« コジュケイの”ちょっとこい” | Main | NYタイムスの記事 »

2012.07.30

「東京プリズン」を読んだ

「東京プリズン」(赤坂真理 河出書房新社 2012/7/6)をやっと読了した。

この書物を、発行月内に”読んだ”と報告できることがちょっと誇らしい。

  


もの凄い小説である。

1980年中学卒業後、母親の意向でメイン州の高校に留学した主人公は、英語に苦しみアメリカの文化に違和感を覚えながら日々を過ごす。

半年後、全校公開デイベートが行われる。デイベートでは肯定側、否定側2人づつのチームがそれぞれ立論、反対尋問、最終弁論を行い、審判が裁定を下す。

論題-「日本の天皇には第2次世界大戦の戦争責任がある。」

主人公マリ・アカサカは肯定チームに指名される。デイベートの完遂が進級の条件として与えられる。

  
 


私にはまだこの小説について感想や所見を述べる能力がない。

Amazonの読者レヴューから幾つかを引用する。

 


~~~by sacra~~~~~~~~~

この本について、この本の偉大さについて、きっとこれから多くの評論家が絶賛し、分析し、評価するだろう。あるいはこの本を受け入れられず、強く拒絶する人もいるかもしれない。きっと今でも誰かがどこかで感想を書き綴っているに違いない。私は、まだ、この本について書く言葉を持たない。言葉を失うほど引き込まれ、そして解放された。そもそも、赤坂真理さんの紡ぎだす見事な言葉について語る言葉など、私のちっぽけで貧相な語彙のポケットには入っていない。だけど、私は『東京プリズン』について語りたい、書きたい。だから、『東京プリズン』によって引き戻された私の個人的な記憶について書こうと思う。ディベートの壇上に上がったマリのように、「I am(私は)」から始めたい。 ・・・(後略)

 


~~~by Joh~~~~~~~~~

(前略)

ようやく、赤坂さんの生みだした物語が単行本にもなり、書店に並ぶ日を迎えた。
どれほど待っていたことか、物語を2年以上の歳月をかけて生んでくれた赤坂真理さんには感謝と敬意をあらわす言葉しかない。

言葉が必要だった、沢山の大量の、多くの言葉が物語が。あの時間に対して犠牲に対して死に対して、故郷の身内の知人の死に対して受けた喪失の痛みに対して、いつか顕したい意志が欲望が込み上げる感情がずっとこの国の底に沈殿していた。失われたものを取り返したい一心で死に物狂いでしてきてしまったこと、その時に振り返らなかったこと、捨ててしまったこと、ずっと黙っていたけど疑っていたこと。傷ついた世代が傷だらけのままで作った地の、その上に成り立っている世界で世代が重なり生きていることに対して。

できれば、赤坂真理さんの物語を発端にして、これから沢山の言葉が溢れ出し、新たな検証が始まりますように。それは3.11後を生きている、私達の明日へ直結した言葉と検証となり、新たな物語の始まりになると思っている。

 


~~~by logos&pathos~~~~~~~~~

主人公がたびたび幻視に遭遇したり、1980年の自分が29年後の自分にコレクトコールしてくるなど、実際には考えられないSF的な手法でもって物語が展開していくこの小説。読者の評価、あるいは好き嫌いが大きく分かれる作品だと思う。読者の中には、設定の強引さに嫌悪感を催す人がいるかもしれない。
私自身、これは絶対に学者や評論家にはできない、小説家ならではの歴史検証法だと、高く評価したい。著者の歴史観について、あれこれと意見を挟むつもりもない。戦争観・天皇観といったセンシティブなテーマに正面から取り組んだその勇気に、ただただ敬意を表する。
現代と30年前とが何度も何度も交錯していくことに、読みづらさを覚えないでもないが、これも小説でしかなしえない仕掛けの中で、十分に許容することができる物語の進め方だ。
まぎれもない大作で、ことは日本だけの問題にとどまることなく、アメリカ、そしてキリストにまでも踏み込んでいる。その意味では、我が国のみならず、広く国際的にも読まれるべき作品だと思う。「東京裁判」とは何だったのか、戦勝国と敗戦国との関係はどうあるべきなのか。是非、我が国以外の人々にも、考えていただきたいものだ。
と言いながらも、実際は日本という国こそが、一番この問題に目をそむけているようなところがあるのではないか。
ともすれば忘却の果てに追いやりたい過去の歴史に斬り込み、これから進む道を考える。それをしっかりと小説を通して問題提起する著者の志を称えたい。  (後略)


 

« コジュケイの”ちょっとこい” | Main | NYタイムスの記事 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/55314371

Listed below are links to weblogs that reference 「東京プリズン」を読んだ:

« コジュケイの”ちょっとこい” | Main | NYタイムスの記事 »