« 山茶花の花簪 | Main | 頼みの綱 »

2010.11.23

果樹のコンテナー栽培

RHSJ(王立園芸協会日本支部)の機関誌に「果樹のコンテナー栽培」の記事が出ていました。
書いた眞子正史さんは農大やJAでプロ(農家)のコンテナ栽培を研究している人です。
眞子さんによれば果樹のコンテナ栽培には次のメリットがあるそうです。
1.樹を矮化したまま維持出来るので管理が楽である。
2.早期着果が可能となる。
3.高品質の果実が生産出来る。
4.移動が自由である。

<桃栗3年柿8年ユズの大馬鹿18年>と言われるほど柑橘類は着果が遅いのですが、コンテナ栽培だと2,3年で実が生るのがメリットなようです。品質もいいらしい。

わが庭でも先週姫リンゴとキンカンを植えました。
ただし着果期待ではなく観賞用です。


101120mgpaintfruits0007

101120mgpaintfruits0006

101120mgpaintfruits0009

101120mgpaintfruits0013


« 山茶花の花簪 | Main | 頼みの綱 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 果樹のコンテナー栽培:

« 山茶花の花簪 | Main | 頼みの綱 »