分この線でいきます。

2013.06.17

<源氏香占い> 線香屋さん

<源氏香占い> 線香屋さん

さて、このところ<源氏香占い>の着想から内容の説明までいろいろ書いてきました。
それでどうするの?

ご案内の通り<源氏香占い>は線香の香りと冊子「源氏香・吉凶判断」を組み合わせたゲーム商品です。
まず線香があって、その香りがあってゲームが始まります。
そして冊子です。
冊子については私の手作りですから、もうだいたい印刷原稿の段階まで仕上がっています。

商品にするためには線香をどうするのか、線香屋さんと相談しなければ話は進みません。
線香屋さんと話をするにあたり、私なりに考えました。

~~~製造と販売~~~~~~~~~
1.私が線香屋さんから線香を仕入れて「香りの径本舗」として商品に仕上げて発売する。
2.線香屋さんに製造・販売の一切を委ねる。「冊子」だけを当方から納入させてもらう。

考えてみれば私には線香関連の商品を販売するルートもノウハウも何もありません。
個人ネットで細々と売るくらいしか思い付きません。楽天に家賃を毎月5万円払う度胸はありません。
「やはり線香屋さんに売ってもらおう。私は冊子の印税が入ればいい。」と考えました。

そして<源氏香占い>企画・提案書を作成しました。

~~~松栄堂さんのこと~~~~~~~~~
京都に松栄堂という300年の歴史のある老舗の線香屋さんがあります。
このお店が源氏物語が書かれて1000年目という2008年の源氏千年紀にいろんな記念行事を行いました。
例えば源氏54帖それぞれに因む絵を京都の54人の日本画家に描かせています。
私が各帖の要約に最も頼りにした馬場あき子「掌編-源氏物語」も松栄堂がスポンサーでした。
今も「源氏のしおり抄」のシリーズ名で多くの商品を出しています。
 
埋め込み画像 1
 
埋め込み画像 2

実は今年2月、宇治神社で大吉のおみくじを抽いた後松栄堂さんに寄ったのです。
そしていろいろ拝見し、小物を購入しました。

源氏香に関わる商品ならゲームであれ何であれ松栄堂さんに相談するのが真っ当な筋です。
しかし私は松栄堂には相談しませんでした。
老舗だからといって臆するものではありませんが、私の考える<源氏香占い>ゲームと松栄堂の商品ではコンセプトが違います。
松栄堂が関わればとんでもなく上等な、高価なものになるでしょう。想定する購買層も変わります。
私に香の世界に眼を開かせたSさんも同じ意見でした。

(しかし最近松栄堂の扱い商品に「紋かるた・源氏香図」が加わっていることを発見しました。この分なら「平成源氏香占い」も扱ってもらえるかもしれません!)

~~~線香屋さんへの提案~~~~~~~~~
そういうわけで線香屋さんに提案することにして、まず某社にメールを送りました。
「こういう企画があるのだが検討してもらえないか。関心があるようなら企画・提案書を送ります。」

結果は没でした。
次々と4社に送ったのですが、全社とも「ご期待に添えない。」の返事でした。
しかもこのうち3社は企画・提案書を見るまでもなく断りでした。

私は断りの理由を次のように考えました。
1.線香屋の経験からこのような商品は売れないと判断した。
2.ゲーム商品は店のラインナップに相応しくない。
3.素人のアイデアに付き合っても面倒なことばかりだ。

~~~そして今は~~~~~~~~~
自分で作りますか。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義
 
 

一日一花-ウチョウラン

はは。今日は川瀬さんではありません。
 
ちょうど我が家のウチョウランが勢揃いしていたのでご紹介します
 
埋め込み画像 1
 
毎年きれいに咲いてくれます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2013.06.16

<源氏香占い> クラウドソーシング

クラウドソーシングという言葉があります。
自分の仕事の一部をネット上で呼びかけて下請け作業してもらうことです。
下請け業者を固定するのではなく、その都度不特定多数に呼びかけて募集するのが特色のようです。
 
さて私はこのほどクラウドソーシングを活用しました。
6月13日の記事<冊子作り>で、私の使用している源氏香図がコピペしたもので気になっていると書きました。
その解決を図ったのです。
 
