« 紅蜀葵(こうしょくき)が咲いた | Main | ダンチョネ節 »

2011.07.31

民謡のこと

TVで民謡の全国大会をやっていた。
なんだか民謡が特殊な伝統芸能と化して、特別な才能に恵まれ訓練を受けた人でないと唄えないものになったいた。
私の若いころには誰でも唄っていた。皆で唄った。
あんな難しいのばかりでなく、易しい民謡がたくさんあった。

例えば正月、父を囲んで家族みんなが集まってお屠蘇を頂く。
そのうちに酒盛りになる。
なんだかお客さんも加わる。そのうちに唄になる。
こういう時はまず民謡だった。小唄ではない。カラオケも無い。

九州の唄が多かった。母の出が宇佐、小倉だったせいか。それとも弟や妹の連合いが八幡製鉄だったせいか。
炭坑節。黒田節。五木の子守唄。田原坂。おてもやん。おはら節。稗つき節。
博多節や刈干切唄は難しかった。

私は社会に出て最初に仙台に赴任した。
そしてまず覚えたのが斉太郎節。松島~の さ~よ~瑞巌寺ほどの 寺もな~いとえ~ である。これは後年出光の50周年だったかに椿山荘で踊ったことがある。
塩釜甚句。花笠音頭。八戸小唄。新庄節。新相馬。
3年の赴任中に難しいと言われたさんさ時雨も覚えた。

次に千葉に行って、千葉の民謡を覚えようと思ったがあまり無いのであった。
それでも白浜音頭、銚子大漁節、木更津甚句などを覚えた。
千葉で営業課長になった時、思い立って小唄を習いに通ったことがある。婆さん芸者の家に通ってそれでも3つくらいさらったか。それが紳士としての素養だと思っていた。いつの間にかやめた。

千葉から転勤したのが昭和48年。
その頃から世の中はカラオケ文化に変わっていった。

 

« 紅蜀葵(こうしょくき)が咲いた | Main | ダンチョネ節 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/52352668

Listed below are links to weblogs that reference 民謡のこと:

« 紅蜀葵(こうしょくき)が咲いた | Main | ダンチョネ節 »