« July 2012 | Main | September 2012 »

2012.08.31

歴史と漢字

8月30日の東亜日報が、「小沢一郎が2009年12月訪韓時に<自分が首相になったら竹島の領有権を放棄する>と発言した。」と報じているそうだ。

 
この訪韓時の小沢発言については、「小沢一郎の対外姿勢」としてこの通信にも書いたところである。

この記事には<竹島放棄>発言までは拾ってないが、そんなこともあったであろう。


~~~~~~~~~~~~

小沢一郎はソウルのホテルで韓国の記者団を前に次のように語った。
・韓国人が日本に移り住み、初代天皇になった。
・仁徳天皇陵を発掘したらはっきりするはずである。と著名な先生が唱えている。
・これ以上言うと日本に帰れなくなるが歴史的事実であろう。
・天皇陛下も「桓武天皇の生母は百済の王女だった」と認めている。

~~~~~~~~~~~~


ところでこの記事の中で私は、室谷克実氏の「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書 2010/4)を紹介した。

室谷氏は「三国史記」から、<倭人が新羅を征して王位に付いた>と引用する。

「三国史記」とは新羅・高句麗・百済を統合して成った高麗王朝が編んだ国家の正史である。


「三国史記」に竹島の帰属に言及があるかどうかは知らない。室谷氏もそこまで読み込んでいるかどうか。

それにしても国家の正史に<新羅の倭人王>の記述があることを現在の韓国人に示しても、彼らには理解不能であろう。

現在の韓国には漢字が無い。韓国人は漢字を知らない。自国の先祖が記した歴史を読めない。読まない。


2012.08.29

太子党?

車のナンバーと顔写真があるのに何故捕まらない?


きっと要人の息子連中なんだと思うよ。


いや、孫かな?


~~~~~~~~~~~~


日本外務省に言う。


「日本国旗強奪犯人の顔写真を公開せよ!」


 

2012.08.22

人相のこと

皆さんは人相をどう思いますか?

好い人相と悪い人相を判別しますか?

人相で人間を決めつけてはいけない、の立場ですか?


 


私は好い人相だからといって必ずしも信用しないが、好い人相を作り上げている点は評価します。

悪い人相の人は必ずしも悪人(法律に触れる人)だとは思わないが、過去によほど苦労したか、心に葛藤を抱えている人だと思います。


 


それにしても今日野田首相と会談した反原発連盟とやらの面々の人相は酷かったですね。

こんな悪相で何を考えているのだろうと恐ろしく思いました。

心底怖ろしくなりました。

 


見ましたか?

2012.08.19

居眠り運転で正面衝突-3

ありました。ありました

ここ をご覧下さい。


050331lpgtankerontherockakazawa

 

居眠り運転で正面衝突-2

先ほど尖閣に日本人10名ほどが上陸した由。

結構ですな。

喜寿の私にはもう無理だけど。2-30年前ならヨットで行けたのですが。

前回の白田海岸の衝突船で思い出しました。


000218logkadowakinanpasen


これは2000・2・18、門脇灯台の北、富戸の見張り台の近くの岩場に寄せられた船です。

大王製紙のエリエール号。

当時強風で寄せられた、と発表されたけどやはり居眠りでしょうね。


 


この後、大川海岸に寄せられた船もありました。ちょっと写真が見付からなかったけど。


 


こういう写真を撮りにゆくのは足場が悪くて大変ですが、伊豆暮らしの醍醐味でもあります。

 

2012.08.16

居眠り運転で正面衝突

120816cargoboatcrashshirata03
2012・8・16 撮影-森下

尖閣? 竹島?

アッハッハ

伊豆半島白田でございます。


15日早朝。

鹿島港から熊野灘賀田湾に向けて航行中の貨物船「第88さだ丸」(500トン)が、伊豆東海岸白田海岸に衝突した。

居眠り運転という。


120816cargoboatcrashshirata10


2012.08.13

線香花火の柳

喜寿祝う線香花火の柳かな   黒潮丸

 
 

孫たちが来て庭でバーベキューと花火をしました。

線香花火の火花は<牡丹→松葉→柳→散り菊>と変わります。


120812bbqhanabi03


~~~~~~~~~~~~

この俳句?について解説を求められました。

 
 


線香花火が夏の季語です。

線香花火は松葉が激しく煌めいたあと、落花の前に細く長く柳の葉のように枝垂れる一刻があります。

喜寿の年齢をこの柳の葉の光芒になぞらえました。

自分勝手で他人には判らないのが素人の句作であります。

 
 


毎年一度大沢温泉の竹の短冊のために俳句を作りますが、これは番外でした。


2012.08.07

ある自宅葬

ある葬儀に参列した。


故人は89才の男性。10年前に妻を亡くし、1人で暮らしていた。

3階建ての1階部分が車庫・事務所で、息子が毎日仕事に通っていた。故人は2-3階に住んでいた。

4日(土曜日)の朝、心筋梗塞で亡くなった。

普段デイケアに通うなど、寝付いている状態ではなかったという。気が付いたら死んでいたということ。


なんたる子供孝行。

こういう死に方は私の理想である。人間、かくありたい。


連絡があり6日(月曜日)13:30の密葬に出掛けた。

それにしても土曜日に亡くなって、日曜を挟んで月曜の昼に死亡診断書が出て、午後に出棺とはなんたる手回しの良さだろう。

普通自宅で亡くなった場合、医師法で死の前の24時間内に診察した医師でないと死亡診断書は書けないことになっている。

そんなケースは稀だから一般に警察による死体検案書が必要になる。

(実は<かかりつけの医師が普段診ている病因による死亡なら24時間内の診察がなくても死亡診断書を書ける>、との局長通達があるそうだが、法令集にも載っていないなどあまり知られていない。)

葬儀屋がよほど顔が利くのか、よほど懇意なかかりつけの医者がいたのだろう。

納棺などは勿論葬儀屋が執り行った。

そしてお坊さんが1人来てマスター・オブ・セレモニーとしてお経をあげたり、それなりの儀式を司どって出棺となった。

仏間・仏壇があり、同門の信者さんが何人か来てお経を上げていたから普段から付き合いはあったのだろう。

それにしても見事な自宅葬であった。

私も是非見習いたいが、幾つかの関門がある。


 

2012.08.04

TIME誌の表紙


120803fb


TIME誌今週号の表紙です。

凄いですね。

 

2012.08.02

NYタイムスの記事

To No One's Surprise

Uchimura Wins All-Around Gold !


ニューヨークタイムスのトップ記事であると。


 

« July 2012 | Main | September 2012 »