« 庭とキュレーター | Main | 大地震・津波の呼称 »

2011.03.21

原子力発電の今後

今回の事故により原発アレルギーは更に高まり、もう新たな原発は作れないだろうとの議論が大勢である。

当座はそうかもしれないが、10年のタームでみたら必ずしもそうではないのではないかと私は考える。

日本では広島・長崎の体験もあって極端な放射能アレルギーがあった。
そのためまともな議論も検証も封じられてきた。触れることの出来ないタブーゾーンであった。
しかし今回、決死の人たちが現場に入り、放射能に触れてきた。国民は目の当たりにそれを視た。
制御出来るものであることを知っただろう。
暴走したら危険なのは火も水も同じである。火でも水でも人は死ぬ。

私のかねての希望は、原発を地下壕に入れることである。目に触れないようにしてもらいたい。
あんな禍々しい図体を人目に晒すな。
ガソリンスタンドでも石油タンクは地下に埋めるではないか。

 

« 庭とキュレーター | Main | 大地震・津波の呼称 »

Comments

I think this is one of the most important information for me. And i am glad reading your article. But should remark on few general things, The website style is perfect, the articles is really nice

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 原子力発電の今後:

« 庭とキュレーター | Main | 大地震・津波の呼称 »