仕事を発注する人と受注したい人を結びつけるビジネスをクラウドソーシングサービスというようです。
そのビジネスは各社ありますが、私は「ランサーズ」を使っています。
14日に「ロゴをトレースして綺麗にしてもらいたい」と依頼を出したら、たちまち10人ほどから応募がありました。
検討して1人(北海道の女性)を選んで仕事をしてもらい、何度かやりとりがありましたが15日中に作業完了しました。
そして今朝16日、支払いを完了しました。(カード決済)
 
費用はロゴ1つ当たり100円で、当初考えていた額の半分で済みました。
 
埋め込み画像 1
 
埋め込み画像 2
 
上がコピペ品、下が書き直し品です。
 
わずかな費用で気分がいいです。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義

2013.06.15

<源氏香占い> WordPress

今どき、何事かしようとすればホームページは必須でありましょう。存在証明みたいなものです。
 
ホームページがいいかブログがいいかは論が分かれます。
私は全く素養のないままに18年前から参考書を片手に必死になってHTMLの拙いホームページを作ってきました。
それだけにHTMLに愛着はあるのですが、近年WordPressというホームページともブログともつかない方式が流行ってきました。
サーバーに・・・などと難しいことを言わず、画面から入力出来るし、検索エンジン対策もいいのだそうです。
 
老骨、老頭に鞭打ってなんとかWordPressで<源氏香占い>のサイトを作りました。
まださっぱり要領を得ないのですが、一応形だけは載っています。
 
人生、大変ですね。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義

2013.06.13

<源氏香占い> 冊子作り

冊子作りについて少し語りましょう。

~~~帖名~~~~~~~~~

埋め込み画像 1

1306024yuugaoprintscreen

源氏54帖の名前の英文表記に手こずりました。
静岡県立中央図書館のレファレンスで「『源氏物語』54帖巻名英訳一覧表」の存在を教えてもらいました。
それからサイデンステッカー、ウエイリー、ヘレン・C・マッカラ、末松謙澄ら4人の訳例を並べ、一番好きなのを選びました。
 

~~~源氏香図~~~~~~~~~

埋め込み画像 2
1301123

源氏香図はネット上のあちこちのサイトに溢れています。
デザインそのものの著作権はとっくに切れているでしょうが、個々の図は誰かイラストレーターが描いたもので、そこに著作権はあるのかもしれません。
しかし実際にはコピーにコピーを重ねられ、どれを誰が描いたか判らないのが実情でしょう。

それと、同じタッチで描かれた52個の源氏香図だけをバラバラに載せたサイトは見つかりません。何かの部分か、何個かまとめて載せてあります。
私はそのうちの一種をコピーし、切り分けて使用しました。

源氏香図は「平成源氏香占い」の根幹をなすものですからコピーのままでは釈然としない気持ちがあります。
いずれ1つ1つトレースして磨き直してもらうつもりでいます。

なお5種25包から5包を選んで嗅いだ順番に書く源氏香図が52個になるのは、「nCr=nCn-r=n!/r!(n-r)」で計算されるそうですが私には解りません。

~~~吉凶~~~~~~~~~

デザインにもともと吉凶があるはずは無いのですが、宛てられた源氏物語各帖の筋書、内容によって吉凶が定められてきました。
染物屋の「紋帖」などに出ているもので由来ははっきりしません。1例では吉が24帖、凶が28帖だそうです。(源氏の薫り-尾崎左永子)

「平成源氏香占い」では恋愛運、仕事運、生命運の3方に分けて、吉47%、中30%、凶23%にしています。

~~~要約~~~~~~~~~

和文
とても苦労しました。
私には原典は全く読めませんし、現代文訳も読んだのは遥か大昔の与謝野晶子訳と谷崎潤一郎訳で、今更新しい全訳を読み直す余裕はありません。
抄訳や簡約はいろいろありますが、短いだけにうっかりすると剽窃になります。結局一番頼りにしたのは「掌編-源氏物語」(馬場あき子)でした。
冊子は<A5版>の制約があるのでスペースが少なく、物語の一部しか要約出来ていません。

