« ヤマトシジミがとまった | Main | 戸田港の大師丸 »

2011.07.01

恐怖の季節

恐怖の季節がやってきました。
やまももの結実の季節であります。

何が恐怖か。 やまももの実が落ちて、それを拾わなければなりません。
そのままにしておくと発酵して周辺一帯に匂いがたちこめるし、リスは漁るし、コバエがわきます。
落ちるとキチジョウソウなどの下草の間に入ってとてもかき寄せられる状態ではなく、1つ1つ拾わねばなりません。
そこでネットを張って落果を受けるのですが・・・

恐怖その2.
集めた実を処理しなければなりません。
ジャムにするのが一番良いのですが、煮て、種を抜いて、煮詰めてと、立ったままの仕事で幾鍋も煮るのは大変です。毎日続くのです。
リカーに漬けるのは遥かに楽ですが、作っても飲まないので溜まるばかりです。
冷凍といっても5キロ10キロの塊りをそう幾つも冷凍庫の中に置けません。
それに冷凍したやまももはくっ付いてしまって扱い難い。

110630mgyamamomo0000

110630mgyamamomo0001
(ネットの下はエキナセア)

昨日の朝ネットを張って、さっそく今朝2キロの収穫でした。
だんだんに増えて毎日5キロ、7キロとなります。

実があまり成らないように11月になって剪定するのですが、それでもめげずに実を成らせます。ちょっと型が小さくなる感じがあります。

恐怖の季節であります。

 

« ヤマトシジミがとまった | Main | 戸田港の大師丸 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恐怖の季節:

« ヤマトシジミがとまった | Main | 戸田港の大師丸 »