« 困ったこと-村上春樹ほか | Main | カムチャッカ半島と千島列島 »

2012.10.12

駒澤大学駅事件で思い出したこと

駒澤大学駅から800Mの場所で爺さんと婆さんの刃傷事件が報じられた。

私は駅から300Mに住んでいたので殊更関心が強い。

 

私はこの事件では爺さんに同情する。

婆さんが悪い。

奈良の布団叩き婆さんが思い出された。あの顔で馬乗りになって叩かれてみろよ、どんな年寄りだって怒るよ。
 

婆さんは怖ろしい。


 

~~~~~~~~~~~~

私の家の向かいにあの爺さんの家のようなしもた家があった。

家主は60代後半の女医さんの一人暮らしで、埼玉だかの病院に通っていた。毎朝暗いうちに出て、帰宅は何時になるのか顔を見ることはなかった。バードウオッチングが趣味でイギリスとかNZへ鳥を見に行くのであった。
 

2階にイギリス人の爺さんが間借りしていた。

カーネルおじさんに似ていて、TVのCMの外タレとして生計をたてていた。

問題は日本語をまったく使わないことだった。水兵あがりで、もう20年も日本に居るのに日本語を全く解さなかった。程度が低い。

それでだんだんに仕事が無くなった。

イギリスに身寄りがいるとかで一度帰ったが、居られずに結局戻ってきた。

そして糖尿で片足を切断した。
 

あの婆さんと爺さん、その後どうしたか。
 

~~~~~~~~~~~~

英会話など習ったことのない妻が、このカーネルおじさんとの会話で英会話を覚えた。

 


わが家から駒沢公園に歩く途中に太陽スポーツセンターがあり、妻は腰痛教室の看板につられて水泳を始めた。

そこで素晴らしい指導者に出会い、それまでプールなど逃げて回っていた妻が50才にして水泳をマスターし、今でも連続で2キロ泳ぐ。U先生には本当に感謝している。
 

やはり駒澤に住んでいた頃、世界聾唖者東京大会があり、妻は国際手話(ジェスチューノ)でボランテイアを勤めた。
 

こうして振り返ると、あの辺り文教都市であったなあと思う。

 

« 困ったこと-村上春樹ほか | Main | カムチャッカ半島と千島列島 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/55874796

Listed below are links to weblogs that reference 駒澤大学駅事件で思い出したこと:

« 困ったこと-村上春樹ほか | Main | カムチャッカ半島と千島列島 »