英文
Gengoの翻訳に手を入れて用いました。料金は1帖分で約1500円です。
『「源氏物語」英訳についての研究』(緑川真知子/著 武蔵野書院)なんかも読みましたよ。

~~~表紙~~~~~~~~~

埋め込み画像 3

130214illustbywptitleethin

まだ決めていませんが大体こんなデザインです。イラストだけが購入で、ほかは私の手作りです。
最終的にはプロに頼まなければいけないかもしれません。

イラストはイラスト工房とランサーズを使っています。
過去の作品例を見て作家を選び、構図や小道具、色調を指定して料金もこちらから希望を出すと先方の建値より安く出来ます。

~~~印刷・製本~~~~~~~~~

本当は和紙に印刷し和綴じにしたいのですが、コストがどうなるか。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義

2013.06.11

<源氏香占い> 商標登録

<源氏香占い> 商標登録

読者からご質問を頂きました。
まだ発売前のアイデア商品の内容をブログに書いてしまって大丈夫なのか?」
はい。一応<源氏香占い>のフレーズを商標出願してあります。この3月に出願したばかりでまだ登録にまで至りませんが、先願は無かったようです。

質問2.「このゲームはどれくらい時間が掛かるのか?」
例えば出勤前の忙しい女性が机の前で25個の香包みから5つを選びます。そして香りを嗅いで記録紙に線を引いて源氏香図を作成します。一覧表から帖名を見て冊子のページを開き、その日の吉凶を案じます。5分から10分でしょうか。
時間のある時は開運厄除けのお線香(ミニサイズ)を1本焚きましょう。

~~~~~~~~~~~~

商標登録の話になってくるとデザインが気になります。

構成要素のうち、冊子は私の縄張りですが、香包みと開運厄除け香は線香屋さんの世界です。まだ製造メーカーが決まらないので取りあえず冊子の方だけ考え始めました。
それでこのイラストを作りました。
 
埋め込み画像 1
このイラストには謂れがあります。
私はかって、「茶道に茶会記があり華道に立花図があるのに、なぜ庭巡りに庭会記が無いのか。」と憤慨していました。
そして庭巡りの記録のためのサイト「お庭・訪問記」を作り、携帯記入用のノートを作りました。
 
埋め込み画像 2
 
 
埋め込み画像 4これを二つ折りにしたノートです。

サイトに多くの訪問記を集めて載せるのが目的だったのですが、私の技術が至らず、そのようになりませんでした。
そのうちに何方かがモバイルのアプリを作って下さることを期待しています。

さてその時「お庭・訪問記」のキャラクターのイラストを描いてくれたのがI工房のFさんでした。4000円でした。
今回、冊子「源氏香占い」の表紙のイラストをお願いしたら、また私のフィーリングにぴったりの画を描いてくれました。12600円でした。
この画をベースにいろいろ細工していきたいと思っています。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義
 

 

一日一花-ササユリ

「川瀬敏郎 一日一花」、6月9日はササユリでした。
 
 
埋め込み画像 1
笹百合にはいつも、古代の乙女を思います。
笹百合(ササユリ)  古銅請来形華瓶
 
 
埋め込み画像 2
 
埋め込み画像 3
ササユリがわが庭にあるはずがありません。
この写真は2009・6・22、伊豆ガーデニングクラブ の山野草部会で南伊豆の天神原に行った時の写真です。http://pcc-gardendesign.cocolog-nifty.com/weblog/2009/06/post-e17e.html
もう4年も経ったんだ!
 

 

2013.06.09

<源氏香占い> 香包み

~~~香包み~~~~~~~~~

最初はなんとなく「匂い袋」をイメージしていました。本当の源氏香の席で使う香包み(香木の細片)と形が似ているからです。

130113本式の源氏香の香包み

1303nioibukuro匂い袋



しかしすぐに3点の問題点に気付きました。

・値段が高い。
  紙袋から友禅、錦などいろいろあるのですが、@300円から数千円します。
  25包用意するのですから@50円以下に納めたいのです。
・香りの耐用期間が短い。
  はっきりしたデータはどこにも無いのですが、線香店の店員などに聞くと半年-1年だと言います。
・嵩張る。



