« はしたない? | Main | 紅蜀葵(こうしょくき)が咲いた »

2011.07.27

買い物なう

三島に映画を観に行った。
ちょっと遠出なのでいつもは遠慮がちに行くのだが、昨日のハンバーグがあるので今日は大きな顔をして行く。

勿論買い物もかねている。
紅茶(200gの大缶を3つ)、パスタソース幾つも、サラダドレッシング幾つも、琥珀接着剤、花の苗いろいろ、などなど。
どれも伊東には無いものである。

映画は「小川の辺り」。藤沢周平原作で東山紀之主演の時代劇である。
東山の幼馴染が家中のトラブルから出奔する。その幼馴染の妻は東山の妹であった。藩主の命で東山が討っ手となる。・・・

監督は知らない名前であった。
山田洋二、木村拓也、檀れいの「武士の一分」の方がずっと良かった。
ただ1点、もろ肌脱ぎになった東山の上半身がバタフライの松田のように見事であった。
余程鍛えているのだろう。

  

« はしたない? | Main | 紅蜀葵(こうしょくき)が咲いた »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/52323528

Listed below are links to weblogs that reference 買い物なう:

« はしたない? | Main | 紅蜀葵(こうしょくき)が咲いた »