« 「百年法」(山田宗樹)を読んだ | Main | 高校同期生の喜寿の会 »

2012.11.22

キンドルが届いた

長年(4,5年か)待ち望んだキンドルがやっと届いた。Amazonの電子書籍リーダーの日本語対応版である。

嬉しくて、すぐに繋ごうとしたのだが、そこには多くの関門が待ち構えていた。

1.登録

  Amazonのアカウントがあれば簡単な筈なのだが、さてどのメールアドレスであったか、パスワードはどれであったか、すべて失念している。いくつもの試行錯誤でやっとクリアした。

2.Wi-Fi接続環境

  キンドルはWi-Fi(無線)か携帯電話(3G)で繋がるようになっているのだが、届いたキンドルはWi-Fi接続だけで3Gが無い。ついそういう注文をしてしまったらしい。

  携帯電話接続なら接続出来ているようなものだが、私にはWi-Fiなるものがよく分からない。

  Wi-Fiのルーターはしばらく前にauから無料サービスのをもらっておいたが、これが生きているかどうか分からない。電気だけは点いている。

3.iPhoneに電話

  iPhoneのサービスに電話して、私のiPhoneがWi-Fiで繋がっているのかどうか聞いた。すると ”そうだ” という。ふむ。

4.Wi-Fi接続

  おもむろにキンドルに戻って次の手順に入った。

  ふむ。キンドルはWi-Fiの電波を拾っている。

  ところがそこで ”パスワードの入力” を求められた。 PW? 無料のルーターの設置でPWを使った覚えはない。無料のルーターには取説も無い。

  当てずっぽうのPWを入れるがどうにもならない。

5.auに電話

  思い余ってauに電話したら、<ルーターの箱をひっくり返せ>という。

  だいたいこういうものは電線の込み入った奥の方に転がっている。大作業だ。引っ張り出してひっくり返したら、成程パスワードが書いてあった。

  auにしては珍しくまともな対応で、礼を言って切った。いつもiPhoneの対応にはすこぶる無愛想なのだ。

6.ライトと天眼鏡

  ところがこのPWの文字の小さいこと! 15個の文字がとても読みとれない。

  ライトと天眼鏡を持ち出してやっと判読しメモした。

7.誤入力

  キンドルに戻って芽出度くパスワードを入力した。 ところがうんともすんとも無い。何回やっても駄目。

  よくよくPWの文字を追ったら1文字、数字の5を6に読み違えていた。なんとも。老眼のなすわざである。

8.接続成功

  こうしてキンドルは繋がった。

  キンドルそのものの操作はまだこれからである。電子書籍を購入し読書に至るにはまだ多くの山坂があるであろう。

 
 

若者よ、新製品の開発に当たってはこういう老人の苦労を心して忖度せよ。


121119kindlepaperwhite


« 「百年法」(山田宗樹)を読んだ | Main | 高校同期生の喜寿の会 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/56167290

Listed below are links to weblogs that reference キンドルが届いた:

« 「百年法」(山田宗樹)を読んだ | Main | 高校同期生の喜寿の会 »