« December 2010 | Main | February 2011 »

2011.01.30

寒桜が開いた

寒桜が開いた。

富戸の「伊豆四季の花公園」で寒桜がもう7分咲きであった。
寒桜とは緋寒桜と中国山桜の交雑種なんだそうだ。

昨日の新聞には熱海の糸川べりで桜満開と写真が出ていた。
これも緋寒桜の1種なのだろう。桜はよく交ざる。

伊豆の寒桜については一昨年の2月桜めぐりをした時の記録に詳しく書いた。

110130sakurafutoshikinohanapark0001

110130sakurafutoshikinohanapark0004

110130sakurafutoshikinohanapark0005
遠く伊豆大島と利島が見えている

110130sakurafutoshikinohanapark0008


2011.01.26

日本さくら草の芽分け-2011

ずっと暖かい日を窺っていたのだが、今日やっと日本さくら草の芽分けを実施した。

鉢をひっくり返して全部出し、鉢底を洗う。
さくら草の芽を1つ1つ選り分けて、根を適当な長さで切る。
鉢に鹿沼土を入れ、腐葉土を入れ、緩効性肥料をパラッと入れ、培養土を入れ、芽分けした芽を咲いた時にきれいなように配置して植える。
そしてまた鹿沼土を被せ、上に腐葉土を被せる。これは乾燥防止である。
こうして植えこんだ鉢を受け皿に載せて棚に置き、たっぷりと水を与える。受け皿も乾燥防止である。

良い年には芽が3倍にも増えているが、今年は夏の暑い時に水を切らして成績が悪かった。殆ど増えていない。
クリン草、トキ草と合わせて25鉢を植えた。どれも水が大好きだ。
朝9・30から15・30までかかった。よく頑張ったと思う。

わが師匠の海老名さんは1500鉢以上も抱えている。クリスマス頃からかかってやっと終わったらしい。

植え方も最初はきっちり習ったのだが、すっかり我流になってしまった。
今年はちゃんと水やりをしよう。

110126mgnihonsakurasoumewake0002


2011.01.25

Facebookとガーデニング

今週はエコノミストと週刊ダイヤモンドが揃ってFacebookの特集である。
まったく私は際物好きだ。

友達はさっぱり出来ない。
友達紹介の欄を眺め暮らしてもう100人以上のプロフィールを見たか。
友達になりたい人は居ない。

男性も女性も若い人はあまり居ない。
シニアは殆ど居ない。
男性は前に書いたように職業を表に出さない人が多い。
出しているのは著述業などアカウントが必要な人、IT関連の著名人、自営業主などである。
中にハーバードを出てGoogleとかMicrosoftなんてのもあるよ。
自営であってもマリンかガーデンでなければ私にはご縁がない。そういう人は居ない。

女性も若者は少なく、代表者もしくは自営が多い。
メンタル関連の業種が多いのに驚く。
そしてガーデニングが趣味というプロフィールにまだ1件も出くわしていない。

Facebookの中で企業の宣伝などに使える「ファンページ」という機能がある。
そこに<伊豆オープンガーデン>のページを作ったのだが、こりゃ見に来る人はなさそうだ。

 

2011.01.23

ドッグフードの巻

わが家の犬は名前はロビー、8才、10Kg。犬種はワイヤーフォックステリヤ。

普通にホームセンターで購入するドッグフードを与えていたが、どうも肌に湿疹が出来て痒がる。
伊東で一番といわれる病院に通っていたが、アレルギー検査などして餌を変えろと言われた。
病院で買うと3Kg5000円超、従来品の2、3倍だ。通販だと15%くらい安い。
それでも治らない。4年前のことである。

業を煮やして病院を変えた。
またアレルギー検査(2万円かかる)をするというから、もうやったと言ったら、アレル源検査をした。
餌を変え、飲み薬と塗り薬をもらった。それでも治らない。変えるたびに餌は高くなる。

痒いと掻くので肌が真っ赤に剥ける。可哀想でたまらない。
洋服を着せてせめて赤剥けを和らげる。
遠縁の獣医に聞いた話を思い出しながらネットで探していたら、<ジャガイモとサーモン>という餌を見付けた。英国製品である。
藁をもつかむ思いで注文した。

大晦日から半量づつ与え始めたら、赤剥けが覿面に改善した。食い付きもすこぶる良い。
3週間たってこれは良いと確信し、注文しようとした。
前回は輸入元に直接注文したが、今回見ると楽天で扱っているので開いた。
そして手続きを進めたら、最後になって「 売り切れ 」と出た!

なんたることよ。

101120mgrobie0006

110123robiesalmonfood


2011.01.21

facebook-3 アルゴリズム

facebook の友達紹介に20代女性が少ないと書いた。

考えてみるとfacebook の会員に20代女性がアラフォーより少ないのはおかしい。
そうか、これはfacebook のアルゴリズムが働いて、私向けには若い女性を載せなかったのだ。
facebook はもともと女子学生の品定めサイトが始まりだから、そういうアルゴリズムが発達しているのである。

そうこう考えているうちに、また1つ気が付いた。
私に送られた写真の女性はみんな美人だ。世の中こんなに美人ばかりではない。
そうか、これもアルゴリズムが働いて私には美人が向いていると判定されたのだろう。
プロフィールの書き方が良かったのかな?

