« 伊豆半島の衝突現場 | Main | ガーデン営業 »

2011.12.16

小原流入門-2

さきに小原流に入門したことを書きました。
(ここ)

月に1度のお稽古です。10月に入門し、11月は伊豆市のイベント参加でレッスンは無く、今日が初めてのお稽古日でした。
なにしろ生け花は初体験ですから緊張しましたね。
花材は何を持って行くのか、花器はどうしよう、他に道具は? 戸惑うことばかり。
10月にはまだ庭に何かあったのですが、さすがにもう何も無く、花屋に寄ってカーネーションを中心の洋花ばかりになりました。
他の生徒さんは南天、千両、さざんか、水仙など庭や山から伐ってきたものばかりです。

さて先生が私に取り出したのは幅が1m、高さ50cmもある木の根のオブジェです。
ずっと以前、みかん農家から軽トラ一杯買ってきて、乾燥させ、形を整えて白のペイントを塗ったのだそうです。そんなのが押入れ一杯あって、さあ使え、幾つ使うか?と言われて慌てました。1つ使うのが精一杯です。
それと大きな平鉢も貸して下さいました。

鉢から遥かにはみ出すオブジェ花台を置いて花材を配置していきます。
ゴツゴツもこもこの木の根ですから花材を寄り掛けるところはいくらでもあります。
とにかく並べて終わりました。肩が凝りました。
先生がちょんちょんと直して、見違えるようになりました。

111215flowermorimoto10h

とにかくこの先生のやることはスケールが大きくて凄いです。
太い丸太や青竹や、それの細工を全部ご自分でなさるのです。電動工具をどんどん使います。
それで野外にも飾れる大型作品を作ります。
過去には東京のデパートなどに何度も出展したり作品展をなさった方ですが、その構想力、実行力はとても79才の女性とは思えません。
私がこの先生に入門したのは、このセンスと技術を学んで寄せ植えに生かしたいと思ったからです。
お元気なうちにお会いできて良かったとつくずく思います。
と言いつつ、私もあと何年やれることやら。

手作りのクリスマスケーキを頂きました。
111215flowermorimoto08h



« 伊豆半島の衝突現場 | Main | ガーデン営業 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/53497328

Listed below are links to weblogs that reference 小原流入門-2:

« 伊豆半島の衝突現場 | Main | ガーデン営業 »