« March 2012 | Main | May 2012 »

2012.04.30

延命措置拒否をもっと詳しく

先に「日本尊厳死協会」の「尊厳死の宣言書」を紹介しました。

しかし中村仁一先生(あとで説明)は「・・・延命措置をお断りします」の宣言だけでは不十分だとおっしゃいます。
そしてご自身では次の事前指示書を作成しておられるそうです。

~~~事前指示書 中村仁一~~~~~~~~~
「医療死」より「自然死」が好みのため、意識不明や正常な判断力が失われた場合、左記を希望する(ぼけた時は、ぼける直前に「断食死」を敢行するつもりだが、タイミングを外す場合も考慮して)。

1.できる限り救急車を呼ばないこと。
1.脳の実質に損傷ありと予想される場合は、開頭手術は辞退すること。
1.原因のいかんを問わず一度心臓が停止すれば蘇生術は施さないこと。
1.人工透析はしないこと。
1.経口摂取が不能になれば寿命が尽きたと考え、経管栄養、中心静脈栄養、末梢静脈輸液は行わないこと。
1.不幸にも人工呼吸器が装着された場合、改善の見込みがなければその時点で取り外して差し支えないこと。

2006年9月17日
中村仁一
~~~~~~~~~~~~

ふーん。「できる限り救急車を呼ばない」か。
革命的だなあ!

中村先生は1940年生まれ、京大医学部卒、老人ホーム「同和園」診療所所長として<最後まで点滴注射も、酸素吸入も一切しない「自然死」>を数百例もみてこられたそうです。

近著「大往生したければ医療とかかわるな-自然死のすすめ」(幻冬舎新書 2012・1)は評判となり、TV出演も増えているようです。
この本についてはこれからも度々引用することになると思いますが、例えば各章のタイトルを見て下さい。わくわくしませんか?

第1章 医療が”穏やかな死”を邪魔している
第2章 「できるだけの手を尽くす」は「できる限り苦しめる」
第3章 がんは完全放置すれば痛まない


 


 

2012.04.27

「陶・華展」のご案内

皆々さま

私が昨年入門した小原流森本香恵子先生が、伊豆高原の南大室窯ギャラリーで「陶・華展」 を行います。

先生はもう79才ですが、今回も15メートルの孟宗竹を20本も用意されるなどまだまだお元気で大作を準備されています。
われわれは恐れ入るばかりです。

弟子5人も及ばずながら参加します。
今回は南大室窯とのコラボということで花器を貸して頂けるそうで、楽しみです。
それにしても何を活けたらいいのか、悩み深きこの頃です。

姉弟子たちはいつも山で採ってきた大きな花材を使います。
昨日のお稽古でも、150cmも枝を張ったクロモジ、150cm四方のマメザクラ、ふさふさのヤエザクラ、真っ赤なツツジ、ハンショウヅル、ヤブレガサなどなど、私など思いもよらない花材を用意されていました。
新入りの私は数のうちにも入りません。


どうぞお出かけ下さい。
8日の午後2時からはコーラスもあるそうです。


日時:5月7日、8日  11-17時
場所:南大室窯ギャラリー
    伊東市伊豆高原南大室台4-5  0557-54-4620

120426ikebanaoomurogamainvitecard_2


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
伊豆高原・森下一義 Tel&Fax:0557-53-4401

 

クマガイソウ2題

クマガイソウの咲く季節です。

昨日、中伊豆の森本先生のところに行ったらお庭にクマガイソウが咲いていました。
話題にしたら近くの豆腐屋さんに切り花で売っているとのこと。

120426kumagaisounakaizu2
これが買って帰ったクマガイソウです。なんと一枝50円でした。


それで今日伊東市池の里山ガーデンを訪ねました。
こういうふうに群生するのですね。

120427kumagaisousatoyamagarden01h

120427kumagaisousatoyamagarden02

120427kumagaisousatoyamagarden03h


クマガイソウは日本固有のラン科の花で絶滅危惧種だそうです。
ネットで調べたら通販で苗を1株2100円で売っていました。

名前の由来は”熊谷次郎直実”が背中に背負っていた母衣に花の姿が似ているからだそうです。
母衣はうしろから矢を射かけられないようにプロテクトする風袋です。
姿を大きく見せる効果もあったでしょうね。

