« 寄せ植え作成 | Main | 庭の相談 »

2011.11.28

手話落語

伊東図書館に古今亭菊千代師匠(日本で最初の女性真打だそうだ)の手話落語を聞きに行った。
まちこん伊東の主催で、収益の一部が震災被害に寄付される。

妻は一時熱心に手話をやっていた。
20年前世田谷駒沢に住んでいた頃、東京で世界聾唖者大会があった。
そこでの公用語がジェスチューノといって世界共通の手話で、妻はそれを一生懸命勉強してお手伝いをしたりしていた。

その後マリーナ建設で豊橋に住んだが、豊橋は日本で最初に聾学校が出来た土地とかで手話の活動は活発であった。

伊東に移っても手話サークルに入ったが、そのうちにやめてしまった。やめた最大の理由は聾唖者が少ないことである。(統計数字もそうなっている。)集まっても聾唖者より健常者が多い状態で、お役にたてる場がない。
それだけ伊東はストレスの少ない健康な土地なのだろう。

ところで皆さんは手話の使用が長年迫害されてきた歴史をご存じだろうか。
聾唖者は手話を喜んで好んで使うのに、文部省は聾学校で手話の使用を厳しく禁じてきた。使う子の手を叩いた。口話法の教育を奉じてきたからである。
いま手話はTVでも使われ市民権を得たが、文部省がどういう立場をとっているかは知らない。

手話落語は初めて聞いたが、菊千代がハンデキャップの人のために勉強して一生懸命演じていることに感心した。偉いものだ。

枝雀の英語落語は2度聞いた。凄かった。

談志の高座には行ったことがない。

 

« 寄せ植え作成 | Main | 庭の相談 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/53354952

Listed below are links to weblogs that reference 手話落語:

« 寄せ植え作成 | Main | 庭の相談 »