« 10年ぶりのウソ | Main | 夢の島マリーナ »

2013.01.25

源氏の薫り

読まなければ良かった。

「源氏の薫り」(尾崎佐江子 求龍堂 1986・8)である。


実は「香りを創る」(塩野秀作)、「伽羅の香」(宮尾登美子)等を読んで<源氏香>を知り、「源氏香之図」のデザイン力に圧倒され、ショックを受けて、ゲーム「平成源氏香占い」を創って発売しようと思い立ったのであった。

要するに源氏香の簡便版である。そしてどうせなら全てに英訳を付けて日本文化の発信ツールにしようと欲張った。


そうなると「源氏香之図」の各柄に対応する源氏各帖のあらすじを書き、英文を付さねばならない。

各帖あらすじはネット上に幾つかあるのである。それをそのまま借用するのは拙いので、幾つかをこね合わせて文体を変え、新しいあらすじを作ることにした。


これがなんとも気の滅入る仕事であった。本質的に剽窃なのだから気分のいいわけがない。まあ源氏ほどの古典だから模写と云えないこともない。いや、どうかな。


そんな最中に「源氏の薫り」を読んだのであった。

参りました。

細部にわたる深い読み込み、広範な傍証・引用、そして格調高い解釈、それを記述する文章の鮮やかな香り!

源氏を読むとはこういうことなんだ!


尾崎左永子の名前を初めて知った。

調べると、1927年生れで東京女子大国語科卒、歌人・随筆家と出ている。

17歳で歌の道に入り佐藤佐太郎に師事、1955年第1回角川短歌賞の最終選考に残った。(この年入選者なし)

その後多くの歌集、随筆を出版、現在は歌誌「星座」の主筆とある。

要するに他人の俸禄を受けたことのない人であった。若いうちはどうして暮していたのだろう?


1927年生れとすると昭和25年頃東京女子大を出たことになる。戦後間もない。国文学部なんて云わない国語科、そして学校に残るでもなかった一学生がこれほどの学識を身に付ける学校であったんだ、東京女子大は。

私は昭和29年の一橋入学である。当時中央線の窓から東女の塔が見えて4年間それを見ながら通った。今思えばあの塔から源氏の薫りが匂い出していたような気がする。


~~~~~~~~~~~~


さてそれでどうするか。

今すぐあらすじのミキシングをする気力は無い。


「平成源氏香占い」、面白いんだけどな。

 

« 10年ぶりのウソ | Main | 夢の島マリーナ »

Comments

正規ルイ・ヴィトン専門店  偽物返品保証  全国送料無料
経営方針:品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。
高品質な商品を超格安価格で、安心、迅速、確実、にお客様の手元にお届け致します。
豊富な品揃えで最新作も随時入荷致しておりますのでごゆっくりとご覧ください。
http://www.mcm2013.com

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/56624325

Listed below are links to weblogs that reference 源氏の薫り:

« 10年ぶりのウソ | Main | 夢の島マリーナ »