2012.04.23

母親に子供の選挙権を与えよう

私がかねてこの提言を続けていることは皆さまご承知の通りである。

私の提言―高齢化社会対策として
《出生児に直ちに選挙権を与える》
《未成年者の選挙権行使権を母親に与える》
《鎮痛薬(自殺薬)の販売をもっと自由にする》

たまたま今朝の朝日新聞「有権者って誰だ」の記事に、選挙権付与の年齢や”ママなら2票”のテーマが取り上げられていた。

~~~一部抜粋~~~~~~~~~
ハンガリーの与党フィデス・ハンガリー市民連盟は昨年3月、「子育て中の母親には、2票を与える」という項目を憲法改正案に盛り込んだ。
選挙権を持たない18歳未満の子どもの代わりに、母親が投票するのを認めようというものだ。ただし子どもが何人いても追加は1票。
国会での激しい反発にフィデスは全有権者にアンケートで問うた。結果は4分の3が反対。オルバン首相は「母親にもう1票」を断念した。


スイスの非営利団体「キンダーロビー」は人口の約2割を占める18歳未満の人に1票を与え政治に取り込むべきだと訴え、90年代から活動を続けている。少子化が進む中で高齢者の意見ばかりが通りやすくなるのはおかしい、との問題意識からだ。
議論を深めるために50人規模の合宿形式の「子ども会議」を年に1回開く。政府や自治体も補助金を出している。
~~~~~~~~~~~~


へへん。
わが提言は世界的潮流に乗っている。

 

2012.04.22

今朝のわが庭の花 2012・4・22

今朝撮影した花です。
春はいいですね。


120422mgflowers04
白のヤマブキです


120422mgflowers05
シャガ 今年は花つきがいいです


120422mgiphoneamadokoro
フリージャとアマドコロ

120422mgiphonekobansou
コバンソウ 10円玉くらいのコバンのような実を付けます


120422mgflowers03shibazakura
シバザクラ


120422mgiphonesibazakura
別カメラで撮ったシバザクラ


120422mgiphoneshilertulip
シラー・ベルビアナとチューリップ


120413mgikarisou
イカリソウ これだけは10日前の撮影です


120422mgiphoneosteospermum
玄関前のオステオスペルマム もう5年も咲かせている株です


 


2012.04.20

小原流展

新宿高島屋で小原流の展覧会があり、私としては秋に小原流に入門して初めての見学となりました。

予想以上の規模と人出でした。
そもそも生け花の展覧会なるものが初めてだったのですから、予期があるわけもなく、比較するベースもないのでした。

初見の感想として、今頃の時季でちゃんとした花に乏しく、ラン類とか多肉植物とかゲテ物、際物の作品が多いと感じました。
池坊も草月も観たことがないのだからこれも当てずっぽうですが、やはり小原豊雲ゆずりの豪放な前衛生け花の血統もあるのかなと思いました。

私は生け花展は見ていませんが、ガーデンデザイナーとしての重森三怜に関心を持つうちに、彼が前衛生け花運動の祖形となる「新興いけばな宣言」を起草したことを知り、この辺りの歴史を少し読んだことがあるのです。
豊雲は敗戦後の9月にもう神戸大丸で生け花展をやるなど戦後の生け花界をリードしました。豊雲と蒼風が戦後の前衛生け花運動の双璧でした。

120419ohararyucatalogue

120419ikebanaohararyutakashimaya35h


120419ikebanaohararyutakashimaya15h
私としてはこんな寄せ植え風な作品がとっつきやすいです

120419ikebanaohararyutakashimaya30h
これはハンギングになっています

 

2012.04.17

3連星?