ハッハッハ。
facebook の論評あまたあれど、美人選びのノウハウを論じたものはない。
どこかに書いてやろうかな。

 

2011.01.20

Facebook-2

110120facebookfriend4

この写真を何とご覧じるか。 その方の人生経験によってさまざまでありましょう。

しかし多分あなたはこれをご覧になったことはない。
facebook の友達探しに出てくる写真なのであります。こんな写真がこの10倍くらい出てくる。勿論男性もありますが、女性ばかりかたまっているところを絵にとり、目を隠して色を消して出させてもらいました。

この名前をクリックすると詳細なプロフィールが表示されます。
facebookでは趣味やサークルよりも、現在の仕事や卒業校が重視されます。
特に女性の場合、仕事が非常に詳細に語られています。
大会社で何をしているというのより、片仮名ナマエの会社の代表とか責任者をしている人が多い。そして抱負を語っている。皆さん、立派な方ばかりです。
女性がこんな分野でこんなに活躍しているのかと驚きますが、そういう人がfacebook をよく活用しているとも言えます。
卒業年次などから推定される年齢は30代から40代が殆どで、20代前半はあまり見かけません。
そうですね、皆さんの写真はちょっと若過ぎますね。最も美しかった頃の写真を載せているのでしょう。経歴詐称にはあたりませんから?

男性の場合は社名を出していない人が多いです。なんか憚りがあるんでしょうかね。だから迫力がない。
リタイア組も少ないです。

ヤミクモに写真が出るわけではありません。
facebook が共通の知人などを辿って選んで出すのです。私も幸い2人ほど友達が出来たので、その関連でこんな写真が出るようになりました。

さて、この写真を見て友達を申し込めるのか。
facebook には<直接面識のない人に友達を申し込んではいけない>のルールもあるのです。
よく判りません。

 

2011.01.18

最近の仕事

最近やっている仕事です。

110114fdtosehojou0009h
いざ、トラックを乗り付けて

110114fdtosehojou0007h
ここの芝生を刈り、コデマリ、ウツギ、ユキヤナギなど灌木を刈り込みます

110114fdtosehojou0006h
伸び放題だったキョウチクトウを半分に刈りました

110114fdtosehojou0005h
ニューサイランも根元を払ってすっきり

110114fdtosehojou0002h
野バラになっていたバラを剪定して施肥しました

勿論大仕事は造園屋さんに下請けしてもらっています。

 

ソーシャルネットワーク

映画「ソーシャルネットワーク」を見た。山を越えて三島の映画館で見た。

ハーバードの学生がハッキングで盗み出した女子学生の写真を並べて優劣を付けるサイトを作り(2004年)、さすがにそれは止めて学生同士の個人情報のサイトに発展、アイビーリーグから西海岸、そして大陸、高校生と拡げ、あれよあれよという間に世界で5億人のSNSに成長した。創設者マーク・ザッカーバークの個人資産は250億ドルに達しているという。

ハーバードの学生にとってボストン大学の女子学生はお馬鹿ちゃんなんだそうだ。立教か青学あたりに見ているのかな。
ハーバードの中にはいろんなクラブがあって、どこに入れるかが大問題らしい。それこそ何代にもわたる血統や資産がものをいう。入会の儀式もものものしい。
ソーシャルネットワークとはそういう世界の中での繋がりなのだ。

ま、映画で見ている分には面白い。

ところで私とFaceBook。
2、3年前に名前だけ登録はしたが、なんとも面白くない。何の役にも立たない。
抛っておいたがいろいろ評判なので、やっと半年前に基本情報を載せた。とにかくここは実名主義だ。
しかし友達は全然出来ない。例えば出身高校の名前と卒業年次を入れるのだが、同期のFB会員はいないそうだ。出身大学同期の会員もいないそうだ。皆さん、まだ個人情報は載せずに様子を見ているのだろう。
勤務した会社で出光と入れたらさすがに6人の会員がいたが、ずっと若い知らない人だから友達にはならない。

登録して、FBに1円のお金も払っていないのに、どうしてザッカーバークが250億ドルの資産になるのか判らない。

しかしアメリカでは今やネット上でものを訊ねるのにGoogleよりもFaceBookを利用する人の方が多いのだそうだ。大変なことだ。
関心を持たざるを得ない。

 

2011.01.16

意思決定の早さ


昨秋来、1人の在日韓国人青年がしきりに中古艇相談をかけてきた。
求めに応じて相談に乗った。彼はプレジャーボートについて全く何も知らない。
参考書を教えろというから6冊ほど教えたら、それを必死で読み上げた。
ボートを見たことがないというからマリーナに連れて行った。そこで彼は初めてボートに触れた。