次に「文香」を考えました。和紙などに染み込ませた香です。

130128文香

これも耐用期間が「匂い袋」と同じようです。
*最近山田松香木店に粉の文香があることを知りました。研究課題です。



結局、線香を紙袋に数本包んで用いることを考えました。

130322genjikoutsutsumi012



易者が占いに用いる筮竹(ぜいちく)に形が似ているのがよろしい。
香りの耐用期間も匂い袋より長そうだし、価格もOK。
紙袋の上ふたを開けて香りを嗅げるのも好都合です。



~~~線香を使うとして~~~~~~~~~

最近の線香は目覚ましく変化しています。昔の抹香くさい線香に加えて、花の香りやハーブなどいろんな香りの線香が販売されています。
これは「源氏香占い」の香りの担体として使うのにもってこいです。


包み方はまだ研究段階です。包装材の材質、形など今後の課題です。


それとやはり香りの耐用期間が問題です。線香屋さんの店員さんは2年以上保ちますよと言いますがデータはありません。
なんとか香料を増強して3年は保たせたいものです。

 

2013.06.08

<源氏香占い> 占いの仕組み

私の考えた源氏香図を使った占いは次のような仕組みです。
 
 1)匂い袋か文香を5種5包、計25包作る。
 2)25包をシャッフルして5包を選ぶ。
 3)それを順番に嗅いで、同じ匂いを線で結んで源氏香図を作成する。(記録紙に消せるペンで記入して反復使用可とします。)
埋め込み画像 2
 4)出来上がった源氏香図と源氏物語の帖名を照合して、冊子「「平成源氏香占い・吉凶判断」のページを開いて吉凶を見ます。
 5)吉凶は「恋愛運」「仕事運」「生命運」の3つの運勢が見られるようにしました。
埋め込み画像 3
これで火気を使うことも無く、1人で楽しめる遊びになりました。
 
~~~占いとお御籤~~~~~~~~~
占いにはいろんな方式があるようです。首を突っ込んだらキリがないようです。
そもそも吉とか凶とかはオミクジの部類なのかもしれないし、オミクジが占いなのかどうかも定かでありません。
 
私はもともと占いを信じない人間です。大元は論語の「子、怪力乱心を語らず。」に発します。
また宮本武蔵の「我れ神仏を尊んで神仏を恃(たの)まず」 も心に強く刻まれています。
 
だから占いの世界に深入りするつもりはありませんでしたが、それでも何となく調べているうちに「源氏物語おみくじ」があることを発見しました。
 
何だろう、これは?
 
~~~源氏物語おみくじ~~~~~~~~~
宇治十帖にゆかりの宇治神社に「源氏物語おみくじ」があるとの噂を聞きました。
 
ぜひ知りたいと思っている最中の2013年2月に京都に寄る機会があり、宇治まで足を延ばしました。
そして念願のクジを抽き、見事一発で大吉を引き当てました。
埋め込み画像 4
 
実はこの時神主さんがお留守でクジは表に出ておらず何度も諦めかけたのですが、頑張って頑張って粘って粘って、やっとクジを抽くことが出来たのです。
 
この<源氏香占い>のプロジェクトは同じように頑張って粘って絶対に実現しようと思っています。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義

一日一花-ホタルブクロ

「川瀬敏郎 一日一花」、6月4日はホタルブクロでした。
 
 
埋め込み画像 1
不似合のようで、おさまっている。こんな組合せの人生もおもしろそうです。
蛍袋(ホタルブクロ)、千手岩菲(センジュガンピ)  古銅亜字形華瓶 鎌倉時代
 
 
埋め込み画像 2
 
埋め込み画像 3
5月27日の撮影です
 
埋め込み画像 4
花器は御殿場アウトレットのウエッジウッドで買ったピッチャーで
 
 

一日一花-アジサイ

「川瀬敏郎 一日一花」、6月1日はアジサイでした。
 
 
埋め込み画像 1
紫陽花の花は、昔から、星を集めたようといわれます。
山紫陽花(ヤマアジサイ)  古銅請来形華瓶 鎌倉時代
 
 
埋め込み画像 2
 
埋め込み画像 3
カシワバアジサイ
 
埋め込み画像 4
 
埋め込み画像 5
まさに放り込み
 