金星に吊られし月が木星を吊り下げている春宵一刻  行方市-鈴木節子

木星(ジュピター)をみおろし月を随身に君臨するは宵の明星(ヴィーナス)  神戸市-有馬純子


昨日の読者歌壇の句である。

されば私も、

金星が月にまたがる西の空木星健気にぶら下がってる  伊豆高原・黒潮丸


 

2012.04.15

老年症候群


ブログ「彼岸への航海」ハンドブックはぼつぼつと書きついでいます。

特に病気にかかるのではなく、事故にも遭わないとしたら、我々の生の前途には死の前に老年があります。

老年になれば誰でも身体が弱ります。
それを老年症候群というのだそうです。

どんな症候群なのかおさらいしておきましょう。

~~~辞書的にいえば~~~~~~~~~
具体的には, 健忘・譫妄・痴呆・鬱などの精神機能障害, 摂食障害や嚥下障害, 低栄養・脱水, 発熱, 低体温, 浮腫み, 頭痛, 睡眠障害, 意識障害, 呼吸困難, 寝たきり, 廃用症候群に付随する失禁, 褥瘡, 便秘, 転倒骨折, 腰背部痛などの症状を指す.

こういう症状がいろいろと出てくるのですね。

~~~山口県立大学 江里健輔学長のブログから~~~~~~~~~
・・・・歳を取るということ、すなわち、老化は金属が酸化して起こる「サビ」と同じように細胞が「サビ」るのです。
いろいろな障碍物、例えば、自然放射線、紫外線、タバコ、アルコール、大気汚染、食品添加物など我々を取り囲んでいる多種多様なものが60兆ある人体の細胞を次から次へと破壊し、人体が少しずづ蝕ばまれ、老化という形で現れてくるのです。
従って、体力を示す免疫機能は18歳頃をピークとして、年々低下します。40歳ごろの免疫機能はピーク時の50%になります。心機能は30歳ごろを100としますと、70歳では70%,肺活量は60%、腎血流量は40%、全身の筋肉量は85%,太もも全部の筋肉量は75%程度にそれぞれ低下します。息切れ、頻尿、関節痛が生じるのは当然です。

このあと先生はこのように続けられます。

このように老化は全ての人を蝕む生理現象で、これを止めることは出来ませんが、遅らすことはできます。それは免疫機能を高めるように努めることであります。
それにはいろいろな方法があります。例えば、鎌倉時代前後に生きられた親鸞上人は90歳、法然上人は80歳、恵心尼は87歳、蓮如上人は85歳という長命を全うされたことは現代より厳しい環境であったであろう当時を想像すると、見事という言葉しかありません。
この人達は佛儀に仕えた人達で酒も飲まず、早寝、早起き、さらには、精進料理で代表される植物性蛋白を主食とされ、つつましやかな生活をされていたためではないでしょうか?


~~~高齢者の有訴率、通院率  厚労省資料~~~~~~~~~
120414


自覚症状と通院理由は必ずしも一致していません。つまりいろんな症候があるということ?

~~~何がおきるのか?~~~~~~~~~
「日本人の死に時」(久坂部羊 幻冬舎新書)からの抜粋
1955年生まれ 医師・作家 阪大医学部

長生きを望む人たちはなんとなく今の体力に近いままで長生きできると思っているのではないでしょうか。でも長生きは誰にとっても初体験です。決していいとは限りません。それをしっかり認識しないで老いを迎えるから、「こんなはずでは・・」と悔やむのです。
だから漠然と長生きしたいと思う前に、現実の老いをできるだけ具体的に知っておいた方がいいでしょう。

長生きするとどんなことが起こるのか。
老眼になったり、ハゲたり白髪になったり、皺がよったり、入れ歯になったり、顔にシミができたり、耳が遠くなったり、腰が曲がったり、物忘れがひどくなったり、口が臭いといわれたり、そういうことはほんの序の口です。