彼は<これから韓国にマリンブームが来る。>というのである。だからボート商売をやりたいという。
韓国になんらかの基盤があるのかと思ったらそうではない。
<韓国の人たちは日本の中古艇を欲しがる。自分の強みは今日本に居ることである。日本の中古艇情報を韓国に繋ぐことで商売をしたい。>と言う。

私はここで線を引いた。<私は貴君の商売に関わるつもりは毛頭ない。頼まれたら艇の鑑定はする。>

彼は小型船舶の船長免許、小型船舶登録制度、ボートの損害保険、ボート&ヨットの型式、通関手続き、輸送実務、・・・・何も知らない。
彼は現在焼き肉店の雇われ店長である。来週にも店を辞めて韓国に行ってくるという。
勝手にしなさい。成功を祈る。

~~~~~~~~~~

「ランドラッシュ-激化する世界農地争奪戦」(NHK出版)を読んだ。
私が見当違いな本を読むのは図書館の新刊棚で手当たり次第借りるからである。TVよりは面白いと思うから。

いろいろ書いてあるが、印象深かったのが韓国企業の意思決定の早さである。大変な動きをしている。
ロシアで、フィリピンで、各地で。

~~~~~~~~~~

やはり同書から
木村慎一。61歳。青森県つがる市の農民である。
パリの農機具展示会を見てウクライナにまわり、その土地の豊かさに心を奪われた。殆ど耕されずに放置されていた。あのドンコサックの大地である。
2007年、彼は農地を借りて大豆の生産を始めた。日本の大豆は全部俺が作ると夢を見た。
1000ヘクタールの土地の話があった。1億円必要であった。大手商社などに相談したが結論が出ず、話は流れた。
2008年、2009年と世界的に物凄いランドラッシュが始まった。

2010年、1800ヘクタールの田んぼの話が来た。5億円必要である。これにも日本の国は結論を出せない。
彼はここで作る米を日本に送ろうと思うことをやめた。ヨーロッパ各地に売るつもりである。日本人の作る良質な米は必ず売れる。多くの日本人農民をウクライナに呼びたいと思う。

~~~~~~~~~~

TPP反対を叫ぶのは攘夷派であるな。水戸天狗党であるな。
経団連に井伊直弼はいないのか。

 

2011.01.13

牛丼250円とタワーリシチ

すき屋の牛丼250円を食べた。

昼時だからか、TVに出た直後だからか満員であった。伊東あたりで満員の飯屋は珍しい。

若年は少なく、老年も少なく、働き盛りの壮年が多かった。作業服が多かった。
皆、ぱくぱくと食べている。力強く食べている。
こういう食べ方を見たら、経営者は嬉しかろうなと思った。

厨房はたった1人、お運びとレジで2人、本当に無駄なく必死で動いていた。

唐突に<タワーリシチ>という言葉が胸を衝いた。
今時タワーリシチはカクテルの名前なんだそうだけど。

 

2011.01.11

パソコンクラッシュで読書記録が消えた

わがパソコンが突然死してから2ヶ月がたった。ようやく落ち着いてきたところである。

メールアドレス
何よりの痛手はメールアドレスの喪失だった。バックアップは何もない。
幸い33PCネットは管理がしっかりしていてすぐに復元できた。管理者に感謝である。
その他も組織的なものは徐々に復旧出来たが、営業関係は全滅し、個々に名刺やネットから拾っている状態である。

ヨット関係、ガーデン関係
HPに上げてあったので殆ど打撃なしにすんだ。
ただしサーバーからのダウンロードにはそれなり苦労した。まずOSがW7になったのでHP作成ソフトも「FrontPage」から7対応の「HPビルダー14」に変更した。これが間違い、何事も一から違う。老化脳には応えた。

写真
幸い旧年分はオンラインストレージに送ってあったが、2010/1以降分が消えた。
まあ大した写真ではない。
それとマリーナ訪問、お庭訪問の写真はそれぞれHPに置いてあった。

読書記録
読んだ本の感想を書いていた。これが無いと読んだことも忘れて2度買うことがある。
この記録を失った喪失感が意外に大きい。どこからも復元出来ないのだ。
幸い庭のHPに「ガーデン読書録」を上げておいたので一部は残った。
「庭園に死す」野田正彰 
「日本の庭」立原正秋

Web本棚
それで読書記録のネット格納を考えて、「私のWeb本棚」 というのを見付けて使っている。書き易そうだ。
他に良いのがあったら教えて下さい。


2011.01.07

鼻の下がのびる

突然、某地方の農業高校の校長先生から電話がかかってきた。
立体花壇について話を聞きたいという。

私の花のサイトに「トピアリー大研究」なるコーナーを載せてある。
私なりの大研究である。

これを見て「相談に乗ってくれ」というのだ。
近くやってくる。

ふんふん。
鼻の下が伸びるなあ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
PCCガーデンデザイン事務所 森下一義

 

2011.01.01

謹賀新年 2011・1・1

110101sunriseooshima3

20110101newyearcardrabbit


今年もよろしくお願い致します

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
Office:PCC  森下一義

 

« December 2010 | Main | February 2011 »