« Suicaとスイスイ定期 | Main | 伊豆の今です »

2010.12.23

小沢一郎の対外姿勢

小沢一郎を論じる記事は掃いて捨てるほど巷に溢れている。
しかし殆どの日本人はちょうど1年前に彼が韓国でした発言を忘れてしまっているに違いない。

1年前、小沢一郎はソウルのホテルで韓国の記者団を前に次のように語った。
・韓国人が日本に移り住み、初代天皇になった。
・仁徳天皇陵を発掘したらはっきりするはずである。と著名な先生が唱えている。
・これ以上言うと日本に帰れなくなるが歴史的事実であろう。
・天皇陛下も「桓武天皇の生母は百済の王女だった」と認めている。

疑わしくば次のサイトをご覧ありたい。YouTubeで克明に彼のしゃべりが流れ出る。
或いはGoogleで<小沢一郎 2009年12月 韓国訪問>で検索すればもっと多くの情報が得られる。

~~~~~~~~~~

私は小沢一郎がこのような考えを持つに至ったことを責めない。
何故なら長い間これが日本の朝鮮史学会の共通見解であったからである。小沢に植付けられた史観を責めることは出来ない。
責めるべきは日本の政治リーダーとして、韓国において得々とこのように喋ったことである。
小沢一郎の大罪である。

~~~~~~~~~~

ところで私は昨夜、「日韓がタブーにする半島の歴史」(室谷克実 新潮新書 2010/4)を読んだ。
室谷(時事通信社を経て著述業)は日韓の歴史を「三国史記」から説き起こす。高麗王朝時代に編まれた国家の正史であり、我が国の「日本書紀」にあたる。

101223sangokushikikorea0001

101223sangokushikikorea0002

「三国史記」はまず高麗に先立つ三国の「新羅本紀」「高句麗本紀」「百済本紀」に始まり、「年表」「雑志」「列伝」となっている。漢文である。
室谷は「三国遺事」「隋書」「魏志韓伝・倭人伝」などを傍証しつつ日韓関係を述べる。
高麗は新羅から禅譲を受けたとする国家である。その高麗の正史が、「日本から渡った倭人が新羅を制し4代目の王位についた。彼の子孫から7人が王位に即いた。」と記しているという。
「隋書」に<新羅も百済も倭国を敬仰し・・・>とあるという。
稲作も日本から半島に伝えられたという。(稲作半島渡来説はDNA鑑定により否定されたいる)

いろいろあるが要するに当時日本の文化や国力の方が遥かに勝っており、冒頭に挙げた小沢一郎の言のような事実はなかった、と室谷は言う。むしろ逆の事績が正史に記されている。
高麗の史官が記した新羅の倭人王の歴史を、いまの韓国人は誰も知らない。そもそもハングルになって漢文の「三国史記」は誰の目にも触れない。
日本において韓流説が優位なのは、太平洋戦争後の皇国史観に対する反動が大きく、韓人や左翼の発言が強かったためである。任那に倭人が居たことすら否定されたという。
江上波夫の「騎馬民族征服王朝説」の影響も大きいが、いまや昭和の伝説である。

~~~~~~~~~~

背中を曲げ面を伏せてメモを読む管の姿も情けないが、150人も子分を引き連れて外国の要人の謁見を賜ったり、韓国人が日本の天皇になったなどと喋る小沢の罪はずっと重い。

 

« Suicaとスイスイ定期 | Main | 伊豆の今です »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/50378601

Listed below are links to weblogs that reference 小沢一郎の対外姿勢:

« Suicaとスイスイ定期 | Main | 伊豆の今です »