★排泄機能の低下
・・・老いれば尿道や肛門の括約筋がゆるんできますし、きばるための腹筋も弱まります。尿意や便意を感じる神経が鈍れば、知らないうちに出てしまいます。
つまり排泄機能にも寿命があるということ。その寿命と身体全体の寿命のどちらが先に尽きるか。身体の寿命が先なら垂れ流しになる前にめでたく死ねますが、逆なら下の世話をしてもらわなければならない。

★筋力低下
筋力が低下すると、起き上がれない、着替えられない、入浴ができない、食事、洗面、歯磨きもできない、寝返りもうてないということになります。さらに進むと声も出にくい、食事も飲み込めない、息をするのも苦しいということになる。
・・・望みはしないけど生きてしまう。それが現代です。

★歩行困難
・・・こけて骨折、・・・寝たきり・・・

★関節の痛み
関節も長年使うとひずみや摩耗がおこります。
・・・関節に五寸釘を撃ち込まれるような痛み、・・・リウマチ、・・・苦行は生きている限り続く・・・。

★うつ病
うつ病になるかどうかの分かれ目は心の準備によるようです。・・・こんなはずではないとか、まだまだ俺は負けんぞなどと頑張っているとままならぬ現実に心が押しつぶされてしまいます。その意味で「生涯現役」などという言葉は、うつ病の最大の危険因子といえます。

★不眠

★呼吸困難

★めまい・耳鳴り・頭痛

★臭覚・味覚障害
・・・当たり前のようにある感覚、ただあることがどれだけ有難いか、失って初めてわかるようです。

★麻痺、認知症
・・・あらためて書くまでもないでしょう。その悲惨さや苦しみは、みなさん、すでによくご存じでしょうから。

・・・すべての症状が出るわけではありませんし、いつ出るかも人によります。まれに90才を超えても元気なスーパー老人もいます。

~~~~~~~~~~~~


灯台や航路標識に目を凝らして、なんとか無事に平穏に彼岸に渡りたいものです。

 


2012.04.08

東京駅の思い出

東京駅の改築が成ってドームが復元された。


120408tokyostationdome


~~~~~~~~~~~~
私は東海道新幹線開通の年に29才で結婚したが、その前後数年間は東京駅が通勤駅であった。
当時出光本社がパレスホテル事務棟にあり東京駅から歩いた。
皇居前のお濠に面し、いい事務所であった。
麻雀屋などは近くに無く、東京駅を抜けて八重洲口まで歩かねばならなかった。
ホテル事務棟には外資系の事務所など多く、そこの女性と付き合ったりした。ハハ。

~~~~~~~~~~~~
黒沢の父君の葬儀のあと、東京駅に向かう途中で地震があり列車が止まった。
それで妻とステーションホテルに泊まった。今となっては得難い経験となった。
妻はその昔父親と泊まったことがあると言っていた。

~~~~~~~~~~~~
東京駅は辰野金吾の設計だそうだ。
実は私の父が昭和20年代末に会社を起こした時、最初に借りた事務所が青山の辰野金吾の旧居宅だった。
広い庭の中の別荘風の大きな屋敷だった。奥にはどなたか縁者が住んでおられた。
辺り一帯はその後大変貌した。


年寄りは昔話ばかりである。

 

2012.04.05

大沢温泉桜祭り

120404matsuzakioosawaonsen03

松崎から那賀川を上った大沢温泉の桜祭りで、俳句を竹の短冊に書いてぶら下げる催しがある。
わが夫婦も投句を続けてもう何年にもなる。
川の流れ、満開の桜、その桜の枝に短冊を下げるのだからなんとも風情がある。毎年見に行くのが楽しみだ。