~~~~~~~~~~~~
 
5月31日の川瀬のTV番組を予告しましたが、白洲正子が主の番組でした。
もう20年以上も前に白洲正子が絶賛したことで川瀬敏郎は世に出たといってもいいのです。
 
 

2013.06.05

<源氏香占い> はじめは押し花

~~~押し花~~~~~~~~~
「源氏香図」に強烈なインパクトを受けて、まず私が考えたのは<押し花>で源氏香図を書くことでした。今の私には花が一番身近ですから。
(私は何でも自分でやってみたくなるくせがあります。だから何事も自分の手の届く範囲に納まって、大きく発展することが出来ません。)
 
「押し花で源氏香図のラインを貼ったら綺麗だろうな。」と思いました。
色とりどりの52種の源氏香図。
しかしそこまででした。綺麗は綺麗だろうけど、一度貼ったら、そこからの発展が見えない。私はグラフィックデザイナーではないのだから綺麗な図を作っても仕方がない。
 
花に香りを付けることも考えました。
しかし52種類の源氏香図にそれぞれ異なる香りを付けても、人はそれを嗅ぎ分けることはできない。
 
押し花は諦めました。
 
~~~ゲームとしての源氏香~~~~~~~~~
源氏香はゲームです。ゲームとしての源氏香の問題点を考えました。
・座の遊びで、10人前後の人数が必要らしい。
・1ゲームで数時間の時間がかかる。
・火を使用するのはやはり危険を孕む。
・香を焚いた順番を当てるだけではゲーム性に乏しい。

これでは現代人の遊びにはなりません。
 
~~~源氏各帖の吉凶~~~~~~~~~
そのうちに、源氏物語の各帖に吉凶があることを知りました。
格別の謂れは無いようですが、江戸の頃から各帖に付いているようです。
「源氏の薫り」(尾崎左永子)に少し解説がありました。

130605

 
~~~香り当てゲームから占いゲームへ~~~~~~~~~
これこれ! 香の順番を当てるより、出来た源氏香図の吉凶をみる方が面白いゲームになるじゃないか、と思い付きました。
 
そうなれば話は早い。何人も集まらなくても1人でも楽しめる。
香木を香炉で焚かなくても匂袋や文香の香りを聞いて源氏香図を作ればいい。
源氏各帖の吉凶は別に冊子を作ろう。
 
アイデアは一気に広がりました。
 
-この項おわり 続く-
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
香りの径本舗 森下一義

2013.06.01

<源氏香占い>ストーリー Genji-koh Emblem

昨年暮れにSさんの著書「香を創る、香を売る」を読んで、初めて香の世界に触れ、何冊かの本を読みました。

「香と日本人」(稲坂良弘)
1400年も昔からの日本の香の歴史が書かれています。
「調香師の手帖」(中村祥二)
資生堂のチーフ・パフユーマーだった人の記録です。
「伽羅の香り」(宮尾登美子)
香道の家元の物語です。
 
そして「源氏香」の名前を知り、強い関心を持ちました。
さらに「源氏の薫り」(尾崎左永子)、「組香入門」(谷川ちぐさ)などを読みました。
香道そのものは1000年以上の歴史を持ち、その中でいろいろな楽しみ方・遊び方が工夫されてきましたが、「源氏香」は江戸時代に考案されたもののようです。
しかしそこで使われるデザインがあまりに強烈でインパクトがあるため、今では「源氏香」が香道の代名詞のようになっているほどです。
私もたちまち虜になってしまいました。

130112-源氏香図-#11-花散里

これが源氏香図です。右から1番なのですが、同じ香りと思うのを横線で結びます。
これは源氏物語の#11「花散里」に当てられた源氏香図です。五つの香を聞いて(嗅いで)、1番目と3番目、2番目と4番目が同じ香りだったことを示しています。
 
5種類の香を各5個、25の香包を用意し、それをシャッフルして5つ選びます。それを順に聞く(嗅ぐ)のですが52通りの源氏香図が出来るそうです。
それが源氏物語の54帖の、#1桐壷と#54夢浮橋を除いた52の各帖に割り当てられています。
 
この”源氏香図”を私は”Genji-koh Emblem" と英訳したのですが、如何でしょうか。
 
話はこれからですが、今日はここまでにしておきましょう。

« May 2013 | Main | July 2013 »