« January 2011 | Main | March 2011 »

2011.02.27

北方領土-郡司成忠大尉の千島暮らし

<朝まで生テレビ>ならぬ<朝から生テレビ>を観た。

早く起き過ぎてテレビをつけたら最後の方で北方領土問題をやっていた。

~~~~~~
明治26年、郡司成忠退役海軍大尉率いる報効義会会員38名は北千島に向かうべく、隅田川言問橋から短艇5艘(海軍払下げの9メートルのボート)を漕いで出航した。
目的は海軍経験者により北千島最北端シュムシュ島に入植し、わが国土・資源・権益を確保しようというものであった。多くの賛同者を得たが資金は集まらず、それならばと漕艇による航海を決行したのであった。

明治8年ロシアと日本は樺太と千島を交換し、当時千島列島全島が日本領土であった。日本政府はカムチャッカと交流のある千島アイヌをエトロフ島などに移住させ、シュムシュ島は無人であった。
途中、八戸から白糠港に至る間、荒天により2隻が遭難し19名が死亡した。
シュムシュ島に到り最初の越冬、、次年の越冬で15名が死亡した。

郡司は2年目の越冬の前に日清戦争に応召し、白瀬陸軍少尉がシュムシュ島の次年目越冬の指揮をとるが、6名中3名死亡1名精神異常の辛酸を嘗めた白瀬は以後の郡司との行動を断る。後に南極探検で名を残す。

日清戦争の勝利で北方に向ける国内の眼も変わり、多少の資金も得て明治29年郡司は第2次入植隊を出発させる。家族を含め56名であった。
結婚式あり、子供も生まれ、一行の入植生活は一応の安定を得る。

明治37年日露戦争勃発。
これを聞いた郡司は、北方における陽動作戦でロシア軍を牽制するべく志願者19名の義勇隊でカムチャッカに進攻するのである。この時郡司が立てた「天地長久日本領 報効義会」の標柱は現在ハバロフスク博物館にあるという。
結局郡司は捕らえられ、戦後の捕虜交換で帰還する。
~~~~~

これは5年前にこのブログに書いた記事である。
「北洋の開拓者-郡司成忠大尉の挑戦」(豊田穣著 講談社 1994)による。
郡司大尉は幸田露伴の実兄である。

 

クライストチャーチの庭

クライストチャーチの庭巡りに2度行った。前回は2005年12月だった。

市の中心部にあるボタニックガーデンのワイルドフラワーで構成されたボーダーガーデンが素晴らしい。中を流れるエイボン川もたっぷりとした水量で印象的だ。

庭巡りは個人営業のツアーガイドに頼んだ。個人の庭なのでいきなりタクシーでは訪問出来ない。どこも受賞歴のある庭だったが素敵だった。
他に誰もいなかったので2人分の料金を払った。
最近やっと伊豆オープンガーデンでも匹敵する庭が数軒出てきたか。

復興したらまた行こう。

まことに残念ながら11月のPC事故で数枚を除いて写真のすべてを失った。

051223nzbotanicgardenherbaceousbord

051223nzbotanicgardenherbaceousbo_2

051223nzbotanicgardenherbaceousbo_3


2011.02.24

EVERNOTE 使い初め

evernoteに首を突っ込んで10日になる。
現時点で感じたことをご報告する。

私には世の中の森羅万象や身辺雑事を記録する意図はない。
(ライフログと称して生活のすべてを記録しようとする一派が存在するらしい)
私のevernote使用目的は、
・<マリン>に関する必要情報と記録
・<ガーデン>に関する必要情報と記録
・関心のある歴史・経済・文化に関する情報と記録
・私自身のアウトプット(ボートの鑑定報告書、雑誌寄稿記事等)の記録
・プライベートライフの記録
である。

これまでもこういう作業はしてきたのであろうが、記録媒体の変化、事故、および私自身の姿勢から、過去から現在に続く記録は無いといっていい。
今回、クラウドに保管するevernoteという道具を使ってみる。
これとてどんな変化を受けるのか、事故が起きるのか、分かったものではないと思っている。
なお記録は私自身のためであり、後生に残すほどのものではない。

1.過去の出来事を思い返し、外部に提示するのに主としてブログ記事(ココログ、2004年以降)に頼っている。これがevernoteにとって代わるかというとそうはいかない。
  evernoteにいかに記録を溜め込んだとしてもそれは内部の記録である。ブログ記事には公開され、人目に晒され続けたという点での”信頼性”がある。evernoteにはそれがない。