用紙に4句書いて1000円を添えて送るのである。
私の場合は締切当日の朝、寝床の中で4句ひねり出す。犬の散歩前だから忙しい。

今年は風が強くて短冊が跳ね返ったり裏返しになったり、しず心なくてゆっくり見られなかった。
桜も5分咲きくらいで、しかも2度も強風に曝されて元気がなかった。

戸田から土肥への道で素晴らしい桜を何本も観たから今年はそれで満足である。

120404matsuzakioosawaonsen02

120404matsuzakioosawaonsen04


IGCの平田諭さんの短冊を2枚見つけた。
<バス停にリュックの集う花日和>

ほかの皆さんもぜひご参加あれ。

 

豆州戸田諸口神社のお祭り

昨日は戸田の諸口神社のお祭りに行った。

私は戸田村とは浅からぬ因縁があり、そのことは何度も書いた。参照

毎年4月の諸口神社の祭礼は漁組の主催である。
かって私は網元の親方衆と一緒に拝殿に上るほどの待遇を受けていた。
今は昔の物語である。組合長も親方衆もそして私もみんな老いた。

ここの祭礼には歌手を呼んで境内で演芸大会を行う。
ピンカラトリオ、殿様キングス、などなど思い出す。
ある年水前寺清子に声をかけたら、「私はまだ野天の舞台には出られません」と断られた。
神社の境内の空地での大会だから青空の下なのだ。

昨日は山本譲二が出るというので久しぶりに出掛けた。
途中、達磨山からの富士の眺め、戸田の入口の桜は素晴らしかった。
一昨日の低気圧台風は去ったとはいえ強烈な西風で、堤防の上に立つと吹き落とされそうだった。
しかしここの境内は砂洲、堤防、防風林で完全に風を止めている。

120404hedamoroguchijinja09
諸口神社の社殿  神事の後その場で直会となり、若い衆が浜に上がった生ジラスなどをそのまま運び込んで来る まことに威勢がいい

120404hedamoroguchijinja05h
内浜から上がって鳥居をくぐって社殿に至る

120404hedamoroguchijinja16
地元中学生の踊り

120404hedamoroguchijinja19
前方の桟敷席?  大昔、渥美の小中山での村祭りがこうだった 

120404hedamoroguchijinja18
観客席 年寄りばかりである。私も1席確保してこの中の1人になった。

120404hedamoroguchijinja25
この白波を見よ


山本譲二と前座2人の公演があったが、しばらく前から静岡SBSのスポンサーがついたらしい。だから一応大物が来るようになったのだ。
4月16日21:00からSBSで放映されるそうだ。

2012.04.02

彼岸への航海

新しいブログを開設することにした。題して「彼岸への航海-ハンドブック」という。

実は2005・07・25に<新しいブログの開設と挫折>という記事を書いた。ブログ名は「黒潮丸の涅槃研究会」であった。
そのカテゴリーを次のように予定していた。
 適正人口
 生命倫理
 尊厳死・安楽死
 死ぬことを教える宗教
 死ぬ前に考えるべきこと
 死ぬ自由・死ぬ権利
 死ぬ方法・死ぬコスト

しかしこの時の私はこれらのテーマについてほとんど書く力が無く、あえなく挫折したのであった。

その後こんな記事を書いた。
07・08・16 <「私たちの終わり方」を読んだ>
12・03・04 <「自死の日本史」を読んだ>
12・03・22 <辞世の準備>

5年前に比べいくらかは思いも深まったかもしれない。

今回の「彼岸への航海-ハンドブック」のカテゴリーは次にように考えている。
 はじめに-説明、目次など
 死に方の分類
 死の社会的意義
 尊厳死、安楽死など
 自殺、自死について
 自然死のこと
 死の準備
 コラム
 あとがき

新しく加わったのは”自然死”の視点である。
果たして何が書けるのか、どこまで書けるのか、ゴールはさっぱり見えないが私の76才のトライである。

 

« March 2012 | Main | May 2012 »