« December 2011 | Main | February 2012 »

2012.01.29

ニュース三題-ホルムズ海峡、甲子園、絆

1.ホルムズ海峡
  アメリカはホルムズ海峡に2隻目の空母を派遣し、かつ老朽空母を基地艦として配備する計画だという。
  なるほど。
  現在進行中のVolvoOcean世界一周ヨットレースで第2レグのケープタウン→アブダビのコースは、ケープタウン出発後インド洋の某所(内密にされている)まで航走し、そこから全艇タンカーでペルシャ湾内に運ばれ、湾内で180kmほどのショートレースをやってアブダビ・ドバイに入るように変更された。
  海賊対策と云われていたがイラン危機にも関係しているのだ。
  第3レグも同じ手順を踏むらしい。第3レグのゴールは中国の三亜である。金のある所を追って動く。二昔前なら錦江湾ではなかったか。何やら淋しい。

2.甲子園
  甲子園のグランドでプレーをするツアーがあるらしい。いにしえの高校球児がそれで見果てぬ夢を果たすのだという。
  怪我をして応援団にまわっていたお父さんが、ダッグアウトから階段を上がってスコアボードが見えてくるところで胸を詰まらせていた。
  妻に云った。<秩父宮で試合をし、トライするとはラガーにとってああいうことなんだぞ。>

3.絆
  なんでも”絆”ばやりである。
  「英語でなんと云うのだろう?」と妻が聞くから、「bondage じゃなかったかな」と答えたが納得しないふうであった。
  今朝渡辺謙がダボス会議でのスピーチで「bonds 」と言っているのを妻が聞き取った。
  わが50数年昔の受験英語は仇ではなかった。


 

2012.01.26

お稽古初め


今日は小原流のお花教室のお稽古初めでした。
私は10月に入門して2回目のお稽古です。

年始ということで昼食会がありました。
伊豆の方はご存じでしょう、中伊豆から左へ入って湯ヶ島へ出る道、わさび屋さんのある辺り、そこからちょっと入ったところに「羅漢」という店がありました。
道から入るところにも店の前にも看板はありません。玄関に「羅漢」という大きな表札が下がっているだけです。

40才台のご夫婦が7,8年前にメキシコから帰ってきて、古い民家を借りて窯を開いたのだそうです。
そして料理が好きだった奥さんが料理店を開いたというわけ。
そのご主人が数年前に突然亡くなられました。
以来、奥さんが1人で料理店?割烹?をやっています。
素人で、しかも1人ですから、1日1組限定昼食のみだそうですが、何やら評判でお客がと切れないそうです。
吟味された材料でなかなかの料理でした。

我々8人グループで話がはずんだのですが、たまたま51才の看護婦さんにいい旦那が居ないかの話になりました。
すると先生のご主人が「ああ、あれはどうだろう?」と先生に言われました。早稲田を出て50才、カメラメーカー勤務で現在NYだそうです。早速見合いに出掛けるか、先方が出張して来るかの話になって盛り上がりました。

そこでお店の奥さんが、先日縁を取り持った話を出しました。
看護婦さんが調子に乗って「私にもよろしく」と言ったら、奥さんが「私も独身なんですけど」となって大笑いでした。

新春らしく伊豆らしい、お目出度くてのどかな一刻でした。


120126lunchrakanmorimoto_3
玄関です


120126lunchrakanmorimoto_10
お部屋です


120126lunchrakanmorimoto_2
前菜の出たところ


120126morimotolesson_8
私の活けた ロウバイ リューコデンドロ 菜の花


 

2012.01.16

さきに「新型ルーペ」なるご報告をした。

これはHazukiルーペというメガネ型天眼鏡を入手して、その使い勝手がいいことを報告したのであったが、こういうものを使うというのはそれなりの理由があるのである。
私の場合、どうも目がショボショボする、疲れる、読書を続けられない、パソコン画面を誤読する、などの症状があった。

それで目医者に行った。
昨年暮れと、今日で2回目。
結果、年令が年令だから全く問題ないとは言わないが、白内障も緑内障も当面問題ないとのことであった。時々来なさいというから、<半年タームか、1年か、5年か>と聞いたら半年と云う。そか、1年にしよう。
薬も出ない。

昨年行った時からだいたい感じが判り、気分だけで症状はめっきり軽快した。
病院大好き人間の妻は何となく不服そうである。

~~~~~~~~~~~~

それにしてもこの10日ほどガーデン関連のパソコン仕事に追われている。
近く伊豆ガーデニングクラブ の総会があり、先だって幹事交代、年間行事予定、最新名簿などの諸準備に追われた。随分、役を分散しているのだが。
今年のオープンガーデンに向けて「お庭案内」を作るのにカラーページの制作を担当させられた。写真を選んで載せ、PDF原稿に作るのである。いつまでもやっていてはいけないのであるが。
伊豆ガーデニングクラブ のホームページのサーバー移転することになった。制作そのものは半プロに依頼するが、15年前に私が作ったサイトだからいろいろ引っ掛かりもある。

目が疲れるわけである。

 

2012.01.11

4億円で150万坪

楽天の本城慎之介副社長が、南三陸町に106ヘクタールの高台の土地を買って町に寄付したそうだ。
町が9300万円で買おうとして議会で否決された土地である。

106ヘクタールといえば32万坪だ。

Oさんよ、4億円で150万坪買えまっせ。 どうですか。
世田谷の476ヘーベは144坪。

天下国家の大計にしては小さ過ぎますか。

 

2012.01.09

草原の風

「世界の蘭展-しずおか2012」を見に行った。
”え?「世界の蘭展しずおか」 それ何?” と思わぬでもなかったが、他に兼務があったので静岡に出掛けた。

まず手芸店のマツナガで妻の注文の品を買う。ついで昨年暮れにオープンした商業施設セノバに行ってみる。そしてツインメッセ静岡でラン展。最後に県立美術館の「草原の風・契丹」展を見る。

1.手芸店マツナガ
  昨今アクセサリー作りの凋落が甚だしい。伴ってアクセサリー材料店が続々閉店する。伊東でも唯一の店がクローズした。蒲田のユザワヤ本店ですら品揃えが激減しているという。
  それで妻に頼まれてマツナガに行った。これまでも何度か行った手芸店の大手である。その場に無くカタログ注文となり、欠品もあったが一応用を足した。
  「アトリエ・ブルーアンバー」でも磨いた琥珀をアクセサリーに加工せず石のまま持ち帰る人が増えている。

2.セノバ
  最上階に「マルゼン&ジュンク堂」があり、嬉しくなって花の本、iPhoneの本など買った。大きな本屋には広告欄、書評欄では見ない本があって楽しい。
  静岡で初めての「東急ハンズ」があったが手芸用品は置いてなかった。
  結構賑わっていた。

3.ラン展
  静岡で世界の蘭展とは聞いたことがなかったが、初めてではなく12年ぶりの開催だそうだ。
  実行委員会の会長はテレビ静岡の社長だが委員の構成はカタログに出ていない。どういう歴史で、今回開催の趣旨は何かも書いてない。どうにも分からない展覧会であった。
  規模は後楽園の4分の1くらいだろうか。

  假屋崎省吾の実演があったのでじっくり腰を掛けて見た。この人に関心はないが即座に花を活ける技術だけは見事だと思っているので。前回見たのは2004年7月、もう7年半も昔になるのか。
  なんだかすっかり荒んだ感じだった。


120108orchidshowshizuoka08


120108orchidshowshizuoka20

4.「草原の風・契丹」展
  望外の収穫であった。行って良かった。

  契丹は民族名で国号は遼、907年に建国している。唐の滅亡と同年であるが契丹が唐を滅ぼしたのではなく滅亡に乗じて建国した。
  一時は宋と対等の条約を結び、半島を統一した高麗は遼の年号を使用するなど栄えたが、1125年西夏の金に滅ぼされた。200年の命運であった。日本で云えば平安時代である。
  中国の王朝名は唐・宋・元・明と続くが、唐と宋の間に空白の70年があるのに遼をその順に入れないのは北京を都としなかったためか。

  脱線だが私は、元は中国の歴代王朝の1つではなく、元の時代の中国はモンゴルの征服国家であったとする杉山正明史観の信者である。

  展示品で目を奪われたのは大きな琥珀の玉や首飾りであった。見るなり”バルチックアンバー”と思ったが、イスラムによる伝来とあるから間違いない。

  この展覧会は7-9月に東京芸大美術館で開催されるようである。

120108orchidshowshizuoka26

120308amberkittanproncess
契丹王女の左右の手に握らされていた琥珀握


2012.01.02

盆と正月一緒に来たよな・・・

この暮れから正月、<盆と正月一緒に来たよな>大騒ぎでありました。

12月27日、12年ぶりに買った新車が届きました。妻の注文で小さな車になりました。
とにかくマニュアルに目を通さねばなりません。

初めてカーナビが付いています。
スマートフォンで消えゆく商品だとも思うし、伊豆で買い物回り、医者通いには必要ないのですが、CDプレーヤーを付ける値段で付いてしまうので。
昔ヨットに積んだGPSとは大分違うようです。

28日、頼んであったau のiPhone4sが届きました。

かくして車とカーナビとiPhoneの同時到来で頭は爆発しました。
加えて妻が31日と2日、頼まれて近くのホテルで初めて琥珀磨きのワークショップをやることも重なりました。

~~~~~~~~~~~~

昨年2月頃からEverNoteを使っています。最近になって漸くその価値に気付きつつあります。

利用目的の1つが、<植栽ヘルプ・ツール>です。
庭の植栽を頼まれて、依頼主に<あれ植えようこれ植えよう>と説明しても何のイメージも湧かない人がいます。
そんな時、スマートフォンで絵を出して見せれば一発で分かってもらえるでしょう。
また自分でも適当な植物をその場で列挙することが出来ない場合もあります。
難しいデータベースソフトに頼らなくてもEverNoteならその検索機能だけで充分役に立ちそうです。
EverNoteに溜め込んだ植栽データをスマートフォンで読み出す、これこそホームガーデナーの必需品ではないでしょうか。

かくして到着したiPhoneの他の機能には目もくれずEverNoteとの連携だけに集中し、今日1月1日に目出度くiPhoneからPCのEverNoteデータの読み出しに成功しました! (年寄りにとっては大変なことです。)
お正月早々、今年も良い年になりそうです。

これからデータの充実と使い勝手の向上に取り掛かりますが、2-3カ月かかるでしょう。
カーナビの取説はまだ1ページも読んでいません。

 

新年のご挨拶

皆様明けましてお目出とうございます。
本年も相変わらずお付き合いのほどお願い申し上げます。

暮れに私にとっての昨年の十大ニュースを考えてみました。
1.伊豆半島と本州の衝突地点を眼前に見たこと。
2.ガーデニングショーを見に行った長崎ハウステンボスで、これまで最大の48フィートのボートのサーベイを行なったこと。
3.岡山T農業高校に2度も招かれて出掛ける機会があったこと。
 ・・・・・

と続くのですが、昨年は私にとって非常に良い年だったようです。
今年もかくありたいと願い、励んでいく所存です。
どうぞよろしくお願い致します。


120101newyearsunrise03
伊豆大島最北端風早崎を昇る今朝の日の出です。

 

« December 2011 | Main | February 2012 »