2.読書記録に「ブクログ」を使用している。
  ブクログで書名を入力すると、すぐに出版社・刊行日・ページ数・定価などの書誌的な情報が示されて便利である。evernoteにこれはない。
  また少しばかりの公開性があって、自分の書評を公開し、他人の書評を読むことが出来る。アマゾンのレベルではないが。
  一方で、自分の記録を分類したり検索する機能が弱い。
  結局ブクログで書いてevernoteに取り込むのがいいようだ。(画面右クリック一発で出来る)
  なお私は読書記録は殆ど黒潮丸通信やブログには載せない。どうしたってひけらかしにとられるだろうから。

3.昨年11月のPC事故以来Gmailを使っている。まだ3ヶ月だが重宝していた。出来事をすべて自分あてのメールで送っておけば検索出来る。
  しかし evernoteならメールでも文書でもWebページでも写真でも簡単に取り込んで、その中身も同じく検索の対象とする。
  これはevernoteに軍配が上がる。

以上、中間ご報告終わり。

(私の記録活動の華は1990年前後の10年間であった。毎週海に出ていた。その頃の記録は消失した。)

 

2011.02.23

私のソーシャルコミュニケーション

どうもソーシャルメディアに馴染めないと先に書いた。
それで思い起こされることがある。

1.酒
  私は酒が弱く、あまり飲めない。飲むときつい。飲むのは辛かった。
  だが芯から営業マンとして育ち、営業マンを自覚していたから、付き合いで飲む酒を避けたことはない。むしろそういう席を積極的に設けた。
  嫌だったのはうちうち、社内の人間だけで飲む酒だった。辛い思いをして飲む意味がない。支店長になって何が嬉しかったといって、帰りがけに上役から飲もうと誘われなくなったことだ。
  部下を酒に誘うこともなかった。

2.ゴルフ
  現役時代、転勤の都度その土地のクラブに入っていたが(会社の法人会員権)、私は自分だけとか社内の仲間とのゴルフを設営したことはない。ゴルフは取引先との付き合いの道具だった。
  何故ゴルフを好まなかったかというと、上手くならなかったのが最大の理由だろうが、加えて時間をとられるのに耐えられなかった。朝早くから夕方遅くまで拘束されるのがたまらなかった。しかも何十日も前から予定が決まるのだ。
  その日がどんなに好い日になるか判らないのに、ゴルフに占有されてたまるか。

3.麻雀
  学生時代からずっと麻雀に淫していたと言っていい。
  酒席を避けるために麻雀での付き合いを選んだ面もある。
  しかし50才になって社内のメンバーだけでの麻雀をやめた。社内メンバーも入っての取引先との麻雀は続けたが、純然社内はやめた。
  うちうちでの小金のやりとりにスリルを感じなくなったためだ。

うちうちでの酒、ゴルフ、麻雀を絶つとは、サラリーマンとしては社内付き合いを絶つに等しい。
自分ではそうは思わなかったが、さぞかし変人だったのだろう。
よくも最後まで雇ってくれたものだ。

4・極め付け
  45才から日本経済新聞を読むことをやめた。
  理由は、社内外を問わずサラリーマン社会での話題の出所はみんな日本経済新聞だからだ。得々として喋っていても、出所はみんな同じなのだ。
  それに気付いて、それなら私1人読んでいなくても世の中に障りはないなと思った。私が読んでなくても世の中は動いていくだろう。
  むしろ読んでない方が、聞かされた時に純粋に感心してあげられるから営業マンとして誠実だろう?と考えた。その分ほかの知識を求めよう。


まったく、もう。
私はソーシャルメディアに馴染めないどころか、ソーシャルコミュニケーションを求めない人間なのだろうか?
私は寒山拾得か?

 

似顔絵を描いてもらった

らん展行きのツアーバスは途中東京タワーに寄るのでありました。しかも時間たっぷり。
渋滞時の時間調整とか、いろんな意味があるのでありましょう。

私はこの近くに住んでいた(出光社宅)ことがありますので今更タワーに登る気はしない。
芝公園とか増上寺とか散歩しましたがまだ時間があります。
それで似顔絵を描いてもらったのでありました。


110222kazunigaoetokyotower1


ハハ。
如何でありましょうか。

自己評
・随分顔が白っぽくなってジジくさくなった。
・今朝のカダフィーの顔に似ていなくもない。

似顔絵を描かせるなんて多分初めての経験ですが、こんなことをするとは”ソロソロ・・・”ですかな。

 

「世界らん展」に行った


昨日は東京ドームの「世界らん展」に行きました。ツアーバスで行きました。

今回、特に言うほどの強烈な印象はありませんでした。
私としては年々優美な大きな花や珍しい新奇な花より、”どう植えられているか”、”何と一緒に植えられているか”といった植生に関心が強まっています。

1日バスに乗って、いい行楽です。

110222orchidfestokyodome0031h
中央奥、遠くに見える白い玉が今年の日本大賞

110222orchidfestokyodome0012h
ランの寄せ植えです

110222orchidfestokyodome0026ishihar
水の壁は石原和幸さんでしょう

110222orchidfestokyodome0038h
ディスプレイ審査部門最優秀賞 武井日出雄氏の作品

 

2011.02.21

「若草物語」を読んだ

妻が「若草物語」を読みたいと言う。そう、オルコットの4人姉妹の物語である。
妻は4人姉妹の長女である。

伊東図書館の図書目録で調べたらいろいろあった。マンガもあるし少年少女向けにリライトしたものや訳者の違う文庫本、点訳まであった。
結局2人とも昔読んだであろう大久保康雄訳の三笠書房版を選んだ。
借り出してみたら昭和25年刊行の本であった。
奥付に「宇佐美村図書館」の印がある。定価150円。この当時岩波文庫の星1つが20円だったか30円だったか。
開いたら紙は黄ばみ黒ばみ、活字は小さくて読み辛いこと甚だしい。背綴じが切れて補修したらしく中央寄りの1行が隠れて読めない。
古文書を読むが如くである。

110221bookwakakusamonogatari0001

私は刊行直後の中学時代に読んだ筈である。強い印象が残っている。妻も中学時代に読んだという。
なんだかタイムトリップした感じだ。

伊豆ガーデニングクラブのメンバーの中にも、この本を手に取って読んだ人が何人か居るのだろう。

 

2011.02.19

人知らずして

ソーシャルメディアの大流行りである。

私もmixi、Twitter、facebookなどいろいろ経巡ったが、どこへ行っても面白くならない。落ち着かない。
どうしてだろうかと考えた。

結論は、”私はつながりを求めていない。”ことらしい。
私はPCでも携帯でも、ネットに繋がっている方が煩わしい。切れている方が正常な状態である。
ネットに繋がれていてはせっかく海に出る意味がない。土を耕す時を失う。

かって<連帯を求めて孤立を恐れず>という有名なフレーズがあった。(東大安田講堂攻防戦時、壁に書かれた落書き)
私は<連帯を求めず、孤立を恐れず>だ。いや、これでは引きこもりか。

<人知らずして慍みず、また君子ならずや>
これでいこう。

~~~~~~~~~~

facebookに3週間ほど触ったが、もう飽きました。

現在evernoteに首を突っ込んでいます。
これで何をしたいかというと、いいなと思った寄せ植えやコンテナやバスケットの花の組合せを記録したいのです。
随分メモしたけど、すぐ忘れてしまう。
evernoteなら自分のメモも、写真も、携帯も、Webページも、みんな放り込んでソート出来そうだ。 ???

 

2011.02.14

バラの管理講習会

昨日は伊豆ガーデニングクラブの総会でありました。
同時に河津のバガテル公園から講師を招いて「バラの管理講習会」を行いました。
われらが年中行事です。

110213igcroseseminar0002
会場風景 この人数でバラ苗25株の抽選です

110213igcroseseminar0004
講師

110213igcroseseminar0005h
会場の窓から伊東港を見下ろす 右方遠くに見えるのは初島

110213izuooshimasnowcap0002h
帰途、三原山の冠雪を見た

毎年この講習会から1年が始まります。

 

2011.02.12

「全国オープンガーデン組織一覧」を作成

全国のオープンガーデン運営者の皆さま

このほど「全国オープンガーデン組織一覧」を作成しました。
約60件収録しています。現時点では最新・最大のリストだと思います。
どうぞご活用下さい。

久しぶりに全サイトにあたってみて、オープンガーデンの流れも随分変わってきたなと感じます。

2011.02.11

領収書の話

私は最初に「伊豆ガーデニングクラブのきまり」(会則)を作った時、「決算報告は行わない。」との1項を入れた。

これは趣味の集まりとして毎年決算書を作成するような煩わしい組織にしたくないとの思いがあったためである。
そしてその底に、領収書に対する嫌悪があった。
何かを支払って、その証拠を取得して会計に示す、その姿勢が嫌だった。払ったら払ったと言えばいいではないか。
講演を依頼して講師に謝礼を差し上げる、その時に領収書を求めるのは大変に非礼なことだと考えていた。謝礼は講師に対する謝意の現れである。謝意に受け取りを求めるのか!

さすがに会員が50人を超えて、決算報告は行うようになった。
しかし未だに支払いに領収書の添付を求めず(支払者のメモでよい)、講師謝礼に領収書を取得せず、年会費の入金に領収書を発行しない。そのように会計内規に定めてある。
まあ領収書を発行しようにもハンコが無いのであるが。

~~~~~~~~~~

このたびクラブのホームページ維持に関して、レンタルサーバーを個人の名義で契約していることに問題提起があった。
Helpの人が増え担当者が代わっていく中でパスワードが拡散し、契約者の個人に過重な危険負担を強いることになっている。よろしくないのではないか。

そうなるとクラブを法人化して銀行口座を持ち、アカウントを開設せざるを得ない。
さしあたりNPO法人か。
ハンコを作り、領収書の取得・発行が義務付けられる。

これは私の結党の精神に反するのである。

~~~~~~~~~~

今朝の新聞を見た。

大相撲八百長問題、小沢一郎政治資金の問題、そして朝日社会面のトップ記事はお布施の問題である。
どれもこれも領収書の無い金の問題である。

領収書のやりとりに異和感を感じる私は反社会的人間なのだろうか。

 

2011.02.08

仕事に憶う

110207mgunnansakurasou0001h
ウンナンサクラソウが開いた。


ハハ。
書くことがないからここ数日の仕事の感想を書こう。

日曜は寒かったから1日中パソコン仕事をした。
PC突然死の後遺症であるのだが、住所録を喪失していたのでその再構築をしたのである。
こういう作業を一からやるのは辛い。

まず親戚姻戚から。
伯父叔母が減って甥姪が増えるばかりである。いや、甥姪の子が増えるばかりである。
学友は増えるわけがない。それでもここ数年動きがないのは有難いことだ。
友人はヨットとラグビーとガーデニングである。
出光OBとか伊豆ガーデニングクラブとか、名簿がきっちりしているところはMy住所録には載せない。
妻の友人欄はお茶、刺繍、手話、プール、琥珀と幅広く、長い。感心する。
土曜日からかかっていたから1日半のワークであった。目がしょぼついた。
最も気を付けたのは子や孫にも分かるように続柄を書くことだった。

月曜日は暖かったので庭に出た。
つい仮植えの苗を定植したが、10日ほど早過ぎたかもしれない。頑張ってくれよ。
アグロステンマ。ビスカリア。ゴデチャ。ストック。ワスレナグサ。

火曜日の今日。
午前中管理している庭園を見回り、午後からパソコン仕事。
放ってあった全国のオープンガーデンリストの見直しをした。
半分くらいリンクが切れている。それぞれの組織がしっかりしていないから移動が多いのである。
それにつけても県や市や観光協会や、広報の一切を行政に頼っているところの多いこと!
こういうところは運営もお任せなのであろう。

2011.02.04

ガーデニングクラブの広報

この2週間、私にとって広報のかき入れシーズンであった。

1.<伊豆オープンガーデン>の冊子「お庭案内」のカラーページ制作を担当した。
  各庭の写真を集めてカラーで別ページを作り、それだけを格安印刷に別発注するのである。
  役所抱えのオープンガーデンが豪華な印刷をしているのが羨ましいが、繰り言は言うまい。

2.年に1度の伊豆ガーデニングクラブ総会の資料作成。
  同時に行う「バラの管理講習会」には一般市民の参加も呼び掛ける。

3.広報委員引継ぎの立ち会い。
  伊東市の記者クラブなど。

4.ホームページ作成幹事の副幹事委任および打合せ。

小さな組織だが、組織の維持のためには広報はかかせない。

 

« January 2011 | Main | March 2011 »