« 沖縄漁連 | Main | 翻訳料は396円 »

2012.09.18

尖閣の帰属


中国版ツイッターに何か投稿しようと考えたが、何と書いたらいいか思い付かなくて止めた。
 


中国語はさっぱりだが、140字くらいなら今時翻訳サービスでびっくりするほど安くやってくれる。

そうこうしているうちに、次の記事を発見した。

今年8月25日の「アルファルファ」というサイトである。


~~~~~~~~~~~

http://alfalfalfa.com/archives/5867885.html

2012年08月25日 22:9
中国広東省の民間企業幹部が24日、中国版ツイッター「微博」で「1949年から71年まで中国政府は釣魚島(尖閣諸島)を日本の領土と認めていた」と異例の発言をした。日本領有を示す53年1月の中国共産党機関紙、人民日報の記事や、複数の公式地図など根拠を挙げている。微博では中国国内からの感情的な反論に加え、「知識のない大衆が中国共産党に踊らされたことが分かった」などと賛同する見方も広がっている。

 発言をしたのは同省広州の電子サービス企業、広東捷盈電子科技の取締役会副主席との肩書を持つ女性の林凡氏。林氏は微博の運営会社、新浪微博から「実名」の認証を受けており、10万人以上の読者をもつ。

 林氏の資料によると、人民日報は53年1月8日付の紙面に掲載した記事で「琉球群島(沖縄)は台湾の東北に点在し、尖閣諸島や先島諸島、沖縄諸島など7組の島嶼からなる」と表記していた。中国当局が監修した53年、58年、60年、67年に発行した地図の画像も示したが、その多くが「尖閣群島」「魚釣島」などと表記。日中境界線も明らかに日本領土を示している。

 林氏は冷静に証拠を積み重ねた上で「中国政府はこれでも釣魚島はわれわれの領土だといえるのか」と疑問を投げかけた。
中国国内からの反応には、「資料をみて(尖閣諸島が)日本領だったことが明白に分かった」「(当局に)タダで使われて反日デモを行う連中には困る」などと、林氏支持の発言が出ている。

~~~~~~~~~~~~

« 沖縄漁連 | Main | 翻訳料は396円 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/55689578

Listed below are links to weblogs that reference 尖閣の帰属:

« 沖縄漁連 | Main | 翻訳料